スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

橋本病

橋本病の検査について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/25

橋本病は、初期段階では、少し首が腫れる以外に、なにも症状がないことがありますが、病院では、どのようにして診断を下すのでしょうか?今回は、橋本病かどうかを確認するための検査についてドクター監修の記事で解説します。

橋本病と診断するには

橋本病の診断を下すためには、首の腫れ(「びまん性の甲状腺腫」と呼ばれる甲状腺の全体的な腫れ)があることと、甲状腺の機能の状態を確認する必要があります。そこで、甲状腺機能の検査や甲状腺の抗体検査などを行います。

甲状腺機能の検査

甲状腺の機能を調べるためには、血液検査をして、血中の「甲状腺ホルモン(FT4、FT3)」と「甲状腺刺激ホルモン(TSH)」の濃度を測定します。

甲状腺ホルモンには、「サイロキシン(T4)」と「トリヨードサイロニン(T3)」の2種類がありますが、どちらも、大部分はタンパク質と結合(サイロキシン結合蛋白TBG)して血中に存在しています。

FT4(フリーサイロキシン)やFT3(フリートリヨードサイロニン)というのは、タンパク質と結合していない遊離型の甲状腺ホルモンで、実際に甲状腺ホルモンとして機能するのは、これらの遊離型ホルモンです。そこで、血液検査でも、FT4とFT3の数値を測定し、これらの数値が低ければ、甲状腺の機能が低下していることがわかります。

また、甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、血液中の甲状腺ホルモンの濃度が低いときに、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンの分泌を促す作用があります。血液中のTSHの値が高ければ、甲状腺機能が低下していることを意味します。

甲状腺の抗体の検査

びまん性の甲状腺腫があり、さらに甲状腺機能低下があれば、橋本病ということになりますが、時々、橋本病の疑いがあるのに、甲状腺機能の検査では異常が見つからないことがあります。そこで、こういった場合は、血液中に甲状腺の細胞を攻撃する物質(自己抗体)があるかどうかで診断します。

橋本病の場合は、「抗サイログロブリン抗体(TgAb)」や「抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)」が陽性反応を示します。

甲状腺の炎症や腫れを調べる検査

甲状腺機能の検査や甲状腺の抗体検査と併せ、「超音波検査」や「穿刺(せんし)吸引細胞診検査」を行い、甲状腺の炎症や腫れがあるのか調べます。

超音波検査

体に超音波を当て、跳ね返ってくる反射波(エコー)を測定し、コンピューター処理をすることで画像を得る検査で、橋本病の場合は、甲状腺の腫れ具合や甲状腺腫瘍の合併の有無を確認します。

穿刺(せんし)吸引細胞診検査

注射器を使って、甲状腺に細い針を刺して細胞を吸引し、採取した細胞を顕微鏡で調べる検査で、橋本病の場合は、炎症があるかどうかを確認することもあります。

これらの検査結果から、バセドウ病など他の病気ではないことを総合的に判断し診断が行われます。

橋本病の検査・治療法についての関連記事

橋本病 サブテーマ

橋本病の検査・治療法 記事ランキング

fem.リサーチ