スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

チアノーゼ

早期の治療が必要な「中枢性チアノーゼ」とは?

更新日:2018/04/02 公開日:2016/09/21

チアノーゼは唇や指先が紫色になり、顔色も青い状態のことです。特に心臓や肺などの病気がある場合は「中枢性チアノーゼ」といって、この状態がずっと続いてしまいます。ここでは、中枢性チアノーゼの症状、原因などを解説します。

チアノーゼとは、皮膚や粘膜が紫色に変色する症状のことで、少し難しくなりますが「毛細血管内の血液の還元ヘモグロビン濃度が5g/dL以上」になり、主に毛細血管内の血液に含まれる酸素が少なくなることで生じます。健康な人でもずっと寒いところにいれば、唇や指先が紫色になり、顔色も青くなってくるというのが想像できるのではないでしょうか。この場合は、寒さによって毛細血管の血流が著しく減ってしまい、周辺の組織に酸素を取られ過ぎてしまって起こる「末梢性チアノーゼ」と判断されます。

※末梢性チアノーゼについては『身体の末端に症状が現れる「末梢性チアノーゼ」とは?』をご覧ください。

一方、心臓や肺などに病気がある場合は、血液に十分な酸素を取り込めないために酸素不足となり、チアノーゼの状態が続いてしまいます。全身が紫色に変色し、皮膚だけでなく、舌や口腔粘膜にも症状が現れます。末梢性チアノーゼと比較して広範囲にチアノーゼがみられ、呼吸状態が悪く活気がないなど、全身状態が悪い場合が多くみられます。この状態を「中枢性チアノーゼ」といいます。ここでは、中枢性チアノーゼの症状や原因などについて解説します。

中枢性チアノーゼの主な原因と治療法

中枢性チアノーゼは、動脈血に含まれる酸素の濃度が低下する事で生じます。原因は大きく下記の3つがあげられます。

  • 呼吸機能障害
  • 右左シャント
  • 高地環境(酸素の少ない環境)

ちょっとむずかしい言葉も出てきましたが、これらがどのように中枢性チアノーゼを起こすのか、どう治療すればいいのか、以下で説明します。

呼吸機能障害

肺や気道などの呼吸器の機能がうまく働かないために、空気から酸素を十分に取り入れることができず、血液に十分に酸素を溶かし込むことができないために中枢性チアノーゼが起こります。

呼吸機能障害の原因となる主な病気
肺炎(重症)
喘息発作
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
間質性肺炎
気道異物
気胸
肺水腫
新生児仮死・新生児呼吸促迫症候群・胎便吸引症候群・慢性肺疾患
痙攣(けいれん)

対処法としては、これらの呼吸機能障害の原因となる病気の治療を行うことです。また、酸素投与を行うことで不足した酸素を補うとチアノーゼが改善することがあります。

右左シャント

本来、動脈血には豊富な酸素が含まれており、全身に向けて酸素を運び、配り終わると静脈血となり、心臓や肺に戻ってくるという仕組みになっています。しかし、心臓と血管とのつながり方の異常や、心臓内の壁や肺動脈壁に穴が開いていることなどにより、動脈血の中に静脈血が混ざり込む状態があると、動脈血に含まれる酸素が少なくなり、チアノーゼが起こります。このように静脈血が動脈血に混ざり込む血流の状態のことを「右左シャント」といいます。

右左シャントの原因となる主な病気
チアノーゼ性心疾患(ファロー四徴、完全大血管転位、両大血管右室起始、総肺静脈環流異常など)
アイゼンメンゲル症候群
肺動静脈瘻

対処法としては、これらの右左シャントをなくして、動脈血に静脈血が混ざらないように治療することです。心臓や肺動脈がどんな形でどんな穴が空いているのかをよく確かめてから手術などを行うことになります。なお、呼吸機能障害によるチアノーゼとは違って、酸素を投与しても症状はあまり改善しません。

高地環境

標高が高くなればなるほど、空気中の酸素が薄くなっていくのはご存知だと思います。急に高度の高いところに行くと、酸素をうまく取り入れることができず、チアノーゼが起こります。つまり、チアノーゼは高山病のひとつの症状ということになります。こうならないように、登山家は何日もかけて高地の低酸素環境に身体を慣らしていくことでうまく対応しています。もし高地環境でチアノーゼが起こった場合は、早急な処置が必要で、酸素吸入などの応急処置を行いながら、医療機関に搬送する必要があります。

※末梢性チアノーゼについては『身体の末端に症状が現れる「末梢性チアノーゼ」とは?』をご覧ください。

参考文献

・立野滋. チアノーゼについて, 日本小児循環器学会誌 2015; 31(3): 95-101

・増山茂. “急性高山病” 日本登山医学会. http://www.jsmmed.org/info/pg51.html(参照2018-03-13)

チアノーゼの基礎知識についての関連記事

チアノーゼ サブテーマ

チアノーゼの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ