スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

角膜炎

真菌性角膜炎とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/22

星合繁先生

この記事の監修ドクター

ほしあい眼科 院長

星合繁先生

真菌性角膜炎とは真菌感染が原因の角膜炎を指します。主に抗真菌薬を含んだ目薬を用いて治療を行います。今回はドクター監修の記事で真菌性角膜炎の特徴や原因、治療法などについて解説します。

真菌性角膜炎とはどのようなものなのでしょうか。

真菌性角膜炎とは

真菌とは、カビを含むそれらの仲間(菌類)の総称です。真菌性角膜炎は、これらの菌が原因で引き起こされます。真菌は空気中や土壌などに生息しており、それが角膜で繁殖することによって感染します。

真菌性角膜炎はまれな病気

カビや酵母菌などの真菌は、私たちの日常にも多く存在しています。健康な状態の角膜であれば、真菌が侵入し、繁殖・感染するといったケースはほとんど見られません。真菌が即座に感染症を引き起こすのではなく、私たちの体の免疫などが、正常に機能しているかどうかが重要なポイントです。

真菌性角膜炎の原因

健康な状態で真菌に感染することは稀ですが、外傷や、免疫力の低下、コンタクトレンズの不適切な使用方法などが原因となって感染するケースが多いといわれています。

外的要因

木の枝や植物の葉が、眼球を傷つけてしまった場合、植物に付着していた真菌が角膜の傷から繁殖し、やがて真菌性角膜炎になる場合があります。また、真菌は土壌に生息しているため、土や砂ぼこりが目に入り、こすったときに、角膜に傷が付き、真菌性角膜炎になる可能性が考えられます。

内的要因

病気などで免疫力が低下している場合、真菌から身を守る機能が低下し、角膜炎となることもあります。ステロイドを含む点眼剤を長期間にわたって使用している場合も、真菌に感染しやすいといわれています。

近年では、コンタクトレンズの洗浄が不十分な場合に、コンタクトレンズ上で真菌が繁殖し、感染するケースもあり、他の目の病気とともにコンタクトレンズが原因となっている場合が多いため、コンタクトレンズの扱いには注意が必要です。

真菌性角膜炎の治療法

真菌には、抗真菌薬が大変効果的です。軽症の場合は、抗真菌薬の点眼を行い、数日から数週間で完治します。重症の場合は、飲み薬や点滴を行います。症状や重症度によって、完治には、数か月かかる場合もあります。細菌性角膜炎と比較すると治りにくいのが特徴です。

詳しくは『細菌性角膜炎とは』をご覧ください。

角膜炎の基礎知識についての関連記事

角膜炎 サブテーマ

角膜炎の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ