スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

胆石症

胆石症を知らせるサイン「胆石発作」とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/10/25

胆石症の代表的な病理的症状に、胆石発作(せん痛発作)があります。一般的に、右上腹部を中心とする激しい腹痛となって現れます。ここでは、ドクター監修の記事で、多くの胆石症患者が避けて通れないこの痛みについて解説します。

胆石は、胆のう内に蓄えられている胆汁のコレステロール濃度が上昇し、コレステロールが凝固してできたもの(コレステロール胆石)と、胆汁が細菌に感染した後、総胆管(胆のうと十二指腸をつなぐ器官)や肝臓内でカルシウム成分が形成されてできたもの(色素胆石)があります。では胆石がいったいどのようにして痛みの原因となるのでしょうか。

胆石発作が起こるメカニズム

肝臓には、毒素を中和する働きや、脂肪の消化に必要な胆汁を生成する機能があります。肝臓は1日約1リットルの胆汁を生成しますが、この胆汁を溜めておくための臓器が胆のうです。

人間が食事を摂った際、胆のうは収縮を始め、脂肪の分解に必要な胆汁を排出し消化を助けます。しかし、脂っこい食事ばかりを摂取し続けると、脂肪の消化が間に合わなくなり、胆汁内のコレステロール濃度が高まります。これによって脂肪分が固形化し胆石となりますが、食後の胆のうの収縮によって胆石が流動し、胆のうの出口(胆のう管)付近に集まってしまいます。胆石によって出口を塞がれたため、胆汁を正常に排出できず、激しい痛みをともなう症状が出てしまいます。

胆石発作の発症、脂っこい食事の直後は要注意

胆石症には、胆のうに胆石ができる胆のう結石症、胆のうと十二指腸を結ぶ総胆管に胆石ができる総胆管結石症、肝臓内に胆石ができる肝内結石症の3つがありますが、胆石発作は胆のう結石症で見られる痛みです。日本人が罹患する胆石症の約80%が胆のう結石症で、無症候性の胆石が有症状化するのは年2~4%です。無症候性のまま過ごす人も多いです。

胆石発作の特徴としては、食事の直後(30分~3時間後)に起こる、脂肪分や油分の多いものを食べた後に起こる、2~3時間で痛みが収まることがあげられます。食後すぐに痛みを覚えるのは、胆のうの収縮機能と関係しているためです。しかし、痛みのレベルは個人差があり、軽い痛みで、横になって休憩しただけで快方に向かう人もいれば、激しい痛みに耐えられず、救急車を要請して病院へ向かう人もいます。

初期の段階では、痛みは背部から感じることが多く、この時点で胆石症と気づく人はあまりいないでしょう。しかし、次第にみぞおちや右上腹部も痛むようになり、嘔吐、発熱といった症状が現れます。

発熱の原因は、胆石によって胆汁の排出が正常に行われなくなり、停滞した胆汁が細菌に感染するために起こります。発熱は急性胆のう炎の併発を知らせるサインでもあり、注意が必要です。同時に、胆汁に含まれる脂肪を分解する働きのあるビリルビンの濃度が高まり、皮膚や白目が黄色く変色する黄疸(おうだん)も現れるようになります。主な症状の中でも、腹痛、発熱、黄疸は胆石症の3主訴といわれています。

痛みを我慢せずすぐに病院へ

胆石発作に加えて発熱と黄疸の症状が見られる場合は、急性胆のう炎や急性胆管炎を併発している可能性が高いといえます。細菌が血液中に入り込む敗血症や、急激な血圧低下、意識障害などの症状が現れ、これらは生命の危険にかかわる病気でもあります。胆石発作が一度でも現れた場合は、決して無理をせず、医療機関で適切な処置をしてもらいましょう。

胆石症の症状についての関連記事

胆石症 サブテーマ

胆石症の症状 記事ランキング

fem.リサーチ