スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

パンテチン

更新日:2017/04/10 公開日:2016/12/22

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分パンテチンの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

パンテチンは糖分や脂質などの栄養分の代謝に必要な物質であり、腸管の動きを活性化する作用もあります。脂質の代謝を促すので、パントテン酸が不足することによる高脂血症にも効果があります。

効能・効果

この成分は、パントテン酸欠乏症の予防および治療に用いられます。また、パントテン酸の需要が増えて食事からの摂取が不十分なときの補給(消耗性疾患、甲状腺機能こうしん症、妊産婦、授乳婦など)や、高脂血症、弛緩性便秘、急・慢性湿疹、血液疾患の血小板数ならびに出血傾向のうち、パントテン酸の欠乏または代謝障害が関わると推定される場合に使用されます。

副作用

下痢・軟便、腹部膨満、嘔吐、食欲不振などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になる症状があれば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ビタミン剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

ビタミン剤 記事ランキング

fem.リサーチ