スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

食後低血圧

食後にめまいや立ちくらみ?食後低血圧の症状かも

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/11

工藤孝文先生

この記事の監修ドクター

工藤内科 副院長

工藤孝文先生

食後低血圧の症状について、ドクター監修の記事で解説します。食後にめまいや立ちくらみなどを感じる人は注意してください。食後低血圧は大きなケガや病気を引き起こす可能性があります。血圧を測定してチェックする方法もご紹介します。

食事をした後に急激に血圧が低下する食後低血圧は、転倒によるケガなどに注意が必要です。また、重大な病気につながる恐れがあることも知っておきましょう。

食後低血圧の症状

めまい・ふらつき・立ちくらみ・眠気・寒気・だるさ・胃もたれ・吐き気・失神。このような症状が食後に現れる人は、食後低血圧の可能性が高いでしょう。食事の後に立ち上がると、めまいや立ちくらみがするようになった人は注意してください。特に、炭水化物を食べ過ぎたり、あわてて食べたりした後に起こりやすいといわれています。

食後低血圧による症状か判断するポイント

食後低血圧はその名のとおり、食後に血圧が低下する状態のことです。食事をしてから30~60分後に症状が出やすいのが特徴です。2~3時間すると、症状は少しずつ治まってくるでしょう。食後低血圧の症状がみられる場合には、食前と食後に血圧を測ることをおすすめします。食後1時間経ったころの血圧が、食前よりも20mmHg以上低下している場合には食後低血圧の可能性が高いと考えられます。ただし、自己判断で食後低血圧と決めつけるのは危険です。必ず医師に相談しましょう。

食後低血圧症は注意が必要

食後低血圧によるめまいや立ちくらみがひどい場合には、気を失うこともあります。転倒して骨折など大きなケガにつながるので十分に気をつけてください。また、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性があるといわれています。食後低血圧が起きているときは消化器官の血流が増加し、手足など末梢の血管も拡張しています。すると心臓や脳の血流が低下するので、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすリスクが高まることになります。特に高血圧や糖尿病といった生活習慣病のある人は動脈硬化が進行している可能性があるので、十分に注意しなければなりません。このように、食後低血圧は大きなケガや病気につながる危険があります。食後にめまいやふらつきなどの症状がみられたら、早めに医療機関を受診してください。

食後低血圧(食事性低血圧症)の基礎知識についての関連記事

食後低血圧 サブテーマ

食後低血圧(食事性低血圧症)の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ