スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

イソニアジド

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/30

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分イソニアジドの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

結核菌という細菌が体内に侵入し、増えることによって起こるのが結核です。この成分は結核の治療に用いられ、結核菌の細胞壁の合成を阻害することにより抗菌作用を示す化学療法剤です。

効能・効果

この成分は、肺結核およびその他の結核症の治療に用いられます。

副作用

発熱、発疹、喀血、血痰、鼻出血、眼底出血、頭痛、めまい、倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。皮膚や白目が黄色くなる、紅斑、水疱、びらん、筋肉や関節が痛い、から咳、呼吸困難、尿量減少、手足や顔のむくみ、のどの痛み、筋肉が発作的に収縮する、視力低下、四肢の異常感覚、しびれ感、知覚障害などの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが起これば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

この成分を含む薬の服用中に、ヒスチジンを多く含有する魚(マグロなど)を食べると、頭痛、紅斑、嘔吐、そう痒などが起きることがあります。また、チラミンを多く含有する食べ物(チーズなど)を摂取すると血圧上昇、動悸があらわれることがあるので、注意しましょう。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

化学療法剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

fem.リサーチ