スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

逆さまつげ

逆さまつげの症状は、世代によって違う?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/16

逆さまつげは、乳幼児、小児、成人などの世代によっても、また原因によっても現われる症状がそれぞれ異なります。世代ごとの症状、原因別の症状の特徴について、ドクター監修のもと、詳しく解説します。

逆さまつげの症状は、世代別、原因別で異なります。それぞれの症状を見ていきましょう。

逆さまつげの世代別の症状の違い

逆さまつげの症状は、乳幼児、小児、成人など世代によって現れ方に違いがあります。一般的に、乳幼児の症状の現われ方は、まばたきの回数が増えたり、光に対してまぶしそうにしたり、白眼の部分が充血したり、目やにが出たり、涙が流れたりします。小児や成人でも、同様の症状をきたすことがありますが、ゴロゴロするなどの異物感や、目の痛みなどを伴います。

逆さまつげの原因別の症状の違い

逆さまつげは、その原因によっても症状が異なってきます。逆さまつげの原因には、「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」というものがあります。

「睫毛乱生」は、毛根部分の炎症などの様々な原因により、まつげの生える向きが不ぞろいなことによって起きてしまうものです。症状は軽めで、重い視力障害などになることはあまりありません。

一方、「眼瞼内反症」は、先天性と後天性があります。どちらもまぶたが内側に巻き込まれることによって、まつげが眼球方向に向かい、角膜を傷つけることで発症します。症状としては、角膜にできた傷により、ゴロゴロとした違和感があったり、涙や目ヤニが出たり、ひどくなると角膜に潰瘍ができて、潰瘍の場所によっては、視力に障害がでることもあります。

1歳未満の赤ちゃんの逆さまつげの症状

1歳未満の赤ちゃんは、逆さまつげの子が多いですが、まつげも弱く細いので深刻性は低いといわれています。特に赤ちゃんの場合は、下まぶたあたりに脂肪が多く、ふっくらしているため、内向きになりやすいのです。成長とともに改善が見込まれます。

まつげが角膜に当たって傷になると、細菌に感染する恐れもあります。しかしもし症状が出ても、抗菌剤の目薬を差せば数日で症状がおさまることが多いでしょう。また、通常、3~5歳になれば骨格の成長や、脂肪の減少で自然と治ることが多いといわれています。

詳細は『赤ちゃんにも逆さまつげが起きる?』をご覧ください。

乳幼児の逆さまつげの症状

1歳以上の乳幼児の場合も、成長するうちに改善することがほとんどです。ただし、成長しても逆さまつげが解消されず、角膜炎などのトラブルが頻繁に起きるという場合は、早期に手術が必要になることもあります。

高齢にともなう逆さまつげの症状

加齢による逆さまつげは、まぶたの皮膚がたるみ、内側にめくれるために起きてしまいます。年齢とともにたるみも進行するため、目を傷つけてしまうまつげの本数も増えていきやすくなります。治療法としては、定期的にまつげを抜いたり、症状が悪化したりする場合は、手術を行う場合もあります。

逆さまつげの基礎知識についての関連記事

関連Q&A

逆さまつげ サブテーマ

逆さまつげの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ