スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌におすすめの化粧品

敏感肌にはCCクリーム・BBクリームどちらがおすすめ?

更新日:2018/03/02 公開日:2018/02/22

乾燥や紫外線が気になる敏感肌の人は、化粧品を選ぶのも大変。なんといっても肌に合わない化粧品を選ぶと肌トラブルの原因になりかねません。特に、ベースメイクは直接肌に触れるものだからこそ、しっかりと知識をつけて自分にぴったりのものを選びたいところ。そんなベースメイクとして使われるものに、CCクリームとBBクリームがありますが、敏感肌の人にはどちらのクリームが良いのでしょうか?

そこで、この記事ではCCクリームとBBクリームの違いや特徴、敏感肌の人におすすめのクリームをご紹介していきます。

CCクリームとBBクリームの違い

CCクリームとBBクリームの違い

CCクリームもBBクリームも、メイクのときに下地としてもファンデーションとしても使えるので便利なアイテムです。しかし、CCとBBの違いは何なのでしょうか?しっかりと違いを知らないで使っているという人も多いでしょう。BBクリームとCCクリームの性能を十分に活かすためには、それぞれのクリームの特徴や使い方を知っておく必要があります。

実は、どちらのクリームにも明確な定義はありません。どちらもベースメイクに変わりはありませんが、CCクリームとBBクリームの違いをひとことでいうと、メイクの「仕上がり」にあるといえるでしょう。BBクリームはカバー力に期待できるクリームです。一方、CCクリームはカラーコントロールに特化させた製品が多く見られます。

では、具体的にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

CCクリームの特徴

CCクリームの特徴

CCクリームは、BBクリームの反響を受けて化粧品会社が独自開発したクリームです。メイクを意識して作られていますので、BBクリームのようにカバーや補修力に期待するというよりもクリームのベタ塗り感が抑えられ、肌になじんでナチュラルで美しい肌質感に仕上げることができるのが特徴です。光の反射や肌色補正によって素肌を美しく見せ、メイクアップ効果の高いクリームです。

ナチュラルメイクでCCクリームを使うときは、クリームを塗った後に上から軽くパウダーをのせることでメイク落ちを防ぐことができます。CCクリームだけではメイク落ちの心配がありますのでご注意を。また、化粧下地として使うときには、ファンデーションを上から重ねることでしっかりとメイクに仕上げることができます。肌の色ムラが消え、美しく透明感あるナチュラルな素肌を演出するでしょう。

BBクリームの特徴

BBクリームの特徴

BBクリームは化粧下地としての機能はもちろん、ファンデーションやコンシーラ、美容クリーム、日焼け止めとしての機能も備えている「オールインワン」が売りのクリームです。ダメージを受けた肌を保護・補修したり、UVなどの外部からのダメージから肌を守ったり、肌をきれいに見せるカバー力が特徴となっています。

CCクリームと同様に下地として使えるだけでなく、ファンデーションとしても使うことができるので、BBクリーム1本でシミやシワなどのカバーも可能です。さらにメイクにかける時間も短縮できるとあって、さまざまな魅力を持っています。

BBクリームはテクスチャーがやや重め。ムラにならないように手でよく伸ばしてから塗ることが大切です。BBクリームだけを使う場合はクリームの色がそのまま肌の色になりますので、自身の肌の色に合うものを使うように注意しましょう。

敏感肌にはどちらのクリームがおすすめ?

敏感肌にはどちらのクリームがおすすめ?

メイクアイテム選びで重要なことの一つは、「自分の肌に合っているか」ということです。スキンケア効果やメイクアップ効果がいかに高くても、肌に合わないものを使っていると肌への負担は蓄積していきます。肌に合うかどうかは特に敏感肌の人には重要なので、外的な要因や効果ばかり気にするのではなく肌との相性にも注目する必要があるでしょう。では、敏感肌の人にはCCクリームとBBクリームのどちらが良いのでしょうか?

敏感肌の人にチェックしてもらいたいのが商品のテクスチャーです。硬いテクスチャーのものは伸びもそれほど良くないので、ただ使うだけで肌に負担をかけてしまうこともあります。BBクリームはカバー力に長けているので、硬めのテクスチャーのものもあります。

したがって、敏感肌の人はテクスチャーとの相性をしっかりと確認する必要があります。しかし、BBクリームの保湿・日焼け防止効果を考えると乾燥や日光などによる外的刺激をカバーしてくれますので、BBクリームは敏感肌の人にはおすすめできない、というわけではありません。

一方、CCクリームはBBクリームよりも緩めのテクスチャーですので、肌への負担の軽減が期待できます。しかし、カバー力という点ではBBクリームより弱めです。したがって、CCクリームは好みのカラーや使い心地が良さそうなものを選んでいいでしょう。美容成分については、両方によく使われているので、一概にどちらが良いとはいえません。BBクリーム、CCクリームのどちらもメーキャップ化粧品です。自分の肌と魅せたいメイクによって選ぶことがポイントです。

敏感肌におすすめのクリーム

メイクで悩みを抱える敏感肌の人にとって一番気になるのは、「敏感肌でも使えるクリームはどれか」ということでしょう。そこで、敏感肌におすすめのクリームをご紹介していきます。

ミネラルベース CC(インテグレート)

ミネラルベース CC(インテグレート)

販売価格(編集部調べ):1,080円(税込)
内容量:20g

SPF30・PA+++

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。ニキビのもとになりにくい処方(すべての方にニキビができないというわけではありません)
おすすめの理由
乳液状でのびが良く、少量を薄くのばすだけで肌が一段明るくなります。すっぴんのようなナチュラルなツヤ美肌を演出できます。毛穴や肌の凹凸も自然に目立たなくなる気がします。
使ってみた感想
肌に薄く伸ばすだけで、透明感のあるツヤ肌にしてくれます。数種類のパールの光が、肌の凹凸やシミ、くすみ、ニキビ跡などをナチュラルに目立たなくしてくれます。ベタつかず、ほどよい保湿力があり、肌荒れもしませんでした。

ミネラルベース BB(インテグレート)

ミネラルベース BB(インテグレート)

販売価格(編集部調べ):1,080円(税込)
内容量:20g

SPF30・PA+++

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。ニキビのもとになりにくい処方(すべての方にニキビができないというわけではありません)
おすすめの理由
緩めのクリーム状で、肌にのせると自然になじみます。軽く指でポンポン叩きながら広げてつけていくと、ナチュラルにきれいな肌へと整えてくれるでしょう。シミやニキビ跡をしっかり隠したい場合は別にコンシーラーを使うといいかもしれません。
使ってみた感想
薄づきタイプのミネラルBBクリームです。SPF30でPA+++なので日焼け防止効果も期待できます。肌の色ムラや凹凸をカバーしながら肌をきれいに見せてくれる日焼け止めクリームという印象。肌にのせたときに肌なじみが良くつけている感じがしない軽いつけ心地のクリームです。

キュレルBBクリーム(キュレル)

キュレルBBクリーム(キュレル)


内容量:35g

SPF28・PA++

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーや皮ふ刺激がおきないというわけではありません。)
おすすめの理由
クリーム状のテクスチャーで、肌をしっかり保湿しながらシミ、ニキビ跡、肌の凹凸をカバーしてくれます。色は濃い目で、BBクリームの中でもカバー力があるでしょう。肌をしっかり保護してくれる安心感があります。
使ってみた感想
無香料で紫外線吸収剤不使用の肌にやさしいBBクリームなので、肌荒れをおこしているときでも使えるのが嬉しい!肌の赤みはもちろん、凹凸もしっかりカバーしてくれます。しっかりファンデーションを塗っているようにも見えます。SPF28でPA++なので、日常生活レベルであれば日焼け止め効果もバッチリです。

ピュアミネラル CC ブライトアップ(メイベリン ニューヨーク)

ピュアミネラル CC ブライトアップ(メイベリン ニューヨーク)

販売価格(編集部調べ):1,512円(税込)
内容量:30mL

SPF37・PA+++

おすすめの理由
乳液とクリームの中間のようなテクスチャーで、伸びも比較的良いです。2種類の保湿成分が肌を乾燥から守りながら、透明感のある肌に仕上げてくれます。つけた感じもとても軽いので、肌にのせたときの負担を感じません。洗顔料だけでメイクオフできるので、時短でクレンジングしたい人にオススメです。
使ってみた感想
肌にさっと塗るだけで色ムラ補正カプセルが弾け顔色がパッと一段明るくなります。全体的に塗ると透明感のあるツヤ肌を演出できます。石鹸で洗顔するだけでクレンジングできるところも、肌に余計な負担をかけないですむので気に入っています。

アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)

アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:40mL

SPF40・PA+++

詳しくはこちら

アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。ニキビのもとになりにくい処方(すべての方にニキビができないというわけではありません)
おすすめの理由
花粉、ほこり、チリなどのアレルギーのもとになる微粒子から肌を守り、紫外線吸収剤不使用のデリケートな肌でも安心な処方です。肌につけたときの伸びも良く、つけている感じがあまりしません。SPF40、PA+++なので太陽の日差しからも肌をしっかり守ってくれます。肌の状態が不安定なときにも安心して使えます。
使ってみた感想
薄い透明なベールで肌全体をラッピングしてくれるようなつけ心地です。肌を包み込んで、外部から守ってくれるような安心感があります。まるでお風呂上がりの潤い肌に見えます。刺激も感じず、肌にのせたときの伸びも良いです。乾燥しにくいので、シワなどが目立ちにくい気がしました。

まとめ

敏感肌にはCCクリーム・BBクリームどちらがおすすめ?のまとめ

CCクリームとBBクリームの特徴を知り、商品のテクスチャー、スキンケア成分をしっかりチェックすることが、敏感肌の人にはとても大切です。塗り方にも注意しながら、少しでも肌に負担をかけない、自分の肌にぴったり合ったクリームを探してみましょう。

あわせて読みたい

敏感肌におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

敏感肌の他の記事を読む