スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肋間神経痛

肋間神経痛になったら何科を受診すればいい?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/08/23

高橋宏和先生

この記事の監修ドクター

中條医院 院長

高橋宏和先生

肋間神経痛を疑うとき、まずは整形外科を受診することをおすすめします。さらに、痛みが続くようであれば、内科や神経内科への受診も選択肢となるでしょう。肋間神経痛で受診する診療科についてドクター監修の記事で解説します。

肋間神経痛を適切に治療する場合、病院で受診しドクターと治療方針を相談することは重要です。しかし、いざ受診しようとすると、何科を受診したらよいのか迷ってしまったという経験もあるのではないでしょうか。ここでは、おすすめの受診先や検査・治療の内容について詳しくご紹介します。

レントゲン検査ができる整形外科を受診する

肋間神経痛を疑う場合、まずは整形外科を受診することをおすすめします。肋間神経痛の原因の一つに、変形性脊椎症などの背骨の病気があるからです。また、痛みが続く場合は、その痛みの原因が肋間神経痛ではなく、他の病気の初期症状である可能性も考えられるため、内科や神経内科を受診して相談することをおすすめします。体の状態をしっかりと確認するためには、整形外科、内科、神経内科の3つが設置してある大きめの病院で受診することをおすすめします。

整形外科か内科または神経内科、どちらを受診した方がよいか迷ったときに、姿勢が悪かったり重いものを持ったりしたなど、思い当る外傷的な原因がある場合は、整形外科を受診するのがよいでしょう。思い当る外傷的な原因がなく、発熱や体全体のだるさをともなう場合には、内科や神経内科を受診するのがよいでしょう。どちらとも言えない場合には、まずはレントゲンなどの検査ができる整形外科を受診することをおすすめします。

レントゲン検査が必要な理由

  • 背骨の異常を確認することができる。
  • 肋間神経痛の原因ともなる、骨折や骨の変形やそれにともなう神経圧迫の可能性などを検査できる。

検査・治療法について

・検査

まずは、背骨の異常を把握するための検査を行います。主な検査方法は、胸椎のレントゲン、CT、MRIなどの画像診断です。また、そこで肋間神経痛の原因が見つからなかった場合、他の病気からくる初発症状としての痛みが疑われます。それらを診断するため、胸部レントゲン、心電図、血液検査などを用いて検査します。

・治療法

一般的には、炎症を抑え、痛みを和らげるために内服薬や塗り薬、湿布を使用して様子を見ます。また、肋骨などに外傷があるようであれば、ベルトなどを用いて肋骨を固定します。鎮痛薬などが効かない場合には、胸椎に麻酔薬を注射する神経ブロックという方法やハリ治療、低周波治療などもあります。詳しくは、『肋間神経痛の治療について』をご覧ください。

薬剤による治療法

痛みを抑えるために、病院やクリニックから内服薬が処方されることもあります。処方される主な薬としては、ロキソニンなどのロキソプロフェンナトリウム水和物が配合された薬、ボルタレンなどのジクロフェナクナトリウムが配合された薬などが使用されることが多くなっています。また、最近では、リリカなどのプレガバリンが配合された、神経痛に効果を発揮する薬も使用されています。それぞれの薬の特徴についての詳細は、『肋間神経痛の治療で使用される薬は』をご覧ください。

肋間神経痛を疑う場合、まず整形外科を受診することがおすすめです。レントゲン検査などで自分の状態をよく知る必要があります。また、痛みが続くようであれば他の病気の初期症状の可能性もあるため、内科や神経内科のある病院を受診するのがよいでしょう。医師に相談し、自分に合った治療法を見つけてください。

肋間神経痛の検査・治療法についての関連記事

肋間神経痛 サブテーマ

肋間神経痛の検査・治療法 記事ランキング

fem.リサーチ