スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

RSウィルス

RSウイルス感染症とは

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

RSウイルス感染症は、大人でも感染することがある呼吸器の感染症ですが、初感染のときは症状が重くなりやすく、赤ちゃんがかかると重症化することがあります。ここでは、このRS感染症についてドクター監修のもと解説します。

赤ちゃんが感染しやすい呼吸器感染症で、注意が必要なものの1つに、RSウイルス感染症があります。ここでは、RSウイルス感染症がどのような病気なのか、その症状や治療法、予防法などを解説していきます。

RSウイルスとは

RSウイルスは、のどや気管支などの呼吸器に感染し、風邪の原因になるウイルスの1つです。このウイルスによるRSウイルス感染症は、冬になると毎年流行し、2歳までにはほぼ全ての人が一度は感染するというほど、ごくありふれた病気です。しかし、初感染時は症状が重くなりやすく、特に生後数週間から数か月の赤ちゃんが感染すると、入院が必要になるほど重症化することがあります。

RSウイルスの症状

RSウイルス感染症にかかると、2~8日間(一般的には4~6日間)の潜伏期間を経て、次のような症状が現れます。

鼻水・鼻づまり

RSウイルス感染症では、鼻水や鼻づまりなど、鼻風邪の症状が最初から最後まで、しつこく続きます。

発熱

発熱も見られますが、高熱が続くことはあまりありません。

重症化した場合

鼻水・鼻づまり、発熱などの症状が重くなってくると、炎症が気管や気管支、肺などの下気道にも広がり、強い咳、喘鳴(呼吸の際にゼイゼイ、ヒューヒューという音がする)、呼吸困難などの症状が現れます。

RSウイルスの感染経路

RSウイルスの主な感染経路には、次のものがあります。

飛沫感染

感染している人の咳やくしゃみ、会話などで飛び散ったしぶきを吸い込むことで感染します。

接触感染

ドアノブや手すり、食器、おもちゃなど、RSウイルスが付着している物に触った手で口元や鼻、目などに触れることで感染します。また、小さな子供の場合は、菌がついた指をしゃぶったり、汚染されたおもちゃを口に入れたりすることも感染の原因になります。

大人がRSウイルスに感染した場合

RSウイルス感染症は、年齢を問わず何度でも感染するので、大人でも感染することがあります。大人が感染した場合の注意点を見ていきましょう。

健康な大人の場合

健康な大人の場合は、鼻水や発熱など、風邪程度の症状で済むことが多いようです。このため、ただの風邪だと思いこみ、気づかずに子供にうつしてしまうことがあるので注意が必要です。

高齢者の場合

免疫力が低下していたり、慢性呼吸器・心疾患にかかっていたりする高齢者の場合は、RSウイルス感染症が重症化しやすく、入院が必要になることもあり、命にかかわることがしばしばあります。

妊婦の場合

妊娠中も免疫力が低下しているため、RSウイルスが重症化しがちです。

RSウイルス感染症の治療方法

RSウイルス感染症には、ウイルスを退治できる特効薬がないため、治療では次のような対症療法を行います。

薬物療法

発熱には解熱剤、喘鳴をともなう呼吸器の症状には、去痰薬や気管支拡張剤などが用いられます。

吸引

喘鳴に対しては、鼻水やたんの吸引が行われることもあります。

入院した場合

点滴による水分補給、鼻水やたんの吸引、場合によっては酸素吸入や人工呼吸器などによる呼吸管理が行わることがあります。

RSウイルスの予防方法

RSウイルス感染症を予防するためには、次のことを心がけましょう。

うがい・手洗いの徹底

飛沫感染と接触感染をするので、外出から戻ったらうがい・手洗いをきちんとすることが重要です。

マスクの着用

赤ちゃんへの飛沫感染を防ぐために、咳などの呼吸症状があるときは、マスクを着用するようにしましょう。

身の回りのものをこまめに消毒

RSウイルス感染症が流行する時期は、小さな子供がよく触るおもちゃ、手すり、ドアノブなどをこまめに消毒するようにしましょう。

RSウイルス感染症の基礎知識についての関連記事

RSウィルス サブテーマ

RSウイルス感染症の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ