スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

チアノーゼ

「チアノーゼ」の反応は口唇にも現れる

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/21

肌が青紫に変色するチアノーゼは、四肢だけでなく、口の周りや唇など顔にも症状が現れることがあります。口唇にチアノーゼが現れた場合、どのような原因が考えられるのか、ドクター監修のもとに解説します。

プールに入っているとき、長い時間体温より低い水温に浸かっていることで、顔色が青くなったり、口の周りや唇が紫色に変色したり、といった経験がある人は多いのではないでしょうか。実はこれもチアノーゼの一種です。チアノーゼは症状が現れた場所によって原因が異なるため、正しく見極められるようにしましょう。

口の周り、唇が青紫色に変色するのは末梢性チアノーゼ

末梢性チアノーゼは、末梢の循環が悪いときに起こります。プールに入って身体が冷えきったときなども、一時的に血流が悪くなって口の周りなどが紫色に変色することがあります。これも末梢性チアノーゼです。ゴムなどで指先を締め付けると心臓から遠い末梢側の血液の循環が悪くなり、青紫色になることがありますが、これと同じ現象が起きているのです。特に処置をせず、チアノーゼ症状が消えるまで様子を見ましょう。保温やマッサージなどで改善することがあります。末梢性チアノーゼに関して、詳しくは『身体の末端に症状が現れる「末梢性チアノーゼ」とは?』をご覧ください。

全身にチアノーゼが現れた場合は注意

顔や四肢の指先だけでなく全身にチアノーゼの症状が現れたとき、また口の周りだけでなく舌や口腔粘膜にもチアノーゼが見られるときは注意が必要です。この症状が見られる場合は心臓や肺の病気が疑われる中枢性チアノーゼの可能性があります。中枢性チアノーゼでは原因となった病気に合わせた治療が必要となるため、すぐに医療機関で診察を受けましょう。中枢性チアノーゼに関して、詳しくは『早期の治療が必要な「中枢性チアノーゼ」とは?』をご覧ください。

チアノーゼの基礎知識についての関連記事

チアノーゼ サブテーマ

チアノーゼの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ