スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

不正出血

不正出血とともに発熱が続く場合、感染症の疑いがある?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/08/23

おりものの増加や不正出血に加え、腹痛や38℃以上の発熱が続く場合、子宮や卵巣、卵管などに炎症が起こる骨盤内感染症の疑いがあります。ここでは、ドクター監修のもと、骨盤内感染症の症状や治療法などについて、詳しく解説します。

不正出血にはさまざまな原因が考えられますが、感染症(骨盤内感染症)が原因となっている場合もあります。ここでは、骨盤内感染症の症状や治療法について、わかりやすく解説します。

不正出血の原因となる病気とは

不正出血は多くの場合、性ホルモンの異常が原因で起こる機能性子宮出血です。しかし、中には膣や子宮などの性器の病気が原因で起こる場合もあります。不正出血を引き起こす病気には、子宮頸がんや子宮体がんなどのがんや、萎縮性膣炎や子宮頸管炎などの炎症性の病気などがあります。

不正出血とともに、下腹部痛や発熱が続く場合は、子宮や卵管、卵巣などの感染症の可能性が考えられます。このような骨盤内の臓器に起こる細菌感染症を、骨盤内感染症と総称します。骨盤内感染症には、子宮付属器炎や子宮内膜炎などの病気があります。

子宮付属器炎は不妊や子宮外妊娠の原因に

骨盤内の臓器のうち、もっとも炎症が起こりやすいのが卵管です。卵管に炎症が起こると、その炎症が卵巣や骨盤腹膜にまで広がることが多いといわれています。卵管と卵巣に起こる感染症は、あわせて子宮付属器炎と呼ばれています。

感染は、膣や子宮の粘膜に沿って卵管・卵巣へと上方に向かって起こる場合(上行性)がほとんどです。上行性感染の原因として、性感染症、流産や分娩、子宮内避妊リング(IUD)、子宮内操作をともなう医療行為などがあります。発症すると、下腹部痛や38℃以上の高熱の他、吐き気や全身の倦怠感が現れることがあります。子宮にも炎症が起こっている場合、おりものの増加や不正出血が認められることが多いとされています。

卵管の炎症は、周囲の組織への癒着(ゆちゃく)や卵管口の閉塞を招き、不妊症や子宮外妊娠(異所性妊娠)の原因となることが知られています。そのため、できるだけ早期に適切な治療を受けることが重要です。軽症であれば飲み薬の抗菌薬を投与する治療ですみますが、中等症以上であれば入院し、点滴による抗菌薬の投与が必要になります。

分娩後や流産後は子宮内膜炎にも要注意

子宮体部に起こる感染症は、ほとんどが子宮内膜炎です。生理のある女性の場合、月経周期によって子宮内膜が脱落と再生をくり返すため、細菌が侵入しても感染症が起こることはほとんどありません。しかし、分娩後や流産後では、このような子宮の周期的な変化がなく、子宮口が開いているため、膣からの細菌感染が起こりやすくなります。

子宮内膜炎を発症すると、多くの場合、下腹部痛や発熱、おりものの増加、不正出血などの症状がみられます。治療は子宮付属器炎と同様、軽症であれば飲み薬の抗菌薬投与を、中等症以上であれば点滴による抗菌薬投与を行います。重症化を防ぐためにも、症状が現れたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血の基礎知識についての関連記事

不正出血 サブテーマ

不正出血の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ