スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

アスコルビン酸

更新日:2017/03/30 公開日:2016/12/22

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分アスコルビン酸の効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

不足したビタミンCを補う成分です。ビタミンC欠乏症の予防・治療、ビタミンCの補給や、ビタミンCの欠乏や代謝障害のために起こる症状(毛細管出血、骨折、シミ・そばかす、光線過敏症など)に用いられます。

効能・効果

この成分は、ビタミンC欠乏症の予防および治療(壊血病、メルレル・バロー病)、ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)、毛細管出血、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎のうち、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される場合に用いられます。

副作用

悪心、嘔吐、下痢などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが起これば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

臨床検査(尿検査、便潜血反応など)の値に影響を与える場合がありますので、検査を受ける場合は、必ず医師に申し出てください。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ビタミン剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

ビタミン剤 記事ランキング

fem.リサーチ