スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

抜毛症

抜毛症の原因は精神的ストレス?強迫性障害との関係は?

更新日:2018/06/20 公開日:2016/12/06

林隆博先生

この記事の監修ドクター

西焼津クリニック 院長

林隆博先生

抜毛症とは、自分で自分の毛を抜く行為をやめようとしてもやめられない病気のことです。強迫性障害に似ていますが、同じ病気ではありません。抜毛症の原因と強迫性障害との関係について、ドクター監修の記事で解説します。

抜毛症(ばつもうしょう)とは、髪の毛、眉毛、まつげ、ひげ、わき毛、陰毛、手足の毛など、自分の体毛を無理やり抜いてしまう病気です。もともと、子供や思春期の女性に多くみられましたが、最近では成人男性にも発症しているといわれます。抜毛症にはどのような原因があるのか、また、強迫性障害との関係性について見てみましょう。

抜毛症の原因

抜毛症の原因は解明されておらず、発症するきっかけは人それぞれといわれています。不安な気持ちや退屈をまぎらわすためにする人や、自分では特にきっかけに思い当たることがないという人もいます。抜毛症の原因は心理的・精神的ストレスに関係しているのではないかといわれています。たとえば、髪の毛を抜く前には不安が込み上げ緊張が高まりますが、実際抜いてみると達成感と安堵から一時的に気が楽になります。そこで不安が再び強くなると、また髪の毛を抜く行為をくり返すのではないかと考えられています。

強迫性障害との共通点・相違点について

抜毛症は、身体へある行動をくり返し行う病気(Body Focused Repetitive Behavior;BFRBs)として分類されることもあります。以前は抜毛癖として強迫性障害の一種とされていました。精神疾患の国際的な診断基準の改訂版DSM-5によると、抜毛症は強迫性障害に関係している病気とされています。また、抜毛症の人が強迫性障害を併発するケースもよくみられます。抜毛症と強迫性障害には、以下のような共通点や相違点があります。

人に知られたくない

抜毛症の人は、強迫性障害の人と同様に、抜毛行為を恥ずかしく感じているといわれます。人に見られないところで抜毛する傾向にあり、さらに、体毛を失った部分を衣類で隠そうとするので、家族でさえも気づきにくいことがあります。強迫性障害のように家族にまで影響をおよぼすことは、あまりないといわれています。

苦痛と支障をともなう

強迫性障害と同様、いわゆるくせというレベルを超えた著しい苦痛をともない、日常生活に支障をきたすといわれます。抜毛症の人が外出を避け、学校や仕事にも行けなくなってしまい、勉強が妨げられたり、社会で本来の役割を果たせなくなるケースもあります。

コントロールが困難

強迫性障害の強迫行為と同様に、行為をやめよう、減らそうと自分でも試みはするものの、なかなかやめられずに行為をくり返すといわれています。

感覚と感情面

抜毛症では、抜毛行為の直前や行為に抵抗している際に緊張感の高まりがみられます。抜毛中や直後にはその緊張感から解放されたかのような快感がある点が、強迫性障害とは異なります。しかし、衝動が落ち着いてからは後悔の念や嫌な感情が起こる点では、強迫性障害と似ているともいえます。

強迫観念はない

強迫性障害では、くり返す強迫行為をやめるために、手洗いは10回で終了などルール決めをすることがあります。抜毛症では、儀式的なルールはほとんどみられません。抜毛したいという衝動が起きると持続します。意識せずに反射的にはじめる場合もあります。

場所と時間に限定されない

強迫性障害の人は、汚れが気になる場所は何度も確認せずにはいられないなど、条件が限定されることがあります。抜毛症では、行為の場所や時間に限定がみられません。座りながら、テレビを見ながら、パソコン操作しながら、ベッドに寝転がりながら抜毛行為をすることがよくあります。症状が悪化すると、いつでもどこでも抜毛をせずにはいられなくなります。抜毛症は、直接命にかかわることはないといわれますが、治療せずに放置すると、背景にある問題に気づけないままになる可能性があります。専門医のもとで診察、治療をきちんと行いましょう。

抜毛症の基礎知識についての関連記事

抜毛症 サブテーマ

抜毛症の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ