スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肌荒れ対策におすすめの化粧品

肌にいい化粧水の選び方と使用法

更新日:2018/06/29 公開日:2018/01/29

継田理恵

この記事の監修専門家

美容ライター

継田理恵

あなたは、もう手放せない化粧水に出合いましたか? きっと肌にいい化粧水を求めて、あれこれ試している方が多いはず。では“肌にいい化粧水”とは、どのような条件のものなのでしょうか。ここでは敏感肌でも使用できて、乾燥肌もしっかりと保湿し、肌状態を改善できる化粧水の選び方をご紹介します。

肌にいい化粧水の条件とは?

まずは、肌にいい化粧水の条件を押さえていきましょう。

1. 保湿成分が配合されている

1. 保湿成分が配合されている

肌の乾燥肌は、あらゆる肌トラブルを招く原因になります。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、スクワランなど、肌にうるおいを与えてキープしてくれる保湿成分がたっぷり入っているか見てみましょう。全成分表示では、配合量が多い順に成分名が記載されています。

2.低刺激・肌への負担を考えられている

(2)低刺激・肌への負担を考えられている

敏感肌でも使える設計のものは、肌のバリア機能を壊しにくく負担が少ないためおすすめです。低刺激処方のものや、敏感肌の方によるパッチテスト済みのものは、ひとつの目安になります。しかし、すべての化粧品に言えることですが、化粧品と肌には相性があります。そのため、いくら低刺激と書かれていても、肌につけたときに刺激を感じる場合があります。製品が訴求している言葉だけを見るのではなく、しっかりと自分の肌を観察するようにしましょう。

おすすめの肌にいい化粧水

ここでは敏感肌でも使用できる、おすすめの化粧水をご紹介します。

モイストケアローション W(d プログラム)

モイストケアローション W(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:125ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
乾燥肌の角層にも無理なく浸透し、肌のバリア機能を整えます。肌荒れしやすく粉がふくほどの乾燥肌も、うるおいで満たしてもっちり透明感のある状態をサポート。低刺激設計で、敏感肌の方によるパッチテスト済み。パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、無香料、無着色、弱酸性など肌への負担に配慮されています。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
とろみのある化粧水で、乾燥がひどい状態でもモチモチっとした弾力肌に整います。私が小鼻の周りなどが荒れて敏感になっているときに使ったら、落ち着きました。べたつきが気になる感じはなく、使いやすいけどしっかりうるおうので、乾燥がとくに気になる秋冬にもおすすめです。

セラミドスキンケア モイスチャライジングローション(エトヴォス)

セラミドスキンケア モイスチャライジングローション(エトヴォス)

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:150ml

おすすめの理由
天然由来の高保湿成分・POs-Ca(ホスホリルオリゴ糖Ca)、ラベンダー花エキスによって、バリア機能を整えてくれます。グルコシルセラミド、ヒアルロン酸、リピジュア、人の肌の保湿成分と同じアミノ酸の天然保湿因子(NMF)が潤いを与えて抱え込み、しっかりキープ。シリコン、パラベン、界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は不使用。肌にやさしい低刺激処方で、敏感肌の方にもおすすめです。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
肌のうるおいと保水力に着目したセラミドスキンケアシリーズなだけあって、水分が肌に行きわたり、長時間うるおいが続くのを感じられます。天然ラベンダー花水の香りで、うっとりしながらお手入れが可能。ハリのあるツヤ肌に整い、乾燥しがちな肌であることを忘れてしまいそうです。

キュレル 化粧水 I ややしっとり (キュレル)

キュレル 化粧水 I ややしっとり 【医薬部外品】(キュレル)

販売価格(編集部調べ):1,800円(税込)
内容量:150ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
乾燥性敏感肌を考えて開発された、キュレルの化粧水。消炎成分によって肌荒れを防ぎながら、ユーカリエキスなどの保湿成分が角層深部まで浸透し、かさつきを繰り返す敏感肌もみずみずしく保ってくれます。無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性タイプで、アレルギーテスト、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
好みの使用感に合わせて、3タイプからチョイスできます。さっぱり仕上げたいならⅠを、しっとりもっちりさせたいときはⅢを選んで。保湿力が高いので、しつこい乾燥肌もしっとり。敏感肌でも心地よく使えるでしょう。とくに乾燥が気になるときは、重ねづけすると良いです。

ホワイトバーチモイストウォーター(AMRITARA(アムリターラ))

ホワイトバーチモイストウォーター(AMRITARA(アムリターラ))

販売価格(編集部調べ):4,212円(税込)
内容量:120ml

おすすめの理由
栄養分が多いため安定性が悪く加熱殺菌されがちなシラカバ樹液を、非加熱で配合した化粧水。シラカバ樹液はアミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなど、肌のうるおいキープや年齢肌にうれしいパワーに満ちています。独自の厳しい基準で成分を選んでいる上、精油を使用していない低刺激設計。密封レフィルパックを切らずにボトルにそのままセットする構造なので、中身が空気にほとんど触れずフレッシュな状態で使えます。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
しっとりもっちり肌になるのに、べたつきません。角質細胞の1つ1つが水分でいっぱいになったようなうるおい感に満足できるので、冬はとくに重宝します。シラカバ樹液やヒアルロン酸Naなどの保湿成分でうるおいが長く続く上、植物エキスのバランスによって防腐剤などはフリー。敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。

リッチローション(セルヴォーク)

リッチローション(セルヴォーク)

販売価格(編集部調べ):8,640円(税込)
内容量:150ml

おすすめの理由
アナツバメ巣エキスという保湿とエイジングケアに優れた成分を配合。さらに、独自成分・セルアクティブコンプレックス、オーガニック植物エキスが入っていて、ハリとツヤのある肌へ導いてくれる化粧水です。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
化粧水のあとのケアを忘れてしまいそうなほど、濃密なうるおい感。肌のキメが整い、みずみずしく透明感あふれる肌になります。ぷるんとした肌になり、乾きにくい状態が続くのを感じられました。普段のお手入れでは、うるおいに満足できなくなってきた方におすすめです。

ヒーリングローション(Larネオナチュラル)

ヒーリングローション(Larネオナチュラル)

販売価格(編集部調べ):3,186円(税込)
内容量:120ml

おすすめの理由
ヘチマ水や沖縄月桃をベースに、水さえ無添加の100%自然成分の化粧水。防腐剤、界面活性剤、合成香料無添加、パッチテスト済みで、敏感肌でも使いやすいです。昔から民間伝承として美容などに用いられてきた植物由来成分の力で、うるおいで満たしながらハリとツヤやかな透明感をアップさせます。

監修者の写真美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
月桃によってほんのりスッとするので、さっぱり気持ちいい使用感。うるおいは欲しいけれど、べたつかず爽やかな使い心地が好みの方にぴったりです。肌のキメが整ってしっとりし、あとの美容液やクリームの入りがよくなるのを感じます。敏感肌でも乾燥肌でも、透明感のあるすべすべ肌に導いてくれるでしょう。

肌にいい化粧水の使用法

肌にいい化粧水の使用法

基本的には、洗顔→化粧水→美容液→乳液または美容クリームの順に使います。ただし、ブースター美容液など、化粧水前に使って化粧水の入りをよくするものもあるので、使うアイテムの使用法を確認しましょう。ムラなく丁寧に付けないと、化粧水本来の実力を感じられないことがあります。スキンケアをする際は慌てずお手入れをするイメージで取り組みましょう。

1つ1つのアイテムが、肌になじんだことを感じてから次のステップに進むのもコツ。乾燥がひどい場合は、化粧水を重ねづけしたり、ムラにならないようコットンで付けたりするのもポイントです。肌が乾燥や敏感な状態の方は、肌がデリケートになっているので、手やコットンで肌をこすらないように注意しましょう。コットンで化粧水を塗る場合は、コットンの品質や使い方による影響もあるので、なるべく手でやさしくつけるようにしましょう。

まとめ

肌にいい化粧水の条件は、肌に刺激がなく、しっかりと保湿できていることがポイント。低刺激であるかどうかは、製品のコンセプトなども参考にしても良いですが、自分の肌に合っているかを見極めることが重要です。化粧品によるトラブルが多い方や不安な方は、事前にパッチテストをするようにしましょう。

あわせて読みたい

肌荒れ対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

スキンケアの基本の他の記事を読む