スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

サポーター

膝の痛みをやわらげるテーピングの巻き方

更新日:2016/12/09 公開日:2016/08/25

膝の痛みを軽減するテーピング方法について、ドクター監修のこちらの記事で紹介しています。膝の痛みや損傷の予防が期待できるとされているテーピング法をはじめ、半月板損傷など、なぜ膝関節が痛くなるのかについてもあわせて説明しています。

膝関節が痛む場合、原因によってはテーピングで痛みが軽減する可能性があります。今回、テーピングで症状緩和や予防が期待できる膝関節の損傷のひとつ「内側側副靱帯損傷(そくふくじんたいそんしょう)」に対するテーピングの巻き方について、詳しく説明します。

膝関節が痛む原因について

膝関節(ひざかんせつ)が痛む場合、原因として考えられるのはスポーツや日常生活でひざに過度な負担を与えてしまったケース、あるいは使い過ぎによって損傷してしまったケースです。

その中で、年齢が若い人は激しいスポーツなどによる半月板損傷、膝を捻った場合に痛める内側側副靭帯損傷が多く、高齢者は軟骨がすり減ったことにより痛みが発生する変形性膝関節症が多いといわれています。若い人に多い半月板損傷も、治療せずに放置した場合は変形性膝関節症を引き起こすことがあります。どちらも、早めの治療が求められます。

テーピングを用いる必要性のある内側側副靱帯損傷

テーピングを上手に活用することで、膝の痛みの軽減や損傷を予防することが期待できます。予防が期待できる損傷のひとつに内側側副靱帯損傷(そくふくじんたいそんしょう)がありますので、今回は内側側副靱帯損傷を予防するテーピングの巻き方を紹介します。

内側側副靱帯は、膝の内側を大腿骨からすねにかけて通っており、側方動揺性を保つ働きをしています。急な方向転換が必要なスポーツ(テニスなど)を行っている人が起こしやすい靭帯損傷です。下肢を伸ばした状態で膝を固定し、足関節を内側から外側へ力を加えた際に膝の内側に痛みが生じる(外反ストレステスト)場合は、内側側副靱帯損傷を引き起こしている可能性があります。

内側側副靱帯損傷が起こる原因は、過度の負荷(使い過ぎ)や、膝を外側に捻る動作を行った場合などがあげられます。膝部分だけではなく、ふくらはぎや足裏の筋肉の緊張で膝を正しく使えないことが原因になることも珍しくありません。

テーピング方法

内側側副靱帯損傷を予防するためのテーピング方法は、治療期間中に内側側副靱帯への負担を軽減する目的でも用いられます。必要なものはテーピング用テープ(伸縮性のあるタイプ)と、アンダーラップ(テーピングテープによるかぶれなどを防ぐもの)、自着テープの3点です。

1.まず、足を前に出して厚い本などをかかとで踏みます。そのあと、膝を30度ほど曲げた状態でアンダーラップを巻きます。膝を中心に上下15cm程度まで巻いていきます。

2.アンダーラップの上端と下端をそれぞれ覆うようにテーピング用のテープを巻きます。1周した後は、その端の1/3程度にかぶせるように二周目を巻きます。膝を挟んで上下にテープの横線が入った状態となりますが、このテープをアンカーと呼びます。

3.下のアンカーテープから上のアンカーテープへ橋渡しするように縦のテープを貼ります。このときはまっすぐ貼らず、すねの外側から腿の内側に斜め掛けする形で貼ります。下から上へ貼るときは引っ張りながら貼るのがコツです。

4.次はすねの内側から腿の外側に向けて二本目を貼ります。このときは先に貼った1本目と交差する位置が靭帯の中心部にくるように注意しましょう。靭帯の中心部は膝のお皿と膝裏を線で結んだところから少し上のあたりです。

5.3本目は1本目と2本目が交差している部分を結ぶように貼ります。下のアンカーから上のアンカーへ垂直に貼り、靭帯の中心部分が3本のテープに覆われている状態にしましょう。

6.次も下のアンカーから上のアンカーへつなげるテープを貼りますが、今度は巻き付けるように貼ります。すねの外側から膝裏のすぐ下を通り、腿の外側へ回したテープの端を内側へ巻き、上のアンカーへ。そのあとはスタート地点を少しずらし、同じ流れでもう一本巻きます。どちらも引っ張りながら巻くことが大切です。

7.最後は上のアンカーをもう一度重ねるように巻き、その上から全体にぐるぐると自着性テープを巻き付けて完成です。

膝のお皿部分にはテープが被らないようにしましょう。先に巻いておいたアンダーラップも、膝のお皿部分(テーピング用テープから出ている部分)ははがしておきます。

注意点

テーピングはあくまで痛みを和らげ、負担を軽減するものです。適切な治療を受けず放置していると、半月板損傷だけではなく、やがて変形性膝関節症へ発展することもあります。前十字靭帯などの合併損傷も起こす可能性がありますので、膝に違和感や痛みがある場合は、必ず専門の医療機関を受診するようにしましょう。

監修協力:医療法人石井会渋川伊香保分院・いっしん 柔道整復師 前原隆哉

テーピングについての関連記事

サポーター サブテーマ

テーピング 記事ランキング

fem.リサーチ