スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

逆さまつげ

逆さまつげの2つの原因って?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/16

逆さまつげの原因は、まつげが不ぞろいに生えて眼球側に向いていることが原因のものと、まつげの生えているまぶたの縁が眼球側にまくれているものが原因のものと2種類あります。専門医監修のもと、それらの原因を詳しく解説します。

まつげが内向きに生え、黒目の角膜を傷つけることもある逆さまつげ。原因はどのようなものなのでしょうか。

逆さまつげの原因は2種類

逆さまつげの主な原因は、「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」の2種類です。

睫毛乱生(しょうもうらんせい)とは?

睫毛乱生とは、まつげの毛根部分の炎症などが原因で、まつげが不ぞろいに生えてしまい、内側に生えた1本~数本のまつげが角膜などを傷つけてしまうことを言います。

詳細は『まつげの生え方が原因の逆さまつげ「睫毛乱生」とは?』をご覧ください。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)/睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)とは?

まぶた自体が内側にまくれてしまい、接触したまつげが眼球を傷つけてしまうことを眼瞼内反症、または睫毛内反症といいます。先天的なものと加齢によるものが多く見られます。

詳細は『まぶたに原因がある逆さまつげ「眼瞼内反症」とは』をご覧ください。

先天性の逆さまつげの原因について

乳幼児などに起こる、先天性の逆さまつげの場合、まぶたのまわりの皮膚や皮下脂肪が多いことが原因となり、皮膚に圧迫されたまつげが眼球に向かってしまいます。特に乳幼児では、下まぶたなどによく見られるようです。

ただし、乳幼児の逆さまつげは、目を傷つけるほどではなく成長とともに治る場合も多いため、しばらくは経過観察が行われます。しかし、成長後も改善が見られないときは、角膜炎などを発症する可能性もあり、その場合には手術を検討します。

詳細は『赤ちゃんにも逆さまつげが起きる?』をご覧ください。

加齢によって起きる逆さまつげの原因について

加齢によって起こる逆さまつげの場合、皮膚の筋力低下などによってまぶたの皮膚がたるんでしまい、まぶた自体が内側にめくれやすくなります。このため、まつげも眼球側に向い、角膜などを傷つけてしまうのです。加齢とともに進行していくので、複数のまつげが眼球を傷つけるようになったときには、手術治療が必要となります。

逆さまつげの基礎知識についての関連記事

関連Q&A

逆さまつげ サブテーマ

逆さまつげの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ