スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖尿病

糖尿病性腎症の検査方法と検査値および治療について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/17

糖尿病腎症の進行状態を診断するには、尿中に排出されるアルブミンもしくは尿タンパクと、腎臓が機能しているかをあらわす糸球体ろ過量の検査を行います。ここでは、検査値の読み方と治療方法についてドクター監修のもと説明します。

糖尿病性腎症の検査方法と治療について説明します。

糖尿病性腎症の検査について

糖尿病性腎症が進行しているかどうかは尿中のタンパク量と糸球体ろ過量(eGFR)で判断します。早期腎症の発症を判断するには、尿試験紙より精度の高いアルブミン値を計測します。

尿アルブミン(mg/gCr)

尿のアルブミンとクレアチニンの比を測定したもので微量のアルブミンを検出できます。初期の腎症の判断に有効です。

  • 30mg/gCr未満…正常
  • 30~299 mg/gCr…「微量アルブミン尿」早期腎症期
  • 300mg/gCr以上…「顕性アルブミン尿」顕性腎症期

尿タンパク値(g/gCr)

  • 0.5以上…持続性タンパク尿 顕性腎症期

糸球体ろ過量

血中クレアチニン値を年齢や性別で調整して判断します。

  • 30 ml/min/1.73m2未満…腎不全期

糖尿病性腎症の進行度による分類について、詳しくは、『糖尿病性腎症の進行度を示すステージについて』をご覧ください。

糖尿病性腎症の治療

糖尿病腎症の治療は、腎臓の糸球体の毛細血管のダメージを防ぐための血糖コントロールと血圧コントロールが中心です。また、腎臓に負担をかけないように食事療法を行います。

血糖コントロール

腎症の進展リスクを軽減する血糖コントロールの目標は、食前血糖値130mg/dl未満、食後2時間血糖値180mg/dl未満、HbA1C6.5%未満が目安とされています。糖尿病薬の服用やインスリン注射により血糖値をコントロールします。

血糖コントロールの目標の設定は、年齢や糖尿病になってからの期間、その他の持病、生活スタイル、合併症の有無、低血糖の危険性などから個別に設定されます。とても高い血糖を急に下げると網膜症が進んでしまうなどのリスクがありますので注意が必要です。

血圧コントロール

血圧コントロールは最高130mmHg最低80mmHg未満、可能ならば最高120mmHg最低70mmHg未満が目標です。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬などの降圧剤を用います。

食事療法

腎臓に負担をかけない食事が必要で、腎症期によって摂取制限があります。糖尿病食をベースに、塩分、タンパク質、カリウム、水分を抑えなければなりません。

食事療法について、詳しくは『糖尿病性腎症の食事について気をつけたいこと』をご覧ください。

重症になったら透析が必要

腎臓の機能が大きく失われてくると、透析治療が必要です。血液中のクレアチニンの量eGFRが30mL/min/1.73㎡(目安)を下回った段階で透析の準備および透析方法などの検討がはじめられます。

糖尿病性腎症は、できるだけ早く症状の進行に気づき、適切な治療を行うことが大切です。ドクターの指示にあわせて定期的に腎臓機能のチェックを行いましょう。

糖尿病がもたらす糖尿病腎症の症状や治療法についてについての関連記事

糖尿病 サブテーマ

糖尿病がもたらす糖尿病腎症の症状や治療法について 記事ランキング

fem.リサーチ