スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

季節性情動障害

秋や冬になりやすい季節性情動障害(冬季うつ病)とは?

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/15

季節性情動障害は、うつ病の一種で冬季うつ病と呼ばれています。秋から冬にかけて抑うつ状態や過眠、過食の症状が現れ、春や夏になると回復するのが特徴です。季節性情動障害の症状や原因、治療法についてドクター監修のもと解説します。

季節性情動障害(冬季うつ病)は、秋から冬にかけて発症するうつ病の一種です。春や夏になると回復するという特有のサイクルをもちます。発症の割合は1:4で男性よりも女性に多い病気で、特に妊娠可能な年齢の女性に多く見られます。また、イギリスでは100人に3人が深刻な季節性情動障害に悩まされているほど、世界的にも広がってる病気です。

季節性情動障害の症状

季節性情動障害の主な症状は抑うつ症状、過眠、過食です。無気力や倦怠感に襲われ、自己否定的になり、人に会いたくなくなったり、生きる希望をもてなくなったりします。一般的なうつ病は食欲が減退し、不眠になりますが、季節性情動障害の場合、いくら寝ても睡眠が足りなく感じたり、朝起きるのがつらくなったりします。また、炭水化物や甘い物を過剰に取り過ぎて体重が増加する人も多い傾向にあり、一部の人には春から夏にかけて夏バテのような症状が現れる場合もあります。

季節性情動障害の症状について詳しくは『季節性情動障害(冬季うつ病)の症状について』 をご覧ください。

季節性情動障害の原因

季節性情動障害の原因の1つとして、秋や冬の日照時間の短さが指摘されています。精神の安定や体内時計を調整する役割を持つ脳内の神経伝達物質セロトニンは、太陽光を浴びることで分泌されます。日照時間が短くなると、このセロトニンが不足して精神的に不安定な状態になります。

季節性情動障害の原因について詳しくは『季節性情動障害(冬季うつ病)の原因について』をご覧ください。

季節性情動障害の治療法

治療法としては抗うつ剤での薬物療法に加え、光照射療法が効果的です。光照射療法では機械を使用して強い光を与えることで、セロトニンの分泌を活発にし、生体リズムを整えます。

季節性情動障害の治療法について詳しくは『季節性情動障害(冬季うつ病)の治療法について』をご覧ください。

季節性情動障害の予防対策

季節性情動障害は日常生活の心がけで予防対策を行うことができます。屋外に出て太陽光を浴びるようにする、カーテンやブラインドを開けて部屋の中に光を取り込むようにする、なども有効な手段です。

季節性情動障害の対策について詳しくは『季節性情動障害(冬季うつ病)の対策について』をご覧ください。

季節性情動障害の基礎知識についての関連記事

季節性情動障害 サブテーマ

fem.リサーチ