スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状、治療法について

更新日:2018/06/25 公開日:2017/03/22

風邪(かぜ)が長引いてしまい鼻づまりが改善されない、なぜか鼻の奥や額が痛いなどの症状に悩まされている場合、副鼻腔炎になっているのかもしれません。今回は副鼻腔炎の症状について、ドクター監修の記事で紹介します。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)というのは、どのような病気であり治療方法はどのようなものがあるのかなどについて、詳しく解説していきます。

副鼻腔炎とは

まずは副鼻腔炎の基礎知識について、解説します。

副鼻腔とは

医学的に鼻の穴のことを「鼻腔」と呼びます。そして、鼻の周辺にある頬や眉間、そして額の裏側には、空洞になっている部分があり、その部分を副鼻腔と呼びます。なお、副鼻腔は小さな穴で鼻腔とつながっています。

副鼻腔炎とはどのようなものか

副鼻腔炎というのは、細菌やウイルスによる感染症や風邪(かぜ)、アレルギー、花粉症などの鼻の諸症状が起因となって、鼻腔や副鼻腔がウイルス感染やそれに引き続く細菌感染を起こしてしまい炎症する病気です。副鼻腔炎には大きく分けて、比較的短期的に回復が見込まれる急性副鼻腔炎と、長期化してしまう慢性副鼻腔炎があります。医学用語ではありませんが、慢性副鼻腔炎を一般的には「蓄膿症」とも呼ぶ場合もあります。

だれにでも発症する可能性がある

副鼻腔炎は、特定の性別や年代別によって現れ方に変わりなく、さまざまな人に発症する可能性があります。

急性副鼻腔炎とは

急性副鼻腔炎というのは、いきなり発症するのではなく細菌感染などにより風邪をひいた後に、鼻腔での炎症が副鼻腔炎にまで達したときに引き起こされます。急性副鼻腔炎の場合、比較的症状が軽いことが多く、治療をしっかりおこなえば、1~2週間で回復することが期待できます。

慢性副鼻腔炎とは

慢性副鼻腔炎は、主に急性副鼻腔炎が悪化したときなどに引き起こされます。症状としては、急性副鼻腔炎とほとんど同じであるのですが、簡単に回復できるものではなく、症状が長引いて治療に時間を要することが多いとされています。

副鼻腔炎の症状

副鼻腔炎の症状は鼻に関係する症状が多いのはもちろんなのですが、一見すると鼻とは関係のないような症状が引き起こされることがあります。また、それらの症状の重さは人によって違いますので、その点を踏まえて詳しく解説します。

鼻水が出る

副鼻腔炎の症状でもっとも顕著に現れるのが鼻水です。鼻水と聞くと、風邪をひいてすぐのときや、アレルギー性鼻炎になって鼻水が止まらなくなる症状を思い出す人もいるでしょう。ですが、それらの症状の場合、鼻水はさらさらであることが多いです。一方で、副鼻腔炎の場合は鼻水がドロッとしており、濃い黄色などになっていることが多いです。

鼻づまり

鼻水に粘度があり、さらに鼻の穴に炎症が起こって粘膜が腫れることが多いため鼻がつまりやすくなってしまいます。

においを感じにくくなる

副鼻腔炎になるとにおいを感じにくくなる場合があります。鼻がつまっていてわかりにくい場合もありますが、においをかぐ能力のある粘膜が炎症を起こすため、一時的ににおいがわかりづらくなるとされています。

鼻の奥や額が痛い

副鼻腔炎とは頬や眉間、額の裏側にある空洞が炎症を起こす症状であるため、症状によっては頬や額に痛みを感じることがあるようです。

副鼻腔炎の検査方法

自分は副鼻腔炎かもしれないと疑ってしまったときは、早めに耳鼻咽喉科の医師に相談するようにしましょう。副鼻腔炎は目に見えない部分ですので、セルフチェックが非常に難しいです。耳鼻咽喉科で相談をすれば、まずは内視鏡検査をすることが多いようです。炎症の状態や膿の有無について確認をすることができます。内視鏡検査の結果、副鼻腔炎が疑われる場合には細菌検査やCTなどを行うことがあります。また、非常に小さくて細い内視鏡を使って、鼻腔や副鼻腔の入り口を目視によって検査する方法もあるようです。内視鏡検査では、

副鼻腔炎の治療方法

副鼻腔炎の保存療法

保存療法というのは、急性副鼻腔炎や軽度の慢性副鼻腔炎で行われる治療法です。鼻の中の膿や鼻水を吸引して、ネブライザーにて薬剤散布をする方法や副鼻腔に薬剤を注入する治療が一般的です。また、抗生物質などの飲み薬で治療を行います。軽度の慢性副鼻腔炎の場合は、マクロライド系の抗生物質を少量かつ長期的に服用することで、治療することができるといわれています。

副鼻腔炎の手術療法

慢性副鼻腔炎になり治療を放置していると、症状がひどくなることがあります。その場合は、保存療法による治療が難しいため、手術療法がおこなわれます。手術療法では、検査のときにも使用した内視鏡が使われることが多いです。鼻の穴から内視鏡を入れて、ポリープや鼻茸(はなたけ)を切除したり、膿を排出したりする手術を行います。痛みが少ないものの、それでも保存療法に比べると痛みを感じる治療法です。

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と治療法についての関連記事

副鼻腔炎(蓄膿症) サブテーマ

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と治療法 記事ランキング

fem.リサーチ