スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖尿病

神経に起こる合併症「糖尿病性ニューロパチー」とは

更新日:2018/05/11 公開日:2016/06/23

堺浩之先生

この記事の監修ドクター

さかい医院 院長

堺浩之先生

糖尿病性ニューロパチーとは、糖尿病が原因の神経障害です。高血糖が続くことで起こる血流低下や神経の変性によって末梢神経の伝達に異常がおこり、知覚・運動神経や自律神経が障害されます。糖尿病性ニューロパチーについて、ドクター監修のもとで詳しく解説します。

糖尿病が原因の末梢神経の病気、糖尿病性ニューロパチーについて解説します。

糖尿病性ニューロパチー(神経障害)とは

糖尿病性ニューロパチー(神経障害)とは、糖尿病の三大合併症の中でもっとも早く現れる病気です。高血糖状態が続くことで神経の変性や血流低下が起こり、血液にのった酸素や栄養が十分に運ばれなくなります。すると、末梢神経の伝達が正常に行われなくなり、さまざまな障害が発生します。ニューロパチーは、感覚・運動神経と、自律神経に対して現れます。

しかし、糖尿病性ニューロパチーの症状は、血糖コントロールを使用することによって発症を遅らせたり、症状を改善したりすることができます。とはいえ、血糖コントロールが上手くいかず、長期間高血糖が続いている場合や、高血圧、脂質異常、喫煙、飲酒などで障害のリスクが上がりますので、糖尿病の治療とともに、生活習慣の改善も大切です。

糖尿病性ニューロパチーは放置すると進行する

糖尿病性ニューロパチーの症状は、治療をしないと次第に進行していきます。最初は身体にもっとも遠い部分である手足の先からしびれや痛み、または知覚の鈍麻が始まりますが、徐々に身体の中心に向かって障害部位が広がっていきます。また、次第に感覚が鈍くなってしまい、怪我をしてもそれに気づかずに治療が遅れ、高血糖により傷が治りにくいことも重なって化膿や壊疽(えそ)を起こすことも考えられます。

このように、糖尿病性ニューロパチーは治療を放置し、症状を悪化させると、最悪の場合、下肢切断をやむを得ない事態にまで発展してしまう危険な病気です。

糖尿病性ニューロパチーの症状は、血糖コントロールと同時に、現れた症状への対症療法を行うことで改善が期待されます。また、糖尿病性ニューロパチーが進行し感覚障害が起きている場合は、特にトラブルの起きやすい足の状態に注意しておく必要があります。

糖尿病性ニューロパチーの主な症状とは

糖尿病性ニューロパチーが起こると、感覚・運動神経に障害が起こり、主に手足の先からしびれや電気刺激を感じ、症状が進むと次第に温度や痛みを感じなくなるといった症状が現れます。さらに症状がすすむと、障害部位の拡大や、自律神経の障害によって、胃腸症状や立ちくらみ、発汗、めまいなどの症状も起こります。また、筋萎縮や神経麻痺なども糖尿病性ニューロパチーによる症状です。

詳しくは、『代謝や血行不良が原因の糖尿病性ニューロパチーの症状』をご覧ください。

糖尿病がもたらす糖尿病性ニューロパチーの症状や治療法についてについての関連記事

糖尿病 サブテーマ

糖尿病がもたらす糖尿病性ニューロパチーの症状や治療法について 記事ランキング

fem.リサーチ