スキンケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

シャンプーは女性用と男性用で違う!お悩み別おすすめシャンプー

更新日:2018/12/25 公開日:2018/04/23

シャンプーを買い替えようと思ったとき、あなたは何を基準にシャンプーを選びますか。

女性用のシャンプーは、香りや仕上がりのタイプのほか、頭皮のお悩みに合わせたシャンプーなど、実にさまざまです。でも、その中から「今の私にぴったりのシャンプー」を見つけたいですよね。

今回は、頭皮や髪の毛に気になるところがある場合を中心に、シャンプーの選び方とおすすめのシャンプーをご紹介します。

頭皮の悩みに合ったシャンプー剤を選ぶことは重要!

30代以上になってくると、なんとなく抜け毛が多くなった気がしたり、髪の毛のハリやコシ、ボリュームがなくなってきたと感じる瞬間が出てくることがあります。

髪や頭皮のお悩みには、加齢のほかに、使っているシャンプーが合わなかったり、ケア方法が間違っていたりとさまざまな要因が関係している可能性があります。身体が出す小さなSOSのサインを見逃していると、やがて薄毛の進行やフケなどにもつながるかもしれません。だからこそ頭皮からのサインを見逃さず早めに対処することが、美しく健康的な髪の毛を維持するコツなのです。

頭皮に合わないシャンプーや間違った洗い方による影響

頭皮や髪の毛のケアにおいて、毎日使うシャンプー選びはとても大切。それは、頭皮に合わないシャンプーを使い続けることが、このようなトラブルを招くことがあるためです。

  • フケ
  • かゆみ
  • 抜け毛

たとえば、シャンプーの洗浄力が強すぎたり、髪の洗い方が間違っていたりすると頭皮の乾燥を招きます。頭皮が乾燥すると、それ以上乾燥するのを防ごうとして皮脂が過剰に出ることがあります。その皮脂を栄養に雑菌が繁殖して頭皮に炎症を起こし、かゆみを引き起こすことがあるのです。その代表的なものが「脂漏性皮膚炎」という病気です。

また、頭皮が乾燥していること自体もかゆみを招いたり、パラパラとした乾いたフケが出やすくなったりする原因になります。

このほか、間違った方法でシャンプーやコンディショナーをし続けていると、頭皮や毛根にダメージを与え、抜け毛の原因につながることがあります。

これらの原因が必ずしもシャンプー剤や髪の洗い方で起きているとは限りませんが、毎日行うケアだけに原因のひとつとして大きな影響となる場合があります。そのため、気になるお悩みがある場合は、シャンプー剤を変えてみることで改善できることも多いのです。

お悩み別にシャンプーを選ぶメリット

かゆみや抜け毛といった悩みが少し気になってきたときは、早めにケアを行うほうがよいのは前述のとおりです。そのような場合に選ぶシャンプーとして、できれば悩みに合わせたシャンプーを選ぶことをおすすめします。たとえば、抜け毛が気になるならスカルプシャンプーを、フケが気になるならフケ対策のシャンプーを選ぶというのもひとつの目安です。

「ちょっと悩みが気になる程度ならそこまでしなくても…」と思うかもしれません。しかし、このような頭皮や髪の悩みに関するシャンプーは、その悩みに特化した成分が配合されていることも多く、症状がまだひどくないうちからのケアにも適していると考えられます。最近では女性用でも頭皮の健康を考えたスカルプシャンプーが出てきています。そのため、お悩みに合わせたシャンプーを女性でも選びやすくなっているのです。

若いころはなんとなく香りでシャンプーを選んでいた、という方も、もし頭皮や髪の毛で気になるところがあれば、そのお悩みに適したシャンプーを選ぶというように視点を変えてみることをおすすめします。では、具体的にはどのようなシャンプーを選べばよいのでしょうか。主に30代以上の女性で増えるといわれる「フケ」「抜け毛・薄毛」「白髪」について、それぞれシャンプーの選び方や対策方法、おすすめのシャンプーをご紹介しましょう。

フケがお悩みの女性のシャンプー選び

ここでは、フケに悩んでいる場合のシャンプーの選び方やおすすめシャンプーをご紹介します。ただし、フケにはパラパラの「乾燥性フケ」と、ベタベタの「脂性フケ」があり、それぞれ原因が全く異なります。

頭皮トラブルは考えられる原因をおさえて対応することが大切なので、まずはそれぞれのフケの原因を簡単におさえておきましょう。

フケが出る原因は?

そもそもフケとは、頭皮の表面の角質がはがれ落ちたものです。角質がはがれ落ちること自体は、人間の皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーの過程で自然と起こります。しかし、ターンオーバーが正常であれば人間の目に見えないほど小さな状態ではがれ落ちるのですが、なんらかの原因でターンオーバーの乱れが生じていると大きくなってからはがれ落ちることがあります。頭皮でこのような大きな角質がはがれ落ちると、フケと呼ばれます。

しかし、フケには前述したように乾燥性フケと脂性フケの2種類があります。なぜこのように見た目の違うフケが出るのでしょうか。それぞれの原因をチェックしましょう。

乾燥性フケ(パラパラとした細かいフケ)
乾燥性フケは、頭皮の乾燥が原因となっています。頭皮の乾燥は、シャンプーのし過ぎや熱いお湯で髪を洗うなどのシャンプー方法の間違いのほか、ヘアカラーなどの薬剤による接触性皮膚炎などが原因になります。このほか、ストレスや栄養バランスの乱れなどによる皮脂量の減少も原因となります。
脂性フケ(ベタベタしたフケ)
頭皮が脂っぽくベタベタしたフケが出る場合、皮脂が必要以上に多く分泌され、それをエサに雑菌が繁殖している状態と考えられます。皮脂の過剰分泌は、食生活の乱れやストレス、頭皮の乾燥などさまざまな原因があげられます。それに加え、髪を洗う頻度が少なかったり、皮脂をしっかり取り去れない間違った洗い方をしていたりといったヘアケア方法の間違いなども原因になります。

では、このようなフケが出る場合、シャンプー選びはどのようにすればよいのでしょうか。

フケが出るときのシャンプーの選び方

乾燥性のフケが気になる場合、皮脂を取る力や刺激がマイルドなシャンプーを選ぶのが第一となります。シャンプーに配合されている洗浄剤は、大まかに3種類に分けられます。その中でもっとも皮脂を落とす力がマイルドなのが「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸を含んだものです。パッケージの裏面を見ると、どのようなシャンプーでも配合されている成分の一覧があります。その中で、前から3~5番目あたりに「ココイル」「ベタイン」「グルタミン酸」などがつく成分が多ければ、アミノ酸系の界面活性剤を主成分としたシャンプーと言えるでしょう。もし乾燥性のフケが出ていて、使用しているシャンプー剤がアミノ酸シャンプー以外のものであれば、アミノ酸シャンプーに変えてみてもよいでしょう。

一方、脂性フケが気になる場合は、脂性肌用のシャンプーを試してみるとよいでしょう。脂性肌用(オイリー肌用)のシャンプーには、過剰な皮脂をすっきりと取り去る効果を期待できます。

ただし、いずれのフケの場合も、シャンプー選びとあわせて「洗い方」の重要なポイントになります。熱いお湯で洗ったり、すすぎの不十分でシャンプー剤が頭皮に残ったりしてしまっては、頭皮トラブルはなかなか改善しない可能性もあります。最後に正しい髪の洗い方もご紹介するので、これから紹介するおすすめシャンプーとあわせてチェックしてくださいね。

抜け毛・薄毛に悩む女性のシャンプー選び

抜け毛や薄毛というと男性のイメージがあるかもしれませんが、実は、女性でも抜け毛や薄毛に悩む方が多くいらっしゃいます。女性の薄毛は、男性のように一部分の毛髪が抜け落ちるというよりは全体的に髪の毛のボリュームが減少する傾向にあります。

そのような女性の薄毛はなぜ起きるのでしょうか。原因と、抜け毛が気になる場合におすすめのシャンプーをご紹介します。

抜け毛・薄毛の原因は?

女性の薄毛や抜け毛は、一時的なものも含め、さまざまな原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ダイエットなどによる栄養バランスの乱れ
  • ヘアケア方法の間違いによる頭皮や毛根のダメージ
  • 頭皮の日焼け
  • ストレス
  • 睡眠不足

そのため、一概に「抜け毛が気になるときはシャンプーを変えればよい」とは言えません。しかし、シャンプー剤をより頭皮にやさしいものに変えたり、頭皮の環境を整える作用が期待できるものに変えることが、薄毛改善のサポートになる可能性もあります。

抜け毛・薄毛が気になるときのシャンプー選び

抜け毛や薄毛が気になるとき、シャンプーはできるだけ頭皮や髪の毛に負担をかけないものを選ぶ必要があります。「フケが出るときのシャンプーの選び方」でも紹介しましたが、頭皮に負担が少ないシャンプーとしてアミノ酸系シャンプーがあげられます。「ココイル〇〇」「ベタイン〇〇」などの界面活性剤が配合されたアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

また、これに加えてできれば頭皮ケアに効果を期待できる成分が配合されたシャンプーもおすすめです。最近では女性用のスカルプケアシャンプーも増えてきていますが、そういったものを使用すするのもよいでしょう。スカルプシャンプーという製品も主にアミノ酸系の界面活性剤が使われています。

薄毛や抜け毛の悩みに関しても、頭皮にダメージを与えるような洗い方をしていては、シャンプーを変えても十分な効果を期待できません。ご紹介するシャンプーとあわせて正しい髪の洗い方をチェックし、ご自身の洗い方を見直してみてください。

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー6選

ここでは、毛髪診断士の山口史恵さんがおすすめするフケの対策におすすめのシャンプーをご紹介します。

チャップアップシャンプー(ソーシャルテック)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー チャップアップシャンプー ソーシャルテック

販売価格(編集部調べ):4,180円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
頭皮環境と毛髪について熟知した「毛髪診断士」と「美容師」の共同開発で誕生した「チャップアップシャンプー」。頭皮環境と健やかな毛髪を育むために洗浄剤と植物エキスにこだわり抜いた商品です。洗浄剤では、アミノ酸系の中でも特に低刺激な洗浄成分「コカミドプロピルペタイン」が必要な皮脂を残して余分な皮脂を取り除きます。植物エキスの中では「セージ葉エキス」の抗菌、殺菌、消炎作用で頭皮をやさしくケアするので、敏感肌だけど頭皮のベタつきが気になる方にもおすすめです。さらに、毛髪にうるおいと健やかに育むための植物成分が10種類以上配合されているなど、贅沢な配合です。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
洗浄成分が低刺激なアミノ酸系「コカミドプロピルペタイン」ですが、泡立ちが良くて使いやすいですね。気になるニオイや皮脂を取り除きつつ、「セージ葉エキス」や「ローズマリー葉エキス」など、10種類以上の植物エキスが頭皮をケアしながら、毛髪にうるおいを与えます。香りはフルーティーでシャンプーしてる間、心地良い香りを楽しめます。洗い上がりは根元からフンワリ立ち上がり、広がりや、パサつきも緩和して指通り良くまとまります。頭皮環境と毛髪を健やかなに導く商品ですので、敏感肌、抜け毛やベタつきが気になる方におすすめです。

haru|黒髪スカルプ・プロ(nijito)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー haru 黒髪スカルプ・プロ nijito

販売価格(編集部調べ):3,888円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
頭皮ケア・育毛ケア・白髪ケアにアプローチした「haru黒髪スカルププロ」は、100%天然由来の成分というこだわり抜いたエイジングケアシャンプーです!頭皮ケアとして「沖縄産ハイビスカス」から抽出した植物性ヒアルロン酸とコラーゲンたんぱく質、米ぬかエキス等の美容成分が頭皮に潤いを与えさらに血行促進が期待できる点です。また、育毛へのアプローチが話題の「キャピキシル」と「サクラ葉」を配合。これらの相乗効果も期待できそうです。さらに、白髪悩みに期待される「ヘチマン」を配合するなど、エイジングの悩みにとことんアプローチされたシャンプーです。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
アミノ酸系の中でも洗浄成分のバランスにこだわっているため、泡立ち良く頭皮や毛髪に必要な皮脂は残しながらうるおいを与えて、トリートメントしたように、程良いボリュームを髪に与えながらまとまり良く仕上がります♪香りは万人受けする柑橘系のアロマリラックス効果で、思わずずっとシャンプーしていたい気持ちになりました。頭皮ケア、育毛ケア、白髪ケア、アロマリラックス効果で、1度使用するとマイシャンプーにしたくなるエイジングケアシャンプーです!

アルガンK2シャンプー(イッティ)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー アルガンK2シャンプー イッティ

販売価格(編集部調べ):5,200円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
「奇跡のオイル」と呼ばれているアルガンオイルを贅沢に配合されているアミノ酸系シャンプーです。商品名でもある「アルガンオイル」には、血行サポートが期待できる「オレイン酸」「ビタミンE」「サポニン」が含まれています。これらが毛母細胞に栄養を十分に行き渡らせるため、薄毛悩みのケアも期待できそうです。さらに、洗浄成分には頭皮環境に優しく程よい洗い上がりの「ココイルグルタミン酸TEA」をはじめとしたアミノ酸系界面活性剤が使用されているので、頭皮環境や薄毛、抜け毛で悩む女性の育毛促進を考えたシャンプーです。おすすめめの理由は、植物エキスが14種類配合されていて、その中でもアルガンオイルを最も多く配合されている点。頭皮ケアをしたい方にとっては嬉しいシャンプーだと思います。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
他のシャンプーと比べて、サラリとしたテクスチャーですが、泡立ち良くアルガンオイル配合なのでシャンプーしながらも、毛髪にうるおいを感じました。成分の「ローズマリー葉エキス」には「抗菌作用と保湿作用」があるため、頭皮のニオイやベタつきが気になる方に合いそうです。また、洗い上がりは根元からフンワリ立ち上がるので毛量のボリュームダウンが気になる方にもおすすめです。あと、毛先のまとまりも良かったです!シャンプー自体に香りはほとんど無いので無香料がお好きな方にも使いやすい1本ですね。

スカルプDボーテ|薬用スカルプシャンプー ボリュームタイプ(アンファー)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー スカルプDボーテ薬用スカルプシャンプー ボリュームタイプ アンファー

販売価格(編集部調べ):3,900円(税込)
内容量:350ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
「肌のように頭皮も自分に合わせたケアを!」をコンセプトに掲げ、 女性の頭皮を専門に扱う医師と共同開発された「スカルプDボーテ」。こだわりは、女性ホルモンに着目した「トリプルイソフラボン配合」で、頭皮や毛髪に栄養を与え、ホルモンバランスの影響で引き起こる抜け毛、パサつきなどのトラブルにアプローチ!女性特有のエイジングな悩みに着目したシャンプーです。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
「ホホバ種子油配合」の濃密泡が余分な皮脂は落としつつ頭皮を優しく洗浄し、モイストタイプより洗浄力有り。洗い上がりは根元からフンワリ立ち上がるので毛量のボリュームダウンが気になる方やショートヘアで根元からフンワリ立ち上がりが欲しい方にもお奨めです。

スカルプDボーテ|薬用スカルプシャンプー モイストタイプ(アンファー)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー スカルプDボーテ薬用スカルプシャンプー モイストタイプ アンファー

販売価格(編集部調べ):3,900円(税込)
内容量:350ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
「これからは顔主義から頭皮主義へ」肌のように頭皮も自分に合わせたケアを!と斬新なキャッチフレーズに消費者からの注目を集める「スカルプDボーテ」。先ほど紹介した「女性ホルモンに着目したシャンプー」のモイストタイプです。おすすめの理由は、「ホホバ種子油配合」の濃密泡が、余分な皮脂は落としつつ頭皮を優しく洗浄できるところ。さらに「酢酸DL-a-トコフェロール」という、いわゆるビタミンEが血行にアプローチするので、女性の薄毛悩みにも嬉しいですね。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
使用感はキメ細かな濃密泡が余分な皮脂は落としつつ毛髪を優しく洗浄。「グリチルリチン酸2K」に炎症抑制効果があるので敏感肌、乾燥気味の頭皮の方にも安心してご使用頂けます。洗い上がりは、指通りスムーズで纏まり良くスタイリングしやすい仕上がりに!広がり、パサつき、うねりが気になる方にもお奨めのシャンプーです。

ミノン|薬用ヘアシャンプー(第一三共ヘルスケア)

抜け毛・薄毛におすすめのシャンプー ミノン薬用ヘアシャンプー 第一三共ヘルスケア

販売価格(編集部調べ):1,512円(税込)
内容量:450ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
「潤いを守りつつ、汚れはきちんと落とすこと」をコンセプトに掲げるミノンのシャンプーは、赤ちゃんから、お年寄りの方まで使用できる低刺激製品です。おすすめの理由は、洗浄成分の中でも比較的肌に対して低刺激な「ヤシ油脂肪アシルグルタミン酸TEA液」で、地肌に必要な皮脂を残しながら洗浄できること。さらに有効成分グリチルリチン酸2Kが炎症を防ぐので、敏感肌で地肌のかゆみに悩む方にもピッタリです。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
想像以上な泡立ちの良さで、それでいて決して洗浄力が強すぎず、マイルドな洗い心地。余分な皮脂は取り除き、毛髪一本一本がうるおっていることを実感できるシャンプーです。洗い上がりの指通りも滑らかですのでロングヘアの方にもおすすめのシャンプーで、ご家族でご愛用して頂けます。

白髪が気になる女性用シャンプー選び

年を重ねるにつれて、少しずつ目立ってくる白髪。白髪染めで染めているという方も多いかもしれませんが、白髪が気になるときにシャンプーで対応できることはあるのでしょうか。まずは白髪の原因とメカニズムを簡単にご紹介しましょう。

白髪になる原因は?

白髪は、毛根でメラニン色素が作られにくくなることで起こります。毛髪の色は、毛根にあるメラノサイトでメラニン色素によって作られています。ところが、このメラニン色素を作るうえで欠かせない酵素の働きが弱くなり、メラニン色素を作る力も弱くなると、髪の毛に色が薄くなっていきます。それによって、白いままの髪の毛が生えてくるのが白髪の生えるメカニズム。ちなみに、「白髪を抜くと増える」といううわさもありますが、これは事実ではありません。

一部の例外はありますが、白髪のもっとも大きな原因は老化によって現れることが多くなります。そのほか、ストレスや栄養不足が原因になる場合もありますが、いずれの場合も、残念ながら通常の髪を洗う目的で作られたシャンプーで対処することはできません。シャンプーでできるとすれば、髪の毛を洗いながら白髪染めができるシャンプーやトリートメントを使用し、白髪を自然に染めることです。しかし、使うたびにゆっくりと染め上げていくので、一回でキレイに染めるには白髪染めを使用します。

白髪が気になるときのシャンプー選び

白髪が気になるときは、白髪を徐々に染める染料が配合された「白髪染めシャンプー」を選ぶのが一つの手です。白髪染めシャンプーは、シャンプーで髪を洗うときに徐々に白髪を染めていくもの。市販の白髪染めのようにすぐ染まるわけではありませんが、使うたびに少しずつ白髪が染まっていくので、周囲にもバレにくいのが特徴です。

また、市販のヘアカラーによる白髪染めは髪の毛や頭皮へのダメージが気になるところですが、白髪染めシャンプーはヘアカラーよりもマイルドな成分が配合されていることが多く、頭皮へのダメージも少ない傾向があるといわれています。

ヘアカラーによる白髪染めは、まばらに白髪が生えているときなどケアしにくいこともあります。このようなときに、白髪染めシャンプーやトリートメントが役に立つでしょう。

おすすめの白髪染めシャンプー・トリートメント

シャンプーの正しい使用方法もチェック!

シャンプーの選び方の中でも触れましたが、シャンプー選びと同じくらい大切なのが、髪の洗い方です。髪の洗い方やその後のケア方法が間違っていては、いくら頭皮や髪の毛によいシャンプーを選んでも、ダメージの改善を期待できない場合があります。

毎日行っているシャンプーですが、意外と間違っている部分も多いものです。しっかりと正しいシャンプー方法もチェックしましょう。

正しい髪の洗い方

髪を洗う目的は皮脂や汚れをすっきりと落とすことです。一方で、皮脂を必要以上に取ってしまっては頭皮の乾燥を招く原因になります。また、しっかりとすすぎができず、頭皮にシャンプーが残ってしまうと、そのシャンプーが刺激となって頭皮トラブルが引き起こされます。そのため、頭皮を必要以上に刺激しないようにしながらしっかりと洗うことが大切になります。

正しい髪の洗い方のステップは以下のとおりです。

  1. ブラシで髪をとき、髪のもつれや汚れを軽く取る
  2. 38℃くらいのぬるま湯でしっかりと予洗いをする
  3. シャンプーを手のひらで泡立て、頭皮を中心にシャンプー剤をなじませる
  4. 指の腹で頭皮をマッサージするように洗う
  5. 頭皮全体を洗ったら、ぬるま湯でたっぷり時間をかけながらすすぎ残しのないように洗い流す
  6. 髪の毛を軽くしぼり、毛先を中心にコンディショナーやトリートメントを塗布する
  7. 優しく洗い流す
  8. しっかりとタオルドライする
  9. できるだけ早くドライヤーで乾かす

シャンプーで洗うときには、爪を立ててこすったりしないことと、すすぎのときにぬるま湯を使うことが大切です。すすぎのお湯が熱すぎると、必要以上に皮脂を取ってしまうため頭皮の乾燥を招きます。また、襟足や耳の後ろなどは、洗い残しやすすぎ残しが特に多い部分です。下を向いたりシャワーの向きを変えたりしながら、すすぎ残しのないように洗いましょう。

シャンプー後は、雑菌の繁殖を招かないようできるだけ早く髪を乾かすことが大切です。ドライヤーの前にタオルでしっかり水分を取ることでドライヤーの時間を短縮でき、熱による髪へのダメージをおさえることができます。タオルでポンポンと叩くように髪の毛の水分を取りましょう。

また、ドライヤーで乾かすときも、うなじや後頭部などの乾かしにくい部分は下を向いたりして、手早く乾かしましょう。

あわせて行いたい頭皮マッサージ

頭皮マッサージには、頭皮の血行改善を期待できます。両手の指の腹を耳の後ろあたりに当て、やさしく指圧しながら頭頂部に向かってもみほぐすとよいでしょう。また、頭皮を軽くつかむようにし、痛みのない程度に前後に動かすのもおすすめです。

頭皮マッサージはお風呂に入っているときやシャンプー時に限らず、リラックスしているときに行うことをおすすめします。

まとめ

年齢を重ねるにつれて現れやすくなる、抜け毛や白髪といった頭皮の悩み。このような悩みには、悩みに適した女性用のシャンプーを上手に活用し、早めに対処することがおすすめです。まだ少し気になる程度だから、と先延ばしにせず、気になる頭皮の悩みがあれば、今回紹介したシャンプー選びやおすすめシャンプーを参考に、悩みに積極的にアプローチするシャンプーを選びましょう。

また、シャンプー選びと同じく重要な、髪の洗い方もチェックしてください。毎日行っている髪の洗い方を正しい方法にアップデートすれば、それだけでも頭皮をいたわりながら清潔を保ちやすくなります。

シャンプー選びと洗い方の更新の両軸でアプローチし、美しく豊かな髪をキープしましょう。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む