スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

サラゾスルファピリジン

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/30

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分サラゾスルファピリジンの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

大腸で腸内細菌により分解・吸収されて腸の炎症(潰瘍性大腸炎など)を抑えます。関節リウマチの治療にも用いられ、免疫異常を正常に近づけることにより炎症症状を和らげますが、効果が得られるまでに1~2か月かかる場合があります。

効能・効果

この成分は、潰瘍性大腸炎、限局性腸炎、非特異性大腸炎や関節リウマチの治療に用いられます。

副作用

むくみ、血尿、発疹、かゆみ、紅斑、顔面潮紅、蕁麻疹などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。呼吸困難、ふらつき、出血傾向、発熱、咳、尿量減少、倦怠感、皮膚や目が黄色くなるなどの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが症状があれば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

皮膚、爪および尿・汗などが黄色~黄赤色に着色することや、ソフトコンタクトレンズが着色することがありますが、病変や副作用を示すものではありません。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

化学療法剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

化学療法剤 記事ランキング

fem.リサーチ