スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌におすすめの化粧品

敏感肌の人が化粧下地を選ぶポイントは?

更新日:2018/03/02 公開日:2018/01/30

杉本由美

この記事の監修専門家

美肌研究家・ライター

杉本由美

敏感肌の方はスキンケアやメイクアイテムもなるべくお肌への負担が少ないものを選んでいるという方が多いのではないでしょうか。ではメイクアイテムはどうでしょうか。実はメイクアイテムにおいては外部刺激からお肌を守る機能に加えて保湿効果が高いものなどを選ぶことが敏感肌の悪化を防ぐことにつながるのでおすすめなのです。今回は私が敏感肌の人が化粧下地を選ぶポイントを確認し、敏感肌対策のためのおすすめ化粧下地をご紹介します。

敏感肌とは

敏感肌とは

免疫の低下やストレスなどといったさまざまなことが原因となり肌が敏感になり、ちょっとした外部刺激や化粧品などに反応してダメージを受けてしまう状態の肌のことを敏感肌といいます。特に季節の変わり目、空気が乾燥している冬は角質層のバリア機能も低下しがちで、ちょっとした刺激にも反応したり、肌トラブルも起こしやすい状態といえるのです。

敏感肌の人が化粧下地を選ぶポイント

敏感肌の人が化粧下地を選ぶポイント

角質層の水分保持力や皮脂量が不十分となり少しの刺激にも反応してしまうのが敏感肌なので、乾燥を防ぐ保湿ケアが必要となります。だからこそスキンケアアイテムだけでなく化粧下地もなるべく保湿効果が高く刺激となる成分が配合されていないものを選ぶことをおすすめします。

敏感肌対策のためのおすすめ化粧下地

敏感肌対策のためのおすすめ化粧下地

ここでは敏感肌対策のためのおすすめ化粧下地をご紹介します。

アレルバリア エッセンス(d プログラム)

アレルバリア エッセンス(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:40mL

SPF40・PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
花粉、ちり、ほこり、乾燥などの刺激からお肌を守る機能を持つ日中用クリーム。ちょっとした外部刺激にでも反応してしまう敏感肌にはこうしたブロック機能があるアイテムを使ってみるのも良いかも。クリームなのでうるおいも長時間キープと保湿力にも満足できるはず。石けんで落とせたり、赤ちゃんの肌にも使えるほどの優しい処方がおすすめできる理由です。
使ってみた感想
みずみずしく肌にもなめらかにのびて薄づきなのも特徴的。薄づきでも保湿効果があるせいか、つるんとキメの整ったお肌に仕上がりますよ。そのあとのファンデーションもキレイになじんでくれるのでメイクのりを良くしてくれることにも期待がもてるアイテムです。

薬用モイスト&カバーベース(マキアレイベル)

薬用モイスト&カバーベース(マキアレイベル)

販売価格(編集部調べ):3,542円(税込)
内容量:20g

おすすめの理由
コラーゲンでコーティングされた紫外線カット成分や、紫外線ダメージケアとなるローズマリーエキスが配合されているので外部刺激のケアも考えられているアイテム。さらには51種からなる美容成分のスキンケア効果により敏感肌の乾燥しがちなお肌にうるおいを与えてくれますよ。
使ってみた感想
テクスチャーはのびが良くお肌のうるおいは感じられるのにベタつかない。保湿効果が高いせいか乾燥小ジワまでしっかりカバーし、くすみも瞬時に補正してくれますよ。保湿力だけでなくメイクの仕上がりの美しさを持続させてくれる安定したキープ力も魅力のひとつ。

ノブ ベースコントロールスムースUV(NOV)

ノブ ベースコントロールスムースUV(NOV)

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:30g

おすすめの理由
気になる肌トラブルからしっかりカバーしてくれる低刺激性アイテム。毛穴や小ジワなどの凹凸もナチュラル肌に仕上げてくれる質感補正効果で下地としてのカバー力も高いというのもさらなる魅力ですよね。また紫外線吸収剤は不使用なうえ石けんで落とせるので敏感肌の方におすすめできる低刺激性アイテムです。
使ってみた感想
のびが良く毛穴や小ジワの凹凸もなめらかに補正してくれ、うるおいもアップするのでみずみずしい透明感あるお肌に仕上がります。乾燥により粉っぽくなりがちだったお肌も、たったひと塗りでうるおいあるツヤ肌に見せてくれるはず。

スキンバランシングベース(ナチュラグラッセ)

スキンバランシングベース(ナチュラグラッセ)

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:25mL

SPF31 PA++

詳しくはこちら

おすすめの理由
オーガニック思考の方におすすめの石けんでも落とせるスキンケア発想のメイク下地。成分に配合されているのは肌のキメを整える美肌効果が期待できる「大豆」。また、ブルーライトカット機能が備わっていること。紫外線だけでなくブルーライトも肌老化の原因となると言われているのでこの機能は要チェックしたいところですよね。
使ってみた感想
とろみのあるテクスチャーはまるで美容液を連想させるよう。しっとり保湿されるうえキメも整えてくれるのでメイクのりもアップ。濃密なうるおいのせいか、お肌をワントーン明るく感じさせ、くすみが気にならないツヤ肌に仕上げてくれますよ。

キュレルBBミルク(明るい肌色)(キュレル)

キュレルBBミルク(明るい肌色)(キュレル)


内容量:30mL

SPF28・PA++

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み *すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
おすすめの理由
うるおいある健康なお肌を保つために必要なセラミドを効果的に補い、保湿しながら色ムラなどをカバーしてくれるアイテム。薄づきのタイプなのでお肌への負担は少なく、仕上がりも軽く自然でまるで素肌のような肌に。うるおい不足なお肌をセラミドで補いながら下地としては軽めのカバーでお肌に優しく、敏感肌の方も使いやすいのではないでしょうか。
使ってみた感想
のびが良いうえ軽いつけ心地なのにお肌をなめらかに見せてくれるカバー力も。セラミドが配合されているため保湿力の持続で夕方のくすみを軽減させてくれることにも期待がもてます。乾燥によりお肌が敏感になりやすいこれからの季節に使えるアイテムですよね。

ケイスキンバリアUVベース(ドクターケイ)

 

ケイスキンバリアUVベース(ドクターケイ)

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:30g

SPF30・PA+++

おすすめの理由
皮膚医療の現場の目線から日常に潜んでいるいつのまにか老化の原因となる大気汚染やブルーライトなどの外部刺激からブロックするUVベースをご紹介します。これ一本で美容液、日焼け止め、下地効果として多機能性をもつアイテム。さらにセラミドなどの高い保湿効果が期待できる成分も配合されているので乾燥からなる敏感肌にもうるおいを与えてくるはずです。
使ってみた感想
ホイップクリームのようなふわふわの軽いつけ心地なのに、お肌のトーンを補正してくれる効果があるので色ムラをカバーして明るい仕上がりに。セラミドなどが配合されていることから保湿効果の持続にも期待ができるのでメイク崩れも防いでくれますよ。

敏感肌の人が化粧下地を塗るときのポイント

敏感肌の人が化粧下地を塗るときのポイント

多くつけすぎず薄くのばすようにしましょう。またお肌をこすらないように優しく肌になじませるようにしてください。強くこすることで摩擦を与えてしまうとお肌が刺激を受けたと感じてしまい赤くなってしまったりする場合もあるので注意が必要です。

まとめ

敏感肌の人が化粧下地を選ぶポイントは?のまとめ

少しの刺激にも反応してしまうのが敏感肌の特徴です。下地を選ぶ時もお肌に優しく保湿効果の高いものをチョイスしたり、塗るときも摩擦などによる刺激を与えないようにするなどちょっとした工夫をすると敏感肌を少しでも改善することに繋がるはずですよ。

あわせて読みたい

敏感肌におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

敏感肌の他の記事を読む