スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

児童・高齢者・障がい者福祉

妊娠から育児まで母と子を見守る「母子保健対策」とは

更新日:2017/07/10 公開日:2016/11/02

妊娠出産し母子共にすこやかに育てていくために必要なケアをしていくのが「母子保健対策」です。「母子保健対策」では多くの母子が対象となります。今回はそんな「母子保健対策」について社会保険労務士監修の記事で詳しくご説明していきます。

多くの女性が妊娠出産する中で、家庭や健康などのさまざまな問題を抱えている妊婦は数多くいます。子供はみな平等にすこやかに育つべきであって、特に母子の健康に対しての支援をしていくのが「母子保健対策」です。では、具体的にどのような支援がされるのか見ていきましょう。

検診の費用を助成してくれる「母子保健対策」

まず妊娠をしたら母子手帳をもらい、妊娠中に胎児や母子に異常がないか病院で妊婦検診を行います。そのときにかかる料金を助成してくれるのが「母子健康対策」です。また、出産に至るまでの間、両親学級や育児学級などで生まれてくる赤ちゃんのことを学びます。そして出産した後も生後4か月くらいまでに保健師などが家を訪問し、母子の生活状態や健康状態を見ていき、その後1歳6か月時、3歳時などに無料で子供の検診を行っていきます。

また、定期予防接種も「母子健康対策」の一環で、定められた年齢内に接種することで無料で受けることが可能。そして「母子保健対策」は専門分野での支援も用意されている対策です。未熟児、小児慢性特定疾患の養育相談も対象になります。「疾患(しっかん)」とはいわゆる病気のことです。

「母子保健対策」が受けられる対象者とは

基本的に年齢制限や所得制限などは無く、母子健康手帳を交付された母なら誰でも受けられます。そして出生届を出された子供はその後継続して「母子保健対策」の対象です。また、不妊で悩んでいる方も対象で、不妊症・不育症に対する専門的な相談を実施し、心のケアも同時に行っています。母子だけでなく、人に相談できない人工中絶や心の問題、更年期障害の相談窓口が女性健康支援センターに設置されています。

事前に確認を!「母子保健対策」の手続きの方法

「母子保健対策」では、さまざまな支援を行っていますが、手続きが必要なものとそうでないものがあります。不妊・不育症の相談や人工中絶、心の問題、更年期障害などの相談は各都道府県の女性健康支援センターに相談窓口があり、特に手続きは必要ありません。そして各市町村が行っている母子保健サービスでは手続きが必要になります。ここでは手続きが必要なものを記載していきます。

母子健康手帳の交付に必要なもの

・個人番号通知カード(マイナンバーカード)または本人確認書類等(自治体によって異なります)

・健康保険証

・妊娠届出書

なお、健康保険証は医療福祉支給制度(マル福)を発行するうえで必要になります。

妊婦健康検査の際に必要なもの

・母子健康手帳

・各医療機関の診察券

未熟児養育医療制度申請の際に必要なもの

・養育医療給付申請書

・養育医療意見書

・世帯調書または同意書

・委任状

・本人または両親どちらか扶養義務者の個人番号カード

小児慢性特定疾病医療費助成制度申請の際に必要なもの

・小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書兼同意書

・小児慢性特定疾病医療意見書

・受信医療機関申請書

・世帯調書

・マイナンバーを確認する書類(自治体によって異なります)

・住民票

・健康保険証のコピー

・保険者からの情報提供にかかる同意書

・外国人登録原票記載事項証明書(該当者のみ)

・委任状(該当者のみ)

・重症患者認定申請書兼診断書、身体障がい者手帳のコピー

・人工呼吸器など装着者添付書類

乳幼児健康検診の際に必要なもの

1か月~3歳まであり、自治体によって実施する月が違います。

・母子健康手帳

・問診票

・健康保険証(乳児医療証)

定期予防接種の際に必要なもの

・母子健康手帳

・問診票

・健康保険証(乳児医療証)

「母子保健対策」の詳細

「母子保健対策」にはすべての妊婦やその子供が受けられる検診や予防接種などの基本的母子保健サービスと、生まれつき障がいや先天性の病気などを抱えている子供に向けた専門的母子保健サービスがあります。専門サービスでは未熟児の療育指導があり、療育相談や、ドクターや保険師、助産師などが訪問指導を行っていきます。また、小児慢性特定疾患児についても同様の支援があり、他にも障がい者支援もあります。どちらも生活から教育機関まで包括的な支援を行っていきます。

「母子保健対策」についてのお問い合わせは

各市町村の窓口で相談を受け付けています。また、育児相談や女性の体の悩みなどは各市町村の保健センターなどで受け付けていますので、悩みが解決できない時は一人で抱えこまず、お近くの相談窓口に相談してみましょう。

児童福祉についての関連記事

児童・高齢者・障がい者福祉 サブテーマ

児童福祉 記事ランキング

fem.リサーチ