スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

ロキシスロマイシン

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/30

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分ロキシスロマイシンの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

マクロライド系の抗生物質のひとつです。感染症の治療に使われる薬に含まれ、細菌がタンパク質を作るのに必要なリボゾームという器官に作用してタンパク合成を阻害し、細菌の増殖を抑制する働きがあります。

効能・効果

この成分は、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症をともなうもの)、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎の治療に用いられます。

副作用

下痢、胃不快感、発熱、発疹などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。呼吸困難、冷汗、腹痛、頻回の下痢、血便、咳、鼻血、歯茎の出血、皮膚・白目などが黄色くなる、皮膚のかゆみ、眼充血、口内炎、立ちくらみ、動悸などの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが起これば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

抗生物質製剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

fem.リサーチ