スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

トウヒ

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/29

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分トウヒの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

生薬の一種であるトウヒは、独特な芳香があり味は苦く、やや粘液性でわずかに刺激性があります。芳香性苦味健胃薬として胃腸薬に配合されたり、トウヒチンキの原料として用いられています。

効能・効果

生薬製剤の調剤原料として用いられています。

副作用

気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

天産物(生薬)の性質上吸湿しやすいものがありますので、保存には十分ご注意ください。保存が悪いと、カビ、虫害などの発生する原因になることがあります。服用する人の証(体質・症状)を考慮して使います。なお、経過を十分に観察し、症状の改善がみられない場合には、医師・薬剤師に相談しましょう。また、医師の指示なしに、自分の判断で飲むのをやめないでください。

生薬についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

生薬 記事ランキング

fem.リサーチ