スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

突き指

突き指の治し方は?対処法や治療法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/09/14

突き指をしてしまったときは、そのまま運動を続けずに正しく対処する必要があります。ここではドクター監修のもと、突き指の応急処置方法をご紹介します。「安静」「冷却」「圧迫」「挙上」を具体的に見ていきましょう。

突き指とは、指の骨どうしをつないでいる靭帯(じんたい)や、骨そのものの損傷を意味します。重症の場合、正しい対処法をとらないと、後遺症を残してしまうかもしれません。重要なのは初期対応です。ここでは、負傷直後の応急処置についてご紹介します。

応急処置のキーワード「RICE」

突き指をしたときは、「RICE」というキーワードを基準にして応急処置をするといいでしょう。

R:Rest 安静

I:Ice 冷却

C:Compression 圧迫

E:Elevation 挙上

Rest(安静)

もっとも大切なことは、運動を中止することです。「ただの突き指だから大丈夫」と、無理をしがちなのが突き指です。それ以上悪化させないために、たとえ試合中であってもすみやかに運動をやめ、安静を保ってください。

Ice(冷却)

アイシングは一瞬だけ行ってもほとんど効果がありません。冷却スプレーは打撲などによる痛みを麻痺させるうえで有効ですが、患部を冷やすアイシングには、別の手段を用意しましょう。ビニール袋に氷を詰め空気を抜いた氷嚢(ひょうのう)を浮かべ、冷たくした水に手首から先を入れて、患部周辺をくまなく冷やしてください。氷を水に直接入れると、早く溶けてしまい低温を維持できません。もし水を入れる容器がなければ、氷嚢を患部に直接あてる方法がありますが、冷却か所が局所的になりがちです。凍傷に近い状態となるのを防ぐため、包帯やハンカチなどのあて布をするとよいでしょう。また、水道から流水を直接かけるしか方法がないという場合は、関節の損傷を悪化させないよう、水圧に十分注意しましょう。

Compression(圧迫)

冷却に比べ軽視されがちですが、圧迫には重要な意味があります。圧迫の目的は腫れと内出血を抑えることです。特に内出血は目視確認できないため、患部を圧迫しておけば、気づかない出血を最小限にとどめる効果が期待できます。ただし、患部の血流を遮断してしまうほど強い圧迫は、逆効果になるので注意してください。

Elevation(挙上)

同じ指先でも明らかな出血があるような外傷の場合、人は無意識のうちにひじを曲げ、患部挙上します。この挙上ですが、突き指にも効果が期待できます。内出血が起こっている場合に、患部に血液が溜まるのを抑えることができるからです。挙上の注意点は、患部を心臓より高くすることです。たとえば、サッカーの試合中に足の指先を強打した場合など、損傷は突き指と似ています。横になり、足を胸よりも高い位置に上げておくことで、挙上効果を期待できます。

突き指におけるRICEの手順

ここでもう一度、応急処置RICEを、突き指の具体的な処置に当てはめてみましょう。

  1. すみやかに運動を中止する。
  2. 突き指した患部に、テーピングやサポーターあるいは包帯やハンカチなどを巻き、圧迫する。
  3. ビニール袋に氷を入れて、空気を抜いた氷嚢を水に浮かべる。
  4. 横になり、水の容器を胸よりも高い位置に固定して、手首から先を入れ患部を冷やす。

この手順を守ることで、突き指の症状を最小限に抑えられます。応急処置が済んだあとは、専門医の診察を受けるようにしてください。

突き指の治療・対処法についての関連記事

突き指 サブテーマ

突き指の治療・対処法 記事ランキング

fem.リサーチ