スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

季節性情動障害

季節性情動障害(冬季うつ病)の症状について

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/15

季節性情動障害は、冬季うつ病とも呼ばれるうつ病の一種です。秋から冬にかけて発症し、抑うつ症状に加えて過食や過眠の症状が出るのが特徴です。季節性情動障害の症状について、ドクター解説のもと詳しく解説します。

季節性情動障害はうつ病の一種で冬季うつ病とも呼ばれています。秋から冬にかけて気分が落ちこむなどの症状が現れ、春になると回復するといった特徴があります。どのような症状が現れるのか詳しく知ることで、早期に気づき適切な処置を行えるようにしましょう。

季節性情動障害の症状

季節性情動障害は、一般的なうつ病と同じ症状が多く見られます。代表的な症状として、気分が落ちこむ、自己否定的になる、物事を楽しめない、イライラする、人に会いたくない、性欲が減退する、集中力がなくなる、無気力感や倦怠感に襲われるなどがあります。一方で、一般的なうつ病では眠れなくなったり、食欲がなくなったりする症状が現れますが、季節性情動障害はその逆で、過食や過眠の症状が現れるのが特徴です。また、一度発症すると、毎年くり返し症状が現れる傾向があり、一部の人には春から夏にかけて夏バテのような症状が出る場合もあります。

過食

過食になると、特に甘い物や炭水化物にかたよった食事を摂りすぎ、自分の意思でコントロールするのが難しくなります。そのため、季節性情動障害になると太る人が多い傾向があります。

過眠

過眠は、睡眠時間が普段よりも数時間長くなり、朝起きられないことや日中に眠気を感じることが多くなります。

季節性情動障害の症状が現れる時期

季節性情動障害は10月から12月頃に発症し、3月頃になると改善します。秋から冬にかけて発症する理由は、日照時間と神経伝達物質のセロトニンに関係します。セロトニンは、太陽光を浴びることで脳内に分泌され、精神安定や体内時計を調整する役割を持ちます。秋から冬にかけて日照時間が短くなると、セロトニンが不足して精神的に不安定な状態になり、季節性情動障害に罹りやすくなります。

季節性情動障害の原因について詳しくは『季節性情動障害(冬季うつ病)の原因について』をご覧ください。

季節性情動障害に罹りやすい人

一般的なうつ病と同様に男性よりも女性が発症しやすく、特に妊娠可能な年齢の女性が多く発症するといわれています。また、日照時間との関係により、赤道から離れた地域に暮らす人や、太平洋側から日本海側に転居した人、日当たりの良い部屋から悪い部屋に転居した方なども罹りやすい傾向があります。

季節性情動障害の基礎知識についての関連記事

季節性情動障害 サブテーマ

fem.リサーチ