スキンケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

頭皮のかゆみはシャンプーを変えれば改善する?原因と対策方法

更新日:2018/12/25 公開日:2018/05/15

頭皮がなんだかかゆい。ふと気づくと、仕事中にポリポリと頭皮をかいている。このような経験はありませんか?頭皮のかゆみには、毎日のシャンプー(洗髪)が関係していることも多いです。その原因と使用するシャンプー剤、シャンプー方法を見直すことで頭皮のかゆみを抑える対策と方法についてみていきましょう。

シャンプーを変えることで頭皮のかゆみを抑えることもできる

今使っているシャンー剤が原因で頭皮のかゆみが起きている場合、シャンプーを変えるだけでも頭皮のかゆみが改善する可能性が考えられます。シャンプー剤や洗髪方法が原因であるかを見極めるには、使用しているシャンプー剤を確認して、正しい洗い方を実践してみる必要があります。まずは、頭皮にかゆみが出る原因からチェックしていきましょう。

頭皮のかゆみは何が原因?

頭皮のかゆみの原因はさまざまなことが考えられますが、主なものとして以下があげられます。

  • 過剰な皮脂
  • 頭皮の乾燥
  • シャンプー剤によるアレルギー
  • シャンプー剤による刺激

また、アトピー体質の方だとアトピーの症状として頭皮のかゆみが出ていることも考えられます。主に上記4つについて、頭皮のかゆみを起こすメカニズムを見ていきましょう。

過剰な皮脂や古い皮脂が残っている

皮脂は皮膚にとって必要なものですが、過剰に分泌されたり、古くなった皮脂をいつまでも皮膚に残しておくと悪い影響を与えてしまいます。皮脂の分泌量は人それぞれですが、分泌される皮脂が多いと、それが雑菌の繁殖につながることがあります。人間の皮膚にはマラセチアというカビをはじめ、常在菌といわれる常に住み着いている菌がいます。常在菌の中には皮脂を好むものがあり、皮脂が多い環境下で異常繁殖するのです。

異常増殖した菌の出す代謝物は、皮膚の炎症の原因となるといわれています。皮膚が炎症を起こすとかゆみなどを生じることから、皮脂の過剰分泌が頭皮のかゆみにつながる可能性があるのです。

なお、皮脂の過剰分泌はストレスなどによるホルモンバランスの乱れや、栄養バランスの乱れ、寝不足などの生活習慣の乱れが関係している場合があります。また、髪の洗い方が間違っていて皮脂や汚れを十分に落としきれていないことなども、頭皮のかゆみの原因となります。

頭皮の乾燥

肌が乾燥しているとかゆくなるという経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。たとえば、空気の乾燥する冬場にお風呂から上がり、保湿ケアを行わずにいたらすねが乾燥してかゆくなる、というようなことです。頭皮も皮膚の一部ですから、乾燥すればかゆくなることがあります。

皮膚が乾燥すると、外部の刺激から皮膚を守っているバリア機能が低下します。すると、シャンプーなどの外部からの刺激によって湿疹や皮膚炎などを発症しやすくなり、かゆみを生じることがあるのです。

なお、頭皮の乾燥はパラパラとした細かい乾性フケの原因にもなります。

アレルギーやシャンプーの刺激

シャンプーに含まれるなんらかの成分が刺激となり、皮膚が炎症を起こすこともあります。また、シャンプーの成分に対するアレルギーを持っている場合、その物質によってアレルギー性の皮膚炎を起こして頭皮にかゆみが出る可能性も考えられます。

アレルギーの原因物質は人それぞれです。アレルギーというと、花粉や金属などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、どのような物質であってもアレルギーの原因になる可能性は考えられます。また、アレルギーを持っていなくても体質や体調などによって、シャンプーなどの成分が刺激となり、一時的に皮膚が炎症を起こすこともあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の場合、皮脂分泌量が少なく肌が乾燥しやすいため、バリア機能が低下している場合が多くなります。それにより、外部からの刺激にも敏感になっている状態です。

なお、アトピー性皮膚炎は子供のころに発症する病気で、成長にしたがって改善されることもあります。一方で、最近では子供のころにアトピー性皮膚炎だった方が、一旦症状が改善したのに大人になって再燃したり、成長しても改善しなかったりというケースも増えているといわれています。

アトピー性皮膚炎は、大人の場合は顔のほか、上半身を中心に耐えがたいかゆみなどの症状が出る傾向にあります。体質が関係していることが多く、スキンケアを中心とした症状のコントロールが大切な病気です。もし、子供のころアトピー性皮膚炎だった方で、頭皮や上半身が我慢できないほどかゆいという場合は、早めに病院で診てもらいましょう。

頭皮のかゆみ改善のポイント

頭皮にかゆみがあり、アトピー性皮膚炎ではない場合、改善するためのチェックポイントは主に2つです。

  1. シャンプー(洗髪)方法の見直し
  2. シャンプー剤の見直し

では、具体的にどのような点を見直すとよいのでしょうか。まずは、洗い方の見直しポイントからご紹介します。

シャンプー方法を見直す

普段何気なく行っているシャンプー(洗髪)ですが、自分に合ったシャンプー剤を使っていても、洗い方や方法を間違っているとすすぎ残しが出て頭皮のかゆみを招いたり、頭皮の乾燥を招いたりすることがあります。コストもかけずにすぐできるため、まずは洗い方を見直すことをおすすめします。

シャンプーの仕方でよくある間違いポイントとして、以下があります。

  • ガシガシと爪を立てて頭皮をこする
  • すすぎの時間が短い、もしくは全体をすすげていない
  • 上記に気をつけながら、正しいシャンプーの方法をチェックしましょう。
正しいシャンプー方法
  1. 髪の毛を全体的にブラッシングする
  2. ぬるま湯で1分くらいかけて予洗いする
  3. シャンプーを手のひらで泡立て、頭皮になじませる
  4. 指の腹で頭皮をマッサージするようにシャンプーで洗う
  5. 予洗いの倍くらい時間をかけ、ぬるま湯ですすぎ残しがないように流す

髪の毛を洗う前のブラッシングと予洗いで、髪や頭皮の汚れは半分以上落ちるといわれています。シャンプーの泡立ちもよくなるので、たっぷりと時間をかけて予洗いしましょう。

また、特に後頭部や生え際、耳の後ろなどがすすぎ残しの出やすい部分です。5番のすすぎのステップでは、頭を下げたりシャワーの当て方を変えたりしながら、すすぎ残しのないようにしっかり流しましょう。

シャンプー後はできるだけ早くドライヤーを
髪を洗った後は、できるだけ早く髪を乾かすことも大切です。頭皮や毛髪が湿った状態が長く続くほど、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。今までは髪が傷むからと自然乾燥させていた方も、ドライヤーを使って手早く乾かすことをおすすめします。
ドライヤーで髪を乾かすときは、髪の根元をまず乾かしましょう。このとき、特に乾きにくい後頭部は少し下を向いてドライヤーを当てると乾かしやすくなります。また、髪の半ばから毛先にかけては、前から風を当てたり、手ぐしで髪を軽く引っ張りつつ上から風を当てたりしながら乾かすと、まとまりやすくなります。

ここで気をつけたいのは、乾かしすぎです。完全に乾かしきってしまうと、それは乾燥につながってしまいます。毛髪は8割から9割くらい、しっとりとしたうるおいを残す程度にとどめておきましょう。

シャンプー剤を見直す

前述した正しいシャンプー方法と髪の乾かし方をしばらく実践しても頭皮のかゆみが改善しない場合、シャンプー剤が頭皮に合っていない可能性も考えられます。そのため、シャンプー剤自体の見直しもおすすめします。

シャンプーには、汚れや皮脂を落とすための洗浄剤が配合されています。皮脂はすっきりと落とせたほうがよいと考える方も多いかもしれませんが、実は落とせばよいというものでもありません。皮脂には、皮膚から水分が蒸発するのを防ぎ、肌を守る役割があるのです。

洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使っていると、必要な皮脂まで取り去られて肌の乾燥を招きます。頭皮に適度なうるおいを残すためにも、シャンプー剤選びは重要なのです。

では、どのようにシャンプーを選べばよいのでしょうか。具体的な選び方を次にご紹介します。

自分の頭皮に合ったシャンプーの選び方って?

シャンプーは、誰もがこれを選べば間違いないといったものはありません。頭皮の状態は人によって異なるため、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切なのです。自分に合ったシャンプーを選ぶためにチェックしたいのが、配合されている洗浄成分です。

洗浄成分をチェック

シャンプーは、配合されている洗浄成分によって洗浄力や頭皮への刺激に差が出てきます。大まかに分けると、洗浄成分は3種類に分かれます。

高級アルコール系
ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなどの成分名が成分表示の前のほうにあれば、高級アルコール系のシャンプーです。高級アルコール系の洗浄成分は、泡立ちがよい一方で洗浄力や頭皮への刺激が強い傾向にあります。そのため、特に頭皮が乾燥している場合に使うとさらに頭皮の乾燥を招く可能性もあります。
石けん系
石けん素地などの成分名が成分表示の前のほうにあれば、石けん系のシャンプーと言えるでしょう。石けん系のシャンプーは高級アルコール系のシャンプーよりは刺激が弱い傾向がありますが、脱脂力が強く洗浄力があります。また、洗った後は頭皮や髪の毛がアルカリ性に傾くものが多いため、洗い上がりのギシギシ感が出やすいでしょう。
アミノ酸系
グルタミン酸やベタイン、ココイルといった名前の成分が成分表示の前のほうにあればアミノ酸系のシャンプーと考えられます。アミノ酸系のシャンプーは高級アルコール系や石けん系に比べて洗浄力が弱く、刺激も控えめなものが多くなっています。そのため、頭皮が乾燥している方やアトピー肌、敏感肌の方でも使いやすい傾向があります。

市販のシャンプーは、高級アルコール系のものがほとんどです。お手持ちのシャンプーをチェックしてみて、高級アルコール系のものであればアミノ酸系に変えてみることをおすすめします。

かゆみとフケがあるときは薬用シャンプーも

頭皮のかゆみとともにフケが気になる場合、かゆみや炎症をおさえる成分の配合された薬用シャンプーを試してみるのも1つの選択肢です。

頭皮のかゆみは、前述したように頭皮の常在菌が原因になっている場合もあります。常在菌の生み出す代謝物の刺激で炎症が起きると、かゆみにつながるほかフケも出るようになる場合があるのです。薬用シャンプーには、かゆみやフケの原因となる菌の増殖をおさえる成分や、炎症をおさえる成分が配合されています。そのため、かゆみとフケがある場合の選択肢となりえるのです。

ただし、洗い方を間違えていては、いくら薬用シャンプーを使っていても改善しない可能性があります。シャンプーを変える場合でも、髪の正しい洗い方を同時に実践するようにしましょう。

おすすめシャンプー6選

ZACC|スカルプシャンプー(有限会社トゥーズ)

zaccスカルプシャンプー 有限会社トゥーズ

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ノンシリコン、天然洗浄成分100%で、10の無添加を提唱しています。これにより赤ちゃんや子供でも使用できます。低刺激タイプで、アミノ酸と石けんのハイブリッドシャンプーになっており、有名美容室ZACCの美容師のプロ集団が開発しています。 頭皮の臭いが気になる方、髪をボリュームアップしたい方、地肌ケアをしていきたい方におすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
無色透明でややトロッとしたテクスチャーです。フローラルブーケの香りは、石けんのような爽やかな香りですごくリラックスできます。香りが強すぎこともなく、ほのかすぎでもなく、丁度いいバランスでした。シャンプーを流した後は少しきしみます。これは石けんが洗浄成分になっているからだと考えらます。男性やショートヘア~ボブスタイルの女性は問題無い程度ですが、髪の長い方はコンディショナーやトリートメントが必要そうです。もちろんアミノ酸系の洗浄成分やポリクオタニウム系の質感向上成分も配合されているので、できるかぎり、きしみも軽減されてはいます。アミノ酸シャンプーの洗浄力の弱さをカバーしているので、すごくスッキリした洗い上がりです。

チャップアップシャンプー(ソーシャルテック)

チャップアップシャンプー ソーシャルテック

販売価格(編集部調べ):4,180円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
個人的には本気で頭皮環境のことを考えるのであれば、ラウリル硫酸Naが配合されていないシャンプーを選んだほうが良いと思います。こちらのシャンプーはラウリル硫酸Naが含まれていないこと、5種類のアミノ酸系成分を絶妙なバランスで配合することにより、洗浄力の強い石油系洗浄剤に頼らなくても、強すぎず弱すぎない適度な洗浄力を実現させていると思われます。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
とろみのあるテクスチャーで褐色透明です。香りはすこし甘めな香りです。泡立ちは一般のシャンプーより若干物足りない感じですが、これはアミノ酸系の洗浄成分しか配合していないため、どうしてもマイルドな泡立ちになってしまうかもしれません。気になる方は、泡立てネットや泡立て器を使用するのがおすすめです。しかし、洗浄力がやさしいので頭皮への刺激はありません。シャンプー後に髪を手で触っても、特にきしみやパサつきは気になりませんでした。

リンレン レメディアル|シャンプー ミント&レモン(ビーバイ・イー)

リンレン レメディアル シャンプーミント&レモン ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,998円(税込)
内容量:400ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
手にとると粘度の高いねっとりとしたテクスチャーです。香りはミントとレモンの爽やかなアロマの良い香りです。泡立ちはいいですが、泡が持続しない印象がありました。すすぎにかなり時間がかかりました。洗ってすぐは少しきしむ感じがしましたが、乾かしてみると、とてもやわらかく、サラサラで軽い感じです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
シリコンでなく各種植物エキスで髪を整える、ボタニカルなシャンプーとなっています。アミノ酸洗浄成分のなかでも洗浄力が強いサルコシン系をブレンドした、頭皮への優しさと洗浄力のバランスをとった洗浄成分となっています。石油系界面活性剤を無使用、ノンシリコン、着色料不使用の7つの無添加が特徴のシャンプーです。敏感肌の方やフケ・かゆみが出やすい方におすすめです。

アルガンK2シャンプー(イッティ)

アルガンK2シャンプー イッティ

販売価格(編集部調べ):5,200円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
無色透明で、無臭のさらりとしたテクスチャーです。手にシャンプーを1プッシュとって泡立ててみましたが、個人的には洗浄効果の低いアミノ酸系シャンプー特有の泡立ちにくさを感じました。泡だて器を使用すると問題ないです。洗髪時や洗髪後に頭皮がヒリヒリしたり、赤くなるなどの刺激はありませんでした。洗髪後に髪を手で触っても、まったくきしみやゴワゴワ感などはほとんど感じませんでした。凄くしっとりしており、トリートメントやコンディショナーを使用しなくても問題ないないくらいです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
アルガンオイルには、弱った頭皮や毛根に効果的な不飽和脂肪酸がふんだんに含まれています。不飽和脂肪酸は人の体に必要な必須脂肪酸の一つです。ビタミンEも豊富に含んでいますので、頭皮の血行促進・細胞の活性化・老化防止などの効果も期待できます。アルガンオイルをシャンプーに配合することで、汚れに吸着し優しく洗いあげる効果があります。頭皮を傷めることなく、汚れを落とすので抜け毛予防におすすめです。

マイナチュレ|スカルプシャンプー(レッドビジョン)

マイナチュレシリーズ スカルプシャンプー レッドビジョン

販売価格(編集部調べ):3,628円(税込)
内容量:200ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
無添加、ノンシリコン、天然由来成分と3拍子そろっている頭皮にとって余計だと考えられるものは一切入れない処方です。洗浄成分だけではなく”頭皮環境や育毛をサポートするアミノ酸系・オーガニック成分など各種成分をたっぷり配合しており、年齢にともなう、髪の老化が気になっている人におすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
透明でかなりとろみのあるテクスチャーです。アロマの香りで癒しのバスタイムを演出してくれます。ハーブ系ですが特にカモミールのような香りで強い香りが苦手な方でも安心して使えます。ノンシリコンタイプでアミノ酸系のシャンプーですがあまりキシキシせずしませんでした。泡立ちがよくてふわふわでもこもこな洗い心地です。

ママバター|シャンプー ラベンダー&カモミール(ビーバイ・イー)

ママバターシャンプー ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,200円(税抜)
内容量:430ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
すっきりと洗い上げながら、とても低刺激です。さらに、シアバターの潤滑性、防腐剤のマイルドさ、添加洗浄剤によるさっぱり感があります。上品な洗浄剤がベースで、ペリセアを添加することで低刺激でコンディショニング効果が期待できます。頭皮や髪を乾燥から守ってしっとり洗いたい、香りがよくてナチュラル系のコスパがよいヘアケアが欲しいという方におすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
パール色のシャンプーですこしとろみがあります。香りはラベンダーの香りです。強すぎずに優しく包んでくれる感じです。泡立ちもよく、洗い上がりはしっとりしてきしむことはありません。保湿のシアバターが配合されているだけありしっとり感が実感できるシャンプーでした。香りは髪の毛を乾かすとそれほど残らないので、普段の生活では気になりません。

こんなときは皮膚科を受診して

ここまでおすすめのシャンプーや正しい髪の洗い方をご紹介してきました。しかし、これらの方法を1週間ほど試してみても頭皮のかゆみが改善しない場合は、皮膚科で相談することをおすすめします。

頭皮のかゆみの中には、脂漏性湿疹などの病気が関係している可能性があります。自己流のケアが合っていない場合、むやみにセルフケアを続けることでかえって頭皮の症状を悪化させることもありえるのです。

今回紹介したヘアケア方法を行っても改善しない場合は、すみやかに病院で診てもらうようにしてください。

まとめ

頭皮のかゆみは、シャンプーを自分に合ったものに変えれば改善する可能性があります。

しかし、髪の洗い方や洗った後のケアが間違っていれば、いくらシャンプーを変えたところですすぎ残しなどによるトラブルが起きる可能性は消えません。今回紹介したおすすめシャンプーを試してみることとあわせて、正しいヘアケア方法を身につけるようにしましょう。

正しいヘアケア習慣を身につけて、かゆみと無縁の健康な頭皮を目指しましょう。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む