スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

ボリコナゾール

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/30

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分ボリコナゾールの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

真菌感染症の治療薬の成分のひとつです。真菌(カビの一種)の細胞膜成分の生合成を阻害することにより、体内の真菌感染症に効果を示します。

効能・効果

この成分は、侵襲性アスペルギルス症、肺アスペルギローマ、慢性壊死性肺アスペルギルス症、カンジダ血症、食道カンジダ症、カンジダ腹膜炎、気管支・肺カンジダ症、クリプトコックス髄膜炎、肺クリプトコックス症、フサリウム症、スケドスポリウム症の重症または難治性真菌感染症の治療に用いられます。また、造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防にも用いられます。

副作用

視覚障害、悪心、嘔吐、頭痛、食欲不振、不眠症などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。冷や汗、顔色が青白くなる、息苦しい、高熱、皮膚が赤くなる、口内炎、皮膚や白目が黄色くなる、昏睡、胸が痛い、動悸、脈が乱れる、呼吸困難、全身のむくみなどの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが起これば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

この成分を含む薬は、まぶしく見える、目がかすむ、ものが見えにくいなどがあらわれ、服用中止後も症状が持続することがあります。服用中および服用中止後もこれらの症状が回復するまでは、車の運転などの危険をともなう機械操作は避けてください。光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなるなど)があらわれることがありますので、服用中は長袖の衣服、帽子などの着用により日光の照射を避け、日焼け止め効果の高いサンスクリーンを使用するなどで、紫外線も避けましょう。セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズワート)を含む食品などは、成分の作用に影響を与える可能性がありますので、とらないようにしてください。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守りましょう。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

抗生物質製剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

抗生物質製剤 記事ランキング

fem.リサーチ