スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

呑気症(空気嚥下症)

呑気症(空気嚥下症)の原因はストレス?

更新日:2017/12/13 公開日:2016/11/21

西條朋行先生

この記事の監修ドクター

西條クリニック 院長

西條朋行先生

呑気症は、知らないうちに空気を大量に飲み込んでしまうことで、ゲップなどの症状が現れる病気です。ここでは、呑気症の原因や治療方法などについて、ドクターの監修の記事で詳しく解説します。

胃腸の調子が悪いわけではないのに、ゲップが異常に多くて困っている人は呑気症(どんきしょう)の可能性があります。呑気症の原因や治療法について見てみましょう。

ゲップが多い人は呑気症かも

ゲップは、胃の中にたまった空気やガスが口から出る生理現象で、炭酸飲料を飲んだり早食いや大食いをした後はゲップが出やすくなります。また、胃腸の調子が悪いときも、消化不良で胃の中に食べ物が停滞してガスが発生しやすくなるため、ゲップが多くなります。しかし、このような理由が見当たらないのに普段からゲップが多い人は、呑気症かもしれません。呑気症は、空気嚥下症とも呼ばれ、過剰に空気を飲み込んでしまうことで消化管に空気がたまり、ゲップや腹部膨満感などの症状が現れる病気です。

呑気症の原因はストレス

人は飲食物を飲み込むときに少量の空気も一緒に飲み込みますが、呑気症の人は、食事とは関係ないときも無意識に大量の空気を飲み込んでしまいます。その原因として、もっともよく見られるのは、精神的なストレスです。緊張した場面では、思わず唾を飲み込んでしまうことがありますが、これは、ストレスを感じると唾液が出にくくなって口の中が渇くためだといわれています。唾液を飲み込むときは空気も一緒に飲み込んでしまうため、ストレス状態が続いて無意識に何度も唾液を飲み込んでいると、胃腸に大量の空気がたまり、ゲップが出やすくなります。また、呑気症の人は人前でゲップが出てしまうのが気になり、それを抑えようと唾を飲み込むことで、余計に空気を飲み込んでしまうという悪循環に陥ることもあるようです。

歯を噛みしめるクセが関係しているケースも

呑気症は、歯を噛みしめるクセが関係しているケースもあります。通常、上下の歯が接触するのは食べ物を噛むときだけで、それ以外のときは口を閉じていても歯と歯の隙間は開いています。しかし、ストレスなどが原因で無意識に歯を噛みしめるクセがあると、舌が上あごに押しつけられた状態が続くので、唾液を飲み込む回数が増え、それとともに空気も一緒に飲み込みやすくなります。このような噛みしめグセによる呑気症を、噛みしめ・呑気症候群といい、この場合は、ゲップや腹部膨満感に加えて、筋肉の疲れからくる頭や肩、首、あご、目の奥などの痛みやコリなどの症状も現れるようになります。

呑気症の治療法

呑気症の治療では、空気を飲み込みやすい習慣の改善や、ストレスを軽減することが重要です。また、不安や緊張などが強い場合は、抗うつ薬や抗不安薬などの薬を処方したり、噛みしめ・呑気症候群の場合は、マウスピースを装着したりすることもあります。しかし、呑気症は原因を特定するのが難しいケースもあり、治療に時間がかかってしまうことがあります。

呑気症(空気嚥下症)の基礎知識についての関連記事

呑気症(空気嚥下症) サブテーマ

呑気症(空気嚥下症)の基礎知識 記事ランキング

fem.リサーチ