スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

水いぼの基礎知識

水いぼを発症する原因と感染経路

更新日:2018/09/29 公開日:2017/03/31

水いぼとは、丸くて柔らかい隆起物が肌の表面にできる皮膚疾患です。痛みやかゆみが見られることはほとんどありませんが、学童期の子供に多く見られ、人から人へと感染しやすいことで知られています。ここでは、水いぼの原因や感染経路、感染の防ぎ方などについて見てみましょう。

水いぼ(伝染性軟属腫)の特徴とうつる原因

水いぼの原因は、「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)ウイルス」というポックスウイルス科のウイルスです。伝染性軟属腫とは、水いぼの別称で、このウイルスが肌の表面に付着することで水いぼができます。

水いぼに感染しやすいのは、6~7歳くらいの学童期の子供です。小学校低学年くらいまでの子供は免疫が不十分で、伝染性軟属腫ウイルスに感染すると身体がそれに対抗できず、水いぼという形で症状が出てしまいます。その後、生活の中で免疫を獲得することで自然と症状は改善され、発症から1~2年程度できれいに治る場合がほとんどです。

水いぼは、良性の腫瘍ですのでそれほど心配する必要はありません。しかし、伝染性軟属腫ウイルスは、一度感染すると他の部位へと伝染したり、他の人にうつしてしまったりという可能性があります。皮膚についた小さな傷などからいぼが次から次へと全身に広がってしまうこともあるため、できるだけ水いぼの感染を広げないための工夫が必要です。

水いぼの感染経路で多いのは

前の項目でお伝えした通り、水いぼは他の人へとうつしてしまう可能性があります。水いぼの感染経路について知り、予防方法についての知識をひろげましょう。

ウイルスに接触しないことが一番の対策

水いぼは、ウイルスが直接皮膚に触れると感染します。皮膚に小さな傷ができている場合や、乾燥などによって皮膚のバリア機能が弱くなっている場合は、特にウイルスが体内に侵入しやすく、水いぼに感染する可能性が高まります。

水いぼの隆起した部分の中身には、ウイルスが原因で変性した細胞や、感染の原因となるウイルスそのものが詰まっています。そのため、なんらかの原因で破れてしまった水いぼに直接触れると感染してしまう可能性があります。また、水いぼに触れたものに触れる「間接接触」でも感染するケースがあります。水いぼにかかっている子供とのタオルや衣服を他の子供と共有させることは避けた方がよいでしょう。

プール・温泉では注意が必要

水いぼはプールや温泉などで感染しやすいといわれていますが、水いぼのウイルスが、水やお湯などを介して感染するわけではありません。水いぼのウイルスは、あくまでも皮膚と皮膚の接触や、皮膚とウイルスが付着したものの接触で感染します。プールや温泉は、肌の露出が多く、皮膚同士が触れ合う可能性が高いことから、水いぼがうつりやすいといわれています。

また、学校などのプールで水いぼが広がりやすいといわれている理由には、ビート板や浮き輪などの共用があります。ビート板や浮き輪などは、手で持ったり、身体に巻きつけたりして使用する道具です。肌に直接触れさせる道具であるうえ、学童期の、もっとも水いぼに感染しやすい子供たちが共用するため、学校のプールは水いぼのウイルスが感染拡大しやすい場所であると考えられます。

水いぼに感染しているからといってプールに入ってはいけないというわけではありません。しかし、ビート板や浮き輪などの使用は控えた方がよい場合もあります。子供が水いぼにかかってしまったら、プールの利用について医師や学校側と相談するとよいでしょう。

水いぼを掻いたら症状が広がるおそれも

前述の通り、水いぼの隆起している部分には、変性した細胞やウイルスそのものがドロドロになった粥状の物体となって詰まっています。水いぼになんらかの刺激が加わって隆起部分が傷ついて破れてしまうことで、中のウイルスが飛び散り、さまざまな部位への感染拡大や他人へ感染してしまう可能性があります。

水いぼは、ひじの内側やわき、ひざの裏など、その他の部位とこすれやすい場所にできやすい傾向があります。これは、皮膚と皮膚がこすれあうことで小さな傷ができやすく、ウイルスが侵入しやすいからと考えられます。

また、そうした部位にできた水いぼは他の部位や衣服との摩擦で潰れてしまいやすく、そこから飛び散ったウイルスがさらに小さな傷から入り込むなどして、どんどん水いぼが広がってしまいます。そして、感染拡大をくりかえした結果、100個を超える大量の水いぼができてしまうケースもあります。

プールなどで感染を引き起こしやすい水いぼですが、必要以上に感染をおそれる必要はありません。なぜなら、水いぼのウイルスに接触してしまったとしても、ウイルスが体内に侵入しなければ水いぼの発症を食い止めることができる場合も多いからです。乾燥や日焼けなど、皮膚のバリア機能を弱めるようなダメージを受けないように注意し、水いぼへの感染を未然に防ぎましょう。

あわせて読みたい

水いぼの基礎知識

キーワード

【注目キーワード】

いぼの他の記事を読む