スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

爪周囲炎

段階によって対処法が異なる爪周囲炎の治療法について

更新日:2018/06/20 公開日:2016/11/20

爪周囲炎は、爪周囲の傷口から細菌が侵入して引き起こされます。症状が悪化すると、投薬治療や外科的治療が必要になる場合があります。ここでは、爪周囲炎の治療法を中心に、ドクター監修の記事で解説します。

爪周囲炎は、軽度の症状であれば数日で自己治癒できますが、症状が悪化し、炎症を引き起こすと強い痛みを生じたり、膿が出たりして、投薬治療や外科的処置が必要になる場合があります。ここでは、爪周囲炎の主な治療法、爪周囲炎を防ぐための方法などについて詳しく解説します。

爪周囲炎は、黄色ブドウ球菌やカンジダなどによる感染が炎症の原因となります。そのため、原因物質に応じた抗生剤を使用します。

爪周囲炎の治療法

軽度の爪周囲炎は、患部を清潔に保ち、傷口の治療や保湿に留意することで改善します。症状が悪化し、赤みのある腫れやずきずきと疼くような痛み、膿をともなう化膿性爪周囲炎になってしまうと自己治癒は難しくなります。この場合は、皮膚科専門医で早めに治療を受けるようにしましょう。

化膿性爪周囲炎の治療法について、詳しくは『ひょうそという別名を持つ化膿性爪周囲炎とは?』をご覧ください。

爪周囲炎は再発の可能性はある?

爪周囲炎は、乾燥、傷、皮膚表面のふやけや皮膚の損傷といった、日頃の生活習慣における爪周囲の環境によって引き起こされる感染症です。そのため、爪周囲炎になりやすい生活習慣を改善しなければ、また再発する可能性があります。また、陥入爪(かんにゅうそう)、巻き爪といった爪の異常がある場合は、その治療も必要です。他にも、糖尿病や免疫不全といった基礎疾患がある場合は細菌に感染しやすいので、慢性的に爪周囲炎を引き起こすリスクが高まります。

爪周囲炎の再発を防ぐためには

爪周囲炎は、爪周囲の皮膚が細菌に対して無防備な状態になり、細菌に感染してしまうことから引き起こされるため、爪周囲の皮膚の環境を清潔にし、細菌に感染しないよう、日頃から心がけることが大切です。手指を常に清潔に保ち、水仕事をするときにはゴム手袋をするなどしてください。こまめにハンドクリームなどを塗って保湿することも大切です。バランスのよい食生活も皮膚の乾燥やささくれの予防に効果的です。

爪周囲炎の治療についての関連記事

爪周囲炎 サブテーマ

fem.リサーチ