スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

半月板損傷

半月板損傷の痛みとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/11/17

ひざをひねったあと痛みが続く、ひざにひっかかるような痛みを感じるなど、ひざ関節に痛みがある場合、半月板が損傷している可能性があります。半月板損傷の痛みについて、ドクター監修の記事で解説します。

半月板を損傷した場合、半月板自体には痛みを感じる神経(知覚神経)は存在しませんが、ひざ関節に痛みを感じることがあります。どのような痛みを感じる場合に半月板損傷の可能性があるのか、詳しく見ていきましょう。

半月板とは

半月板は、ひざ関節の上下の骨(大腿骨と脛骨)の間にある軟部組織です。骨と骨のクッションとしてひざ関節にかかる負担を軽減するほか、関節をスムーズに動かしたり、関節軟骨の栄養をまかなったり大切な役割を担っています。

半月板損傷による痛み方

半月板自体は線維軟骨で、痛みを感じる知覚神経は存在していません。しかし、半月板の周囲には、知覚神経が豊富な関節包、筋膜、腱、靱帯などがあり、半月板と接合しています。そのため、半月板損傷時に組織も一緒に刺激され痛みが発生します。半月板損傷は、内側半月板で起こりやすいようです。また、半月板単体で損傷するケースのほか、周りの組織にも損傷が出る合併のケースもあります。以下のような痛みある場合、半月板を損傷している可能性があります。

  • スポーツなどでひざ関節を強く打ったり、激しく動いてひねったりしたとき、ひざ関節に激痛があり、その後も痛みが続く
  • ひざ関節を伸ばしたとき、ひっかかりを感じ痛む
  • ひざ関節が腫れて、ズキズキとした痛みがある

半月板損傷はスポーツ時に起こりやすく、特に、ひざが曲がっている状態で、ひねりが加わったときに起こりやすいようです。たとえば、ジャンプして着地するときにひざをひねった、曲げた状態のひざに対して横からの打撃や圧力が加わった、といったケースなどです。場合によっては、半月板損傷と靱帯損傷が同時に起こるケースもあります。また、前十字靱帯損傷を経験したあと、ひざが不安定な状態が続き、半月板が損傷することもあります。特にひざをひねった記憶はないのに、ひざに鈍い痛みが続いたり、普段は痛まないが時折痛んだりといった場合にも、半月板損傷の可能性があります。年齢を重ねると、半月板は弱くなっていくので、日常生活のちょっとした場面でも半月板損傷が起きる可能性が高まります。

半月板付近に痛みがあるときは保存療法

ひざ関節の内部に痛みを感じる場合、保存療法を前提とした対応が原則となります。まず、ひざ関節に負担がかからないように安静に保つことが基本です。ストレッチや運動療法などを行い、痛みの改善を目指すケースもあります。痛みが強い場合には、アイシングのほか、塗り薬や飲み薬(消炎鎮痛剤)が処方されることもあります。痛みが継続して続くようであれば、専門機関や医師にきちんと診察をしてもらうことをおすすめします。

半月板損傷の基礎知識についての関連記事

半月板損傷 サブテーマ

半月板損傷の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ