スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

半月板損傷

半月板損傷後に行うリハビリとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

半月板損傷後は治療とリハビリテーションを行います。保存療法、手術療法のどちらが選択されるかによってリハビリ方法は異なります。半月板損傷のリハビリ方法について、ドクター監修の記事で解説します。

半月板損傷後は治療とリハビリテーションが必要となります。どのような方法で治療を行うのか、一般的なリハビリ方法について見て行きましょう。

半月板損傷の起こるメカニズム

半月板損傷は、曲がったひざ関節に体重がかかった状態で、半月板の一部が上下の骨(大腿骨と脛骨)の間に挟まり、回旋方向への異常な力が加わった場合に起こります。半月板は、運動中にひざ関節をねじった際に損傷を受けやすく、特に中央3分の1から後方3分の1にかけて断裂を起こしやすいようです。

保存療法として行うリハビリテーション

軽度な半月板損傷の場合、多くは保存療法が選択されます。保存療法では、ストレッチや筋力訓練などのリハビリテーションが丁寧に行われます。半月板損傷後は、ギプス固定や手術の有無にかかわらず、大腿四頭筋が萎縮します。また、使えなくなった筋肉の部分で筋力低下が起こります。リハビリテーションでは、以下のような筋肉トレーニングやストレッチが行われます。

筋トレ

  • 仰向けで横になり、片方の脚のひざを立てる
  • もう片方の脚はひざを伸ばし、つま先を天井に向ける
  • その状態のまま、脚の上げ下げを行う

ストレッチ

  • 太ももの前面:脚を伸ばした状態で座り、ストレッチを行うほうのひざを曲げ、上体を後ろに倒していく
  • 太ももの後面:仰向けになり、ストレッチを行う脚を、ひざを伸ばしたまま上げる。脚の裏にタオルを引っかけ、タオルを手前に引いてストレッチをする

手術後のリハビリテーション

半月板の損傷が重度である場合や、日常生活に支障がある場合は手術が行われます。手術後にスポーツや仕事を続ける場合にはきちんとリハビリテーションを行うことが重要です。

急性期(固定期)

手術後、2週間程度はギプス固定を行い荷重がかからないように安静にすることが原則です。この時期、ひざ関節周囲の筋力低下を予防するため、関節の動きをともなわない運動(等尺性収縮訓練)を行い、ひざ関節以外の筋力も低下しないように訓練を行います。そのほか、アイシングを行うこともあります。

亜急性期(2~8週目)

この時期からはギプスの固定を外し、ひざ関節をサポートする装具を使います。リハビリとしては、ひざ関節を約120度まで曲げられるように可動域訓練を行います。始めは3分の1の荷重で立ち上がるトレーニングや、平行棒・松葉杖を使った歩行訓練を行います。痛みの程度や回復経過を考慮に入れながら、手術後4週目には可動域制限をなくし、装具を外して全体重をかけられるようにリハビリを進めていきます。そのほか、ひざ関節を動かしての筋力トレーニングや、自転車漕ぎ、スクワットなどを順次行います。

スポーツ動作開始期(8週目~)

手術後、約8週間程度で日常生活において症状が出なければ、ジョギングなどの軽い運動から始めます。手術後3~4か月を目安に復帰を目指します。部分切除の手術後は、翌日から膝痛などがなければ全荷重での歩行が許可されます。退院は手術後2~3日で、1週間後に抜糸します。その後、2~3週後にはジョギングが開始できるようになります。

半月板損傷の治療についての関連記事

半月板損傷 サブテーマ

半月板損傷の治療 記事ランキング

fem.リサーチ