スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

季節性情動障害

季節性情動障害(冬季うつ病)の対策について

更新日:2016/12/15 公開日:2016/12/15

冬季うつ病とも呼ばれる季節性情動障害が秋や冬に発症しやすいのは、短い日照時間に原因があります。季節性情動障害にならないために日常生活でできる対策や予防法について、ドクター監修のもと解説します。

季節性情動障害は、うつ病の一種で冬季うつ病ともいい、秋から冬にかけて発症します。気分が落ちこむなどの抑うつ症状に加えて、過食や過眠の症状が現れるのが特徴です。また、春や夏になると回復するという特有のサイクルをもちます。

季節性情動障害の対策

季節性情動障害は、冬の日照時間の短さによって引き起こされる病気ですが、あらかじめ対策を行うことである程度、予防することも可能です。冬季うつ病の対策についてご紹介します。

屋外に出て日光浴をする

冬になると日照時間が短くなるのに加えて、寒さを避けるため屋内で過ごす時間も増えます。屋内では太陽光に当たる量が一段と少なくなるため、天気のよい日にはなるべく外に出て太陽光に当たるように心がけましょう。

室内の光量を増やす

屋内で過ごす場合も、なるべく光が多く取り込めるような工夫が重要です。カーテンやブラインドはなるべく開けるようにしましょう。光の入らない場所で過ごすよりは、なるべく窓際の光が当たる場所で過ごすのがよいでしょう。

運動を習慣化する

活発な運動をすることで、喜びや快楽を感じさせる神経伝達物質ドーパミンが分泌され、気分が落ち込んでいる時には、症状を改善する効果があります。天気のよい日に早歩きするだけでも効果があるので、できる限り身体を動かすように心がけましょう

季節性情動障害を発症した場合の対処法

万が一、季節性情動障害に罹ってしまった場合でも、ある程度、症状を緩和させることができます。上述の対策とあわせて行うとより効果的でしょう。

光目覚まし時計を使用する

季節性情動障害を発症した場合、いくら寝ても眠かったり、朝起きるのが辛く二度寝してしまったりなどの過眠の症状が現れます。どんな大きな音でも目覚めないこともあり、その場合、光目覚まし時計の使用が効果的です。光目覚まし時計とは、光を使った目覚まし時計で、セットした時間になると発光します。光照射療法とあわせて使用するとより効果を期待できます。

ビタミンB12を摂取する

ビタミンB12は、光の感受性を高める効果があり、光照射療法と併用すると相乗効果が期待できます。しじみや赤貝、海苔や煮干しなど、主に魚介類や海藻類から摂取することができます。

季節性情動障害の治療と対策についての関連記事

季節性情動障害 サブテーマ

fem.リサーチ