スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

知覚過敏

歯がしみるのは知覚過敏?

更新日:2017/04/01 公開日:2017/04/01

毎日の歯ブラシの時や、冷たい飲み物を飲んだ後など、たびたび歯がしみる場合は、虫歯以外に知覚過敏の疑いがあります。ここでは歯がしみる原因や対処法について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

すっぱい物を食べた時や、歯ブラシが歯に当たった時に歯がズキンと痛んだり、しみたりする場合は、知覚過敏の疑いがあります。知覚過敏はどのようなメカニズムで起こるのか、また、対処法などについて、詳しく解説します。

歯がしみる原因として考えられるのは?

歯がしみる原因は大きく分けて以下の2つです。いずれも専門家でないと判断が難しい場合が多いので、まずは医療機関を受診しましょう。

知覚過敏

知覚過敏は、歯の表面にあるエナメル質が削れることで内部の神経に刺激が伝わり、しみるような痛みが起こる症状です。原因は、間違った歯ブラシの方法でエナメル質が削れた、歯周病や噛み合わせで歯茎が露出してしまったなどが考えられます。痛みは短時間で治まる特徴があります。

虫歯

虫歯とは、虫歯菌が歯を溶かし、神経を刺激している状態です。段階が進むにつれて、歯の痛みも増していくのが特徴で、冷たい物を食べてしみる程度であればまだ軽度です。しかし、温かい物を食べてもしみる。ズキズキと痛むというような症状であれば、神経まで達している可能性があります。この場合は、歯の神経を抜くことになります。痛みは比較的長く続きます。

知覚過敏の歯がしみるメカニズムについて

虫歯菌が歯の神経を直接刺激する虫歯と違い、知覚過敏の場合は歯の表面のエナメル質が削れることで痛みが発生します。歯の表面にあるエナメル質の内側には、象牙質と呼ばれる部分があり、その内部には象牙細管と呼ばれる細い管が歯の中央にある神経に向けて通っており、液体で満たされています。痛みのある人は、この象牙質が露出し、象牙細管の開口が大きくなっている状態です。そこへ、冷たい飲み物や歯ブラシの圧力がかかり、象牙細管の中にある液体の流れが変化して痛みを生じます。

知覚過敏で歯がしみるときの対処法

歯がしみる場合の対象方法として、知覚過敏用の歯磨き粉を使う方法があります。また、エナメル質の減り方によって薬剤を凝固する、または蓋をして刺激をやわらげる方法があります。まずは、自己判断せずに医療機関を受診しましょう。

知覚過敏の基礎知識についての関連記事

関連Q&A

知覚過敏 サブテーマ

fem.リサーチ