スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

薬の成分

リバビリン

更新日:2017/04/17 公開日:2016/11/30

三星壮太朗

この記事の監修専門家

薬剤師

三星壮太朗

薬の成分リバビリンの効能・効果、副作用、使用上の注意を、薬剤師による執筆・監修で解説します。

C型肝炎の治療薬の成分です。C型肝炎はウイルスによって引き起こされます。インターフェロン製剤や他の抗ウイルス剤と一緒に使用することにより、C型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス作用を増強します。

効能・効果

この成分は、C型慢性肝炎やC型代償性肝硬変の治療に用いられます。

副作用

発熱、注射部位反応、けん怠感、そう痒症、貧血、頭痛、悪心などの症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。出血しやすい、白目や皮膚が黄色くなる、意識の低下、息苦しい、気分が落ちこむ、不眠、便に粘液や血液が混じる、胸の痛み、手足のまひ・しびれ、汗をかきやすい、眼球突出、まぶたや眼の充血、結膜のただれなどの症状があらわれた場合には、服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。これらの副作用はすべてを記したものではありません。ほかにも気になることが起これば、医師または薬剤師に相談しましょう。

使用上の注意

この成分は精液中へ移行する可能性があります。妊娠する可能性がある方、およびパートナーが妊娠する可能性がある方は、そのことについて十分理解できるまで説明を受け、服用中および服用を中止してから6か月間はコンドームを使用して避妊してください。妊娠していないことを確認するために妊娠検査を毎月1回行いましょう。授乳も避けてください。また、貧血を起こす可能性がありますので、めまいなどの貧血の症状についても十分理解できるまで、しっかりと説明を受けましょう。治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますので、必ず指示された服用方法を守ってください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

化学療法剤についての関連記事

薬の成分 サブテーマ

化学療法剤 記事ランキング

fem.リサーチ