スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

耳のトラブル

どのような場合は手術が必要?耳瘻孔の手術について

更新日:2017/04/17 公開日:2017/04/17

森本雅太先生

この記事の監修ドクター

森本耳鼻咽喉科 院長

森本雅太先生

生まれつき耳の周りに穴が開いている耳瘻孔は、細菌に感染してしまうと症状が悪化するケースも多く、手術を行うことも少なくありません。ここでは、耳瘻孔の手術について、ドクター監修の記事で解説します。

耳瘻孔は、触り過ぎると細菌に感染して化膿する可能性が高く、症状を解消するためには手術が効果的な場合もあります。ここでは、耳瘻孔の手術について詳しく解説します。

耳瘻孔とは

耳瘻孔とは、生まれつき耳のまわりに小さな穴が開き、その下方に管のような袋状のものが、その管の先端が耳介軟骨で終わっている状態のことです。人によって形はさまざまで、多くの場合が両耳に見られます。

耳瘻孔の症状

耳瘻孔は、耳のまわりに小さな穴が開いている状態のことですが、触り過ぎると細菌に感染して赤く腫れ、悪臭のする分泌物が出てくることがあります。また、不潔な状態を続けたり、感染をくり返すことで化膿することもあります。その場合は切開排膿し、抗生物質を投与して治療をしますが、さらに症状がひどい場合は手術が必要です。

耳瘻孔の原因

耳瘻孔の主な原因として、母親の胎内で耳を成形する際に、なんらかの異常が生じたものであると考えられています。多くが遺伝性とされ、頻度が高い疾患の1つです。また、日本人に多くみられる先天性の疾患でもあり、自然に閉じることがありません。

耳瘻孔の治療について

細菌に感染して腫れや痛みが出ている場合は、注射器などを使用して膿を取り出し、抗生物質を服用して治療を行います。何度も感染をくり返したり、症状が悪化したりした場合は、手術で切開をして直接膿を取り出す場合もあります。

様子を見る場合も

耳瘻孔と診断された場合でも、感染などの症状が起こらなければそのまま様子を見ます。聴力やその他の機能に直接支障をきたすものではないと考えられているため、そのままの状態であっても特に問題はありません。ただし、清潔な状態を保つことがもっとも重要なので、汚れた手などで触り過ぎないことが大切です

手術を行う場合も

一度でも感染を起こしたことがあれば再感染を起こす確率が高くなるため、その場合は手術で耳瘻孔を完全に摘出することになります。大人の手術の場合は局所麻酔で行われますが、子供の場合は全身麻酔が必要となります。また、膿を出すだけの簡単な手術の場合はまれに再発することもあるので、その際は再手術が必要です。

耳垢栓塞の基礎知識についての関連記事

耳のトラブル サブテーマ

耳垢栓塞の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ