スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

サフラン

更新日:2017/03/31 公開日:2016/11/29

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分サフランの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

生薬の一種であるサフランはアヤメ科の番紅花(サフラン)の柱頭および花柱の上部を乾燥させたものです。

効能・効果

漢方処方の調剤として主に麻疹に用います。発疹がひどくて密集し、全身症状が強いときや肺炎を合併して熱が長期間引かないときなどに用いられます。

副作用

気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

服用する人の体質・症状を考慮して使います。なお、経過を十分に観察し、症状の改善がみられない場合には、医師・薬剤師に相談しましょう。また、医師の指示なしに、自分の判断で飲むのをやめないでください。

生薬についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

生薬 記事ランキング

fem.リサーチ