スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ノロウイルス

ノロウイルスの予防薬や治療薬について

更新日:2017/01/31 公開日:2017/01/31

特に冬場に流行しやすいノロウイルスですが、治療にあたって有効な治療薬はあるのでしょうか。実際に行われている治療法や用いられる薬をはじめ、ノロウイルスを予防するための対策について、ドクター監修の記事で解説します。

ノロウイルス感染症は、ノロウイルスに感染したことで感染性胃腸炎などを引き起こす病気です。ノロウイルス感染症を患った場合、効果的な治療薬は存在するのでしょうか。ノロウイルスの治療について解説します。

ノロウイルス感染症の薬について

ノロウイルス感染症の治療では、直接ノロウイルスを死滅させるような抗ウイルス剤はなく、抗生物質も効果が期待できないため、通常、薬を用いての治療は行われません。嘔吐や下痢の症状がひどいときは、吐き気止めや整腸剤が処方されることもあります。しかし、いずれも根治を目的としておらず、症状を緩和するためのものです。

なお、下痢を抑える薬については、余計に回復が遅れてしまう可能性があるため、発症当初ではほとんど用いられません。市販薬を用いる際は注意しましょう。

ノロウイルス感染症はどのように治療するのか

ノロウイルス感染症の症状が見られる期間は、平均1~2日です。薬での根本治療が望めないため、基本的には対症治療といって、症状を緩和するための処置が行われます。まずはしっかり水分と栄養を摂ることが大切です。なお、口からの水分補給が難しい場合などは、点滴によって必要な水分や栄養素を補給することもあります。

高齢者の場合は、嘔吐物が器官に流れ込むことで肺炎になる可能性もあるため、体調の変化があれば、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

自宅で行える療養としては、栄養補給や食べる物に気をつかうことが大切です。消化されにくい油分や甘いもの、腸を刺激することで症状を悪化させる食物繊維の豊富な食べ物やかんきつ類、香辛料などは避けるようにしましょう。回復のためには、ビタミンやミネラルを十分に含んだ緑黄色野菜などを摂取することが望ましいです。

ノロウイルス感染症の予防や対策方法とは

ノロウイルスの感染経路の1つは、ノロウイルスに汚染された食品を口にすることです。特に、牡蠣を含む二枚貝を食べることによるノロウイルス感染が報告されています。しっかり加熱すれば問題はないので、85度以上でしっかり加熱し、生では食さないようにしましょう。

ノロウイルスが増殖すると考えられているのは小腸です。そのため、便などの他、激しい嘔吐の際は小腸の内容物が混ざり、ノロウイルスも混ざる可能性が考えられます。ノロウイルス感染の原因になるので、感染者の嘔吐物や排泄物は消毒液を用いてしっかり消毒すること、手が直接触れるようなドアノブや蛇口などもしっかり消毒しておくことが大切です。

ノロウイルスの感染を予防するには、次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒が効果的です。次亜塩素酸ナトリウを含んだ消毒液は、家庭用の漂白剤でも代用できます。ノロウイルスの直接的な消毒には効果は期待できませんが、ウイルスを減らすためには手洗いも効果的です。ノロウイルスを予防するには、こまめな手洗いを心がけましょう。

ノロウイルスの基礎知識についての関連記事

ノロウイルス サブテーマ

ノロウイルスの基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ