スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

半月板損傷

半月板損傷の治療方法とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

半月板損傷の治療方法は、大きく分けて保存療法と手術療法(縫合術、切除術)の2つの方法があります。それぞれの治療方法の特徴やリスク、治療期間について、ドクター監修の記事で解説します。

半月板損傷の治療方法には、大きく分けて保存療法と手術療法(縫合術、切除術)の2つがあります。どういった治療方法をとるかは、半月板の形状、損傷部位や程度、不安定性の程度などによって判断されます。

半月板損傷で手術が必要となるケース

半月板損傷の手術は、痛みに加え半月板のひっかかりによりひざが動かないロッキングという症状がある場合や、日常生活や働くとき、スポーツするときなどに大きな支障がある場合に行います。

半月板損傷の保存療法

半月板損傷が軽度である場合、医師によって保存療法が選択されることが多くあります。保存療法では、ひざに負担がかからないよう、安静に保つことが原則です。個々の状態に応じて、ストレッチやトレーニング、リハビリのほか、痛みが強い場合にはアイシングをしたり、消炎鎮痛剤(塗り薬、飲み薬)が処方されたりします。また、ひざ関節に多量の水がたまった場合、内容液を取り除く処置が必要になるケースも存在します。関節の潤滑性を高めるために、炎症を抑える効果のある薬剤(ヒアルロン酸など)を関節内に注入する処置が行われることもあります。

症状が治まるまでにかかる期間は、損傷の程度や回復の具合によって異なるので、一概には判断することができません。損傷が軽く、経過がよい場合には、1週間から10日程度で簡単な運動を再開できることもありますが、半月板損傷後の運動などへの復帰時期については、自己判断せず医師の指示を仰ぎましょう。

半月板損傷の手術療法とは

半月板損傷の通常の手術療法では、関節鏡を使った鏡視下手術が行われます。手術には、半月板縫合術と半月板切除術の2種類の方法があります。若年者の半月板損傷は、スポーツ外傷による縦断裂が多く、こういった場合は原則として関節鏡を使った縫合手術が行われます。ただし、前十字靱帯損傷を合併している場合は、半月板縫合だけでは再断裂の頻度が高いので、同時に靱帯再建も行われます。縫合術を行ったからといって、必ず完治するとはいいきれません。手術後に再断裂が起こる可能性もあります。

また、半月板に水平断裂や横断裂がある場合は、部分切除の手術を行います。中高年の症例では、半月板に変形がみられることが多く、部分切除が選択されるのが一般的です。半月板はひざ関節の荷重機能において大きな役割を果たしているので、なるべく全摘出は避けて温存させます。

半月板損傷の治療についての関連記事

半月板損傷 サブテーマ

半月板損傷の治療 記事ランキング

fem.リサーチ