スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ニキビ対策におすすめの化粧品

ニキビじゃない顔のブツブツの正体と治し方!美容家オススメの化粧品も紹介

更新日:2018/04/03 公開日:2018/01/25

ふと鏡を見たら顔にブツブツが…。「ニキビができた!」とあわててニキビ対策をする前に、まずは本当にニキビなのかを確かめましょう。実は顔のブツブツの正体は、蕁麻疹や湿疹など、ほかの肌トラブルの可能性があります。

ブツブツの症状がどういうものかをよくチェックして、原因に合わせた正しいケアと治し方を実践することが大切です。この記事では、顔にできるブツブツの代表的な種類を紹介します。また、時短美容家の並木まきさんがイチオシの化粧品を紹介。自分の肌に合ったものを見つけて、肌トラブルに負けない肌づくりをしましょう。

顔のブツブツはニキビ?特徴と見分け方

顔のブツブツはニキビ?特徴と見分け方

ブツブツとした症状が顔に現れたとき、真っ先に思い浮かぶのは何でしょうか。身近な肌トラブルであるニキビと思う人は多いかもしれません。また、アレルギーを持っている人であれば、アレルギー症状だと気づく場合もあるでしょう。しかし、そのどちらの症状でもないものや同様に見えても別の症状であることがあります。

ニキビの原因

ニキビは、毛穴から皮脂が排出しきれずに、つまることが原因で引き起こされます。そしてつまった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症が悪化していきます。また、肌が乾燥しがちな状態にあると、ニキビを引き起こしやすくなります。

ニキビの症状

まずは、顔のブツブツのなかでも代表的なニキビから見ていきましょう。ニキビの症状は段階によってさまざまです。

白ニキビ
まずはニキビの初期段階である白ニキビ。毛穴に「コメド」と呼ばれる皮脂がたまったものが蓄積されており、白~乳白色をしているのが特徴。ニキビの患部が薄い皮膜で覆われて表面はまだ閉じていて、目立ちにくい状態です。
黒ニキビ
白ニキビが進行すると、黒ニキビになります。ニキビ患部の皮脂が盛り上がって穴があき、酸化して黒っぽく変色しているのがわかります。
赤ニキビ
黒ニキビがさらに進行すると、炎症を起こして赤ニキビになります。ニキビ患部の周りが赤くなり、さわると痛みを伴うこともあります。

このような症状が出ていない場合、顔のブツブツは、ニキビ以外の原因で起こっているのかもしれません。

顔のブツブツの正体と治し方

ここからは、ニキビ以外にできる顔のブツブツにはどのようなものがあるのか、代表的なものを見ていきましょう。

稗粒腫(ひりゅうしゅ・はいりゅうしゅ)

「脂肪のかたまり」とも呼ばれる、目のまわりや額(ひたい)、頬(ほお)に見られる直径1~2mmほどの白色の小さなできものです。無色の場合もあります。毛穴の奥にある毛包や皮脂腺に角質がたまることで引き起こされます。比較的女性にできやすいといわれています。

症状
痛みはなく、粒のように小さなものもあります。ニキビのできにくい目のまわりにできるケースが多いです。
治し方
さわったりこすったりせず、放っておくと自然治癒します。なかなか治らず気になる場合は、皮膚科で除去するための治療を受けることができます。

面疔(めんちょう)

面疔(めんちょう)

ニキビに似たものに、面疔があります。別名「おでき」とも呼ばれ、顔にできるものを面疔と呼びます。ニキビの原因がアクネ菌なのに対して、面疔は黄色ブドウ球菌が原因となって起こります。

症状
顔では主に鼻や周辺にできることが多いのが特徴。幹部を中心に広く赤みを帯びて腫れやすく、中心が膿んでジュクジュクして痛みを伴うケースも多く見られます。
治し方
皮膚科での治療は、抗生物質の軟膏や内服薬の処方が基本で、症状によっては膿をとり出すこともあります。発症した場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

毛包炎(もうほうえん)

カミソリやピンセットでムダ毛処理をした後などに、赤いプツプツができた状態が毛包炎です。毛穴に表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌が侵入し、炎症が起きている状態です。

症状
赤みを帯び、痛みはないことが多いようです。悪化すると腫れやしこりができ、面疔につながることがあります。
治し方
範囲が狭く、赤みもそれほどない軽度の場合は、自然治癒するので様子を見ていても問題はないでしょう。肌を清潔に保ち、カミソリの刃も古いものを使うのは避けること。症状が長引いたり、悪化したりした場合は、皮膚科を受診しましょう。

粉瘤(ふんりゅう)・アテローム

粉瘤は、皮膚の内側から腫れが起こり、大きさは直径数mmから数cmとさまざまで、コブのように大きくなることが多い良性腫瘍のひとつで、アテロームとも呼ばれます。皮膚の内側にできた袋状の嚢胞(のうほう)に古い角質や老廃物が溜まり、少しずつ大きくなっていきます。

症状
全身の皮膚にできるものですが、主に顔や首、耳の後ろ、背中、お尻にできやすいのが特徴。粉瘤の中心部に黒い点が見られる場合が多いようです。痛みも赤みもないことが多いようですが、ある場合は細菌感染が疑われるため、速やかに皮膚科を受診しましょう。
治し方
強い炎症がある場合は切開して内部の膿を出します。また、小さいものは簡単な手術による切除です。切除をしないこともできますが、再発や炎症のことを考えると切除することが望ましいです。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹は、水ぼうそうを発症したことのある人のみがかかる病気です。水ぼうそうの原因ウイルスは、完治した後も神経細胞に潜んでいます。過労やストレス、年齢による身体の抵抗力が下がったときにウイルスが再活性化することで帯状疱疹を引き起こします。赤みのある発疹が出るため、初期はニキビと間違えてしまうことも考えられます。

症状
発疹が出る前に、ピリピリ、チクチクとした痛みが起こります。その後、ニキビのような発疹が現れ、悪化すると湿疹が帯状に広がり、水ぶくれや我慢できないほどの痛みに襲われることもあります。左右のどちらかにしか出ないのが特徴です。
治し方
ウイルスが原因のため、皮膚科で抗ウイルス薬を処方して服用します。早期発見・早期治療が最も重要な病気ですが、ニキビと間違えて治療が遅れるケースが多いので要注意です。顔の半分にしか症状が出ない場合は帯状疱疹の可能性が高いため、早めに受診しましょう。

毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

小さなブツブツ状のものが集まってできるできものです。秋~冬にかけて、二の腕やフェイスライン、背中など乾燥しやすい箇所にできやすいのが特徴。別名で「サメ肌」といわれることもあります。

症状
ブツブツのまわりが赤くなり、痛みはないもののかゆみを伴うことも。10代にできやすいといわれています。健康面への影響はありませんが、見た目に悩まされる人が多いのが特徴です。
治し方
ワセリンやビタミンA誘導体、尿素軟膏など、市販の塗り薬がおすすめです。ニキビと区別がつきにくい場合は皮膚科を受診しましょう。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹は、皮膚の一部が突然かゆみと赤みを伴って盛り上がり、しばらくすると消える、といった症状を繰り返す皮膚病です。特定の食べ物やストレスなど、発症する原因は人によってさまざまです。

症状
皮膚の盛り上がりと赤み、激しいかゆみが出るのが特徴ですが、症状によって赤みがない場合もあります。蚊に刺された後のようなふくらみが無数にできたように見えるケースもあります。
治し方
蕁麻疹の原因を特定して対処するのが重要です。皮膚科の受診をおすすめします。「抗ヒスタミン剤」の処方でかゆみや症状を抑えるケースもあります。

顔にブツブツがある場合のスキンケアの方法

顔のブツブツが何によって引き起こされているのかを特定し、それにあった対処をすることがポイントになります。顔のブツブツや肌荒れがあるときは、手で触れたりメイクによる刺激を与えないように心がけましょう。

通常のスキンケアでできることは、あくまで肌を健やかな状態にするためのケアです。肌を清潔に保ち、乾燥しないように保湿することはケアの基本ですが、過剰なケアはかえって皮膚への刺激になるので注意しましょう。

ニキビの場合は、ニキビへの効果がある薬用化粧品を選んでも問題ありません。

顔のブツブツ(ニキビ)におすすめの化粧品

ここからは、時短美容家の並木まきさんによるニキビケアとして活用できる化粧水や洗顔料をご紹介します。自身の肌質や肌の状況に合わせた化粧品選びの参考にしてくださいね。

薬用 クリアローションM(オルビス)

薬用 クリアローションM(オルビス)

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:180mL

おすすめの理由
肌科学に基づき、度々できてしまう「周期ニキビ」の原因を追求したニキビケアシリーズの化粧水です。新保湿成分の紫根エキスと、肌のバリア機能を整える甘草エキスを配合しています。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
クリアローションMはしっとりタイプの化粧水で、普通肌~乾性肌の方に適しています。乾燥ストレスから肌を守る処方で、大人の肌も健やかに整えてくれる使用感です。ニキビ(吹き出物)ができてしまったときにこの化粧水を使うと、いつの間にかニキビが出てこなくなるという、ニキビ予防の効果を実感しているアイテムです。

スキンケア大学編集部

薬用 クリアモイスチャーM(オルビス)

薬用 クリアモイスチャーM(オルビス)

販売価格(編集部調べ):1,836円(税込)
内容量:50g

おすすめの理由
肌科学に基づき、繰り返す「周期ニキビ」の根本原因にアプローチしたニキビケアシリーズの保湿液です。クリアローションにも使用されている紫根エキスと甘草エキスを配合しており、同シリーズの化粧水とセットで使用するのがおすすめ。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
同シリーズの化粧水と一緒に使うと、ニキビ予防へのアプローチ力アップに期待できます。ニキビ予防の化粧品は、使うと肌がつっぱるように感じるものもありますが、この保湿液は、塗った後の肌がしっとりとして、うるおいを感じるところが気に入っています。乾燥が気になる季節でも使いやすいアイテムです。

スキンケア大学編集部

クラリファイング ローション 2(クリニーク)

クラリファイング ローション 2(クリニーク)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)/ 3,672円(税込)/ 6,048円(税込)
内容量:100mL / 200mL / 400mL

おすすめの理由
エクスフォリエーション効果のある、拭き取りタイプの角質ケアローションです。古い角質を穏やかに取り除き、透明感を引き出すと同時に、うるおいを受け入れやすい状態へと導きます。 乾燥肌~混合肌の方に向けた処方です。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
使った後は、肌のキメが細かくなったように感じる拭き取り化粧水です。肌が脂っぽいときに使うと、すぐにおさまります。私の感覚としては、やや刺激があるので、こちらの化粧水を使った後に保湿力の高い乳液や美容液を使うと、お肌がしっとりと落ち着きます。

スキンケア大学編集部

オバジC 酵素洗顔パウダー(Obagi)

オバジC 酵素洗顔パウダー(Obagi)

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:0.4g×30個

詳しくはこちら

おすすめの理由
うるおいを守りながら毛穴の黒ずみ、角栓の詰まりやザラつきをしっかり取り除く、ビタミンC配合の酵素洗顔パウダー。「ピュアビタミンC」と「酵素」をダブル配合し、化粧のりの良い「つるり肌」へと導きます。使いやすい個包装なので、必要なときにフレッシュなパウダーで洗顔できます。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
こちらのパウダーでの洗顔後は、とにかく肌がツルツルになります。ニキビ(吹き出物)が出そうなときに、この「オバジC 酵素洗顔パウダー」で洗顔をしておくと、ニキビが出ずに済んだことが何度もありました。酵素が入っているおかげで、毛穴の詰まりも一度の洗顔でケアができるので、私の"お守りコスメ"のひとつです。

スキンケア大学編集部

アクネケア ローション W(d プログラム)

アクネケア ローション W(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:125mL
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
アクネケアにアプローチし、大人の肌いできがちなニキビを防ぎ、ツルツルきれいな肌にしてくれる薬用化粧水。肌全体に行きわたり、大人の肌のニキビを予防しながら美肌バリア機能を整え、ざらつきやすい肌を、透明感あふれるすべすべの美肌へと整えます。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
さっぱりとした使い心地で、お手入れした後の肌はつやつやになります。肌になじみやすく、よく伸びるのでコストパフォーマンスも高めです。大人のニキビにアプローチする処方でつくられているので、年齢を重ねた肌のケアにも使えました。

スキンケア大学編集部

まとめ

ニキビじゃない顔のブツブツの正体と治し方!美容家オススメの化粧品も紹介のまとめ

顔のブツブツを見つけたら、まずは症状をチェックして、ニキビかどうかを見極めるのがポイント。ブツブツの症状によってはすみやか速やか皮膚科の受診をしたほうが良いケースもあるので、どんな肌トラブルがあるのかを知っておくことが大切です。

顔のブツブツがあるときは、お手入れも普段より慎重に。肌トラブルに効果が期待できる成分が入ったローションや、薬用の洗顔料など、肌の状態や肌質に合った化粧品で、トラブルを最小限に抑えてすこやか肌を目指しましょう。

この記事で紹介した商品一覧

適宜
適宜
適宜
適宜
適宜

あわせて読みたい

ニキビ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

ニキビ・吹き出物の他の記事を読む