スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

突き指

突き指をしたら、どこの病院へ行くべきか

更新日:2018/06/21 公開日:2016/09/14

突き指は、重症になると手術が必要になる場合もあります。そのため、突き指をしてしまったときは自分で判断せず、医療機関を受診する必要があります。ここでは、受診すべき医療機関と、その理由をドクター監修の記事でご紹介します。

突き指は外からの刺激により指の関節を損傷した状態の俗称で、正式な医学用語ではありません。一口に突き指といっても、その重症度については医療機関で検査をしなければ判断できません。重症の場合は、変形が残ったり、指が伸びない、曲がらないなどの後遺症が残る可能性もあります。では、受診が必要な突き指とは、どういう状態を指すのでしょうか。

突き指の重症度はどう見ればいいのか

突き指に付けられる病名は、指関節の靭帯(じんたい)や腱の損傷、断裂、あるいは指関節の脱臼などです。その他、亀裂骨折や剥離骨折なども含まれます。軽症の場合は安静にすることで治癒することがほとんどですが、重症の場合は、固定や手術などの治療が必要となります。軽視されがちな突き指ですが、重症度を自分で判断するのは危険です。基本的には医療機関を受診することを前提とした負傷であると認識すべきでしょう。

再発と後遺症に注意

突き指は、多くの場合球技をはじめとしたスポーツ中に発生します。医療機関を受診すれば、運動を禁止され、安静を指示されるでしょう。逆に、受診しなければ「大丈夫だ」と無理をして練習や試合に戻り、曲げにくくなった指を再度突き指し重症化、という事態も起こり得ます。突き指を放置していた結果、変形が残ったり、指先が曲がったまま伸ばすことができなくなってしまうこともあり得ます。関節に変形がなく、自覚症状は腫れと痛みだけという場合であっても、念のため医療機関を受診しておくことをおすすめします。

受診すべき医療機関と診療科

骨の変形や骨折はレントゲンやCT、腱や靭帯の損傷等は超音波やMRIを使用しないと確定診断とすることはできません。まずは医療機関(整形外科)を受診するようにしましょう。

手や指は専門性の高い領域でもあるため、整形外科の中でも手外科という、手や指の専門医を受診するのが理想です。スポーツ整形を謳っている医療機関なども、経験豊富であることが多いでしょう。

後遺症を残さないためにも、受傷後、早期に適切な医療機関で診断と治療を受けることが重要です。

監修協力:あいち腰痛オペクリニック 河重 俊一郎

突き指の治療・対処法についての関連記事

突き指 サブテーマ

突き指の治療・対処法 記事ランキング

fem.リサーチ