スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

ノンシリコンシャンプーは効果ある?メリット・デメリットは

更新日:2018/05/25 公開日:2018/05/15

あなたは、ノンシリコンシャンプーについてこのような話を見かけたことはありませんか。

  • シリコンは頭皮の毛穴につまるからノンシリコンシャンプーがよい
  • シリコンは頭皮についてベタつきのもとになる

このようなシリコンに対する主張は本当なのでしょうか。ここでは、ノンシリコンシャンプーの本当のメリットとデメリット、ノンシリコンシャンプーを選ぶべきかどうかについて解説します。

ノンシリコンシャンプーってどんなもの?

ノンシリコンシャンプーとは、文字通りシリコンが配合されていないシャンプーのことです。ノンシリコンが世間に浸透する前は、シャンプー剤にシリコンが入っていることすら知りませんでしたが、シャンプー剤やコンディショナーには、シリコンがよく使われていました。

では、シリコンはどういった目的でシャンプー剤に使われているのでしょうか。その役割をみていきましょう。

シャンプーのシリコンの役割

「シリコン」と聞くと、スマートフォンケースやブラパッドなどで見られる、ぷにぷにとしたゴム状のものを思い浮かべる方が多いかもしれません。シリコンは通常は液体なのですが、ゴム状に加工したりでき、さまざまな用 途で使用されています。

シャンプーやコンディショナーでは液体の状態で配合されているシリコンですが、その役割は髪の毛のコーティングです。シャンプー後の髪はギシギシと指通りが悪く、ゴワつきが出ることも多くあります。シリコンは、そのようなゴワついた髪の質感をなめらかにし、仕上がりにツヤを加える役割があります。

また、髪の毛をコーティングすることで摩擦が減るため、静電気の防止などにも役立つといわれています。

本当にシリコンは髪や頭皮に悪いの?

髪の質感をよくするうえで大きな役割を担っているシリコンですが、冒頭でもお話したように、一部では頭皮の毛穴につまるなど、悪者のように言われることがあります。

一時は悪者扱いされていたシリコンですが、最近の研究では特に身体への害はないことがわかってきています。もともと、外科手術の際にもシリコンの手袋が使われるように、人体にアレルギー反応を起こす確率は限りなくゼロと言えるくらいありません。それほど、人体への安全性が高い物質です。

それはシャンプーに配合されているシリコンにとっても同様です。シャンプー剤では毛髪のコーティングを目的としていますが、成分の中でも非常に粒子が細かく、髪の毛に必要以上に付着したり、毛穴に蓄積してふさいでしまったりすることはありません。また、コンディショナーに配合されたシリコンが髪の毛に残った場合も、次にシャンプーをするときには洗い流されるといわれています。

シリコンが頭皮をベタつかせるのは本当?
このほかに、シリコンが頭皮に残るとベタつきにつながるという意見も散見されます。しかし、シャンプー剤や皮脂がすすぎ残しなどの問題で頭皮に残れば、ベタつきなどにつながる可能性があります。つまり、シリコンだけの問題ではありません。むしろ、シリコン配合のシャンプーでベタつきが気になるようであれば、シャンプー時にしっかりとすすぐことを意識しましょう。

シリコンが髪や頭皮に悪いからという理由で、ノンシリコンシャンプーを選ぶのは早計です。では、ノンシリコンシャンプーの本当のメリットとデメリットはどのようなことなのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーには、シリコン配合のシャンプーとは異なる特徴があります。それぞれ、メリットとデメリットに分けて解説しましょう。

2つのメリット

ノンシリコンシャンプーには、以下のメリットとなる特徴があります。

  • 洗い上がりがふんわりと軽い感じになる
  • カラーやパーマの薬剤が浸透しやすくなる

シリコンによるコーティングがなされないため、髪を洗った後の仕上がりに軽さがでます。そのため、しっとりとさせるよりはふわっとさせたいという場合には、ノンシリコンシャンプーの洗い上がりがよいかもしれません。

また、シリコンでコーティングされると、美容室などで行うヘアカラー剤やパーマ液の浸透が悪くなるといわれています。反対に、ノンシリコンシャンプーで洗った後であれば、シリコン配合のシャンプーで洗った後よりもヘアカラー剤やパーマ液の浸透がよくなると考えられます。しかし、カラーリングやパーマのかかりが弱ければ、ヘアサロン側で対応することが可能です。そのためにノンシリコンシャンプーを使う必要性はあまりないといえます。

2つのデメリット

ノンシリコンシャンプーのデメリットとして、以下の2つがあげられます。

  • 洗い上がりがきしみやすい
  • 塗れているときは熱や摩擦に弱くなる

洗い上がりの質感があげられます。先ほど「2つのメリット」として洗い上がりがふわっと軽くなることを解説しましたが、同時に洗い上がりのきしみや指どおりの悪さが出てくる場合が多くなります。

また、シリコンでコーティングされないことによりドライヤーの熱や髪同士の摩擦に弱くなるため、髪がダメージを受けやすくなるのもデメリットと言えるでしょう。

そのため、髪のつややかな手触りやまとまりのよさを重視する場合は、ノンシリコンシャンプーは避けたほうがよいかもしれません。

ノンシリコンシャンプーはどんなときによい?

ノンシリコンシャンプーについて、もう少し詳しく見ていきましょう。ヘアカラーや白髪染めを使う場合や、フケやかゆみ、抜け毛といった頭皮のトラブルがあるときに、ノンシリコンシャンプーは適しているのでしょうか。

ここでは、主な髪のお悩みとノンシリコンシャンプーの関係を解説します。

ヘアカラーや白髪染めとの相性

前述したように、ノンシリコンシャンプーで洗ったあとはシリコンで髪がコーティングされていないため、ヘアカラーの薬液が浸透しやすくなり、カラーが入りやすくなるといったメリットが考えられます。しかし、これはあまり気にしなくて良いレベルです。ヘアサロンで十分に対応できるので、白髪染めやカラーリングのためにノンシリコンシャンプーを選ぶほどのもではありません。

一方、ヘアカラーやパーマを行った後の髪は大きなダメージを受けています。そのため、ヘアカラーや白髪染めを行った後は、シリコンや専用トリートメントなどを使って髪をコーティングしていたわってあげることが大切です。

フケ・かゆみがあるときは?

フケや頭皮のかゆみがある場合は、ノンシリコンシャンプーかどうかだけにこだわらずにシャンプーを選んだ方がよいでしょう。

フケはパラパラと細かい乾性フケと、ベタベタした脂性フケに分かれます。乾性フケが出る場合、一番に考えられる原因は頭皮の乾燥です。そのため、シリコンが配合されているかどうかより、洗浄成分の強さに着目してシャンプーを選ぶことをおすすめします。

一方、脂性フケが気になる場合は、皮膚の常在菌のひとつであるマラセチア菌が異常繁殖している可能性などが考えられます。シャンプーをかゆみの菌の増殖をおさえる成分が配合された、薬用シャンプーに変えてみるのもひとつの方法です。

ただし、かゆみが激しい場合や、シャンプーを変えて少し様子を見ても症状がおさまらない場合は、皮膚科を受診して相談してください。

抜け毛が気になるときは?

シリコンが毛穴をつまらせて抜け毛を招く可能性があるのでノンシリコンシャンプーがよい、というような意見を目にすることもありますが、これは正しくはありません。最初にお伝えしたように、シリコンが頭皮の毛穴につまることはないと実証されているためです。

女性の抜け毛には、多くの原因が考えられます。

ホルモンバランスの乱れ

  • ヘアケアや頭皮ケアの間違い
  • 生活習慣の乱れ
  • パーマやカラーなどによるダメージ
  • ストレスによる自律神経の乱れ など

この中で、シャンプーで改善できる可能性があるとすれば、「ヘアケアや頭皮ケアの間違い」でしょう。これは、シャンプーの洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥したり、髪の洗い方を間違っていて汚れをしっかり落とせていない場合が多いといわれています。

そのため、ノンシリコンシャンプーを選ぶというよりは、そもそも配合されている洗浄成分の強さを見て選んだほうが理にかなっています。

シャンプー選びはノンシリコンよりここに注目!

シャンプーを選ぶときは、ノンシリコンかどうか以上に気にしてほしいポイントがあります。それは、自分の頭皮の状態とシャンプーの洗浄力の強さです。

自分の頭皮の状態

顔の肌は「脂性肌(オイリー肌)」「乾燥肌(ドライスキン)」という分け方をされることがあります。しかし、これは顔だけではなく頭皮にも当てはまります。

シャンプーを選ぶときに大切なのは、自分の頭皮の状態に合った洗浄力のシャンプーを選ぶこと。たとえば、頭皮が乾燥しているのに洗浄力の強いシャンプーを使っていては、本来は肌を保湿するために必要な皮脂まで取り去ってしまい、さらに頭皮を乾燥させてしまいます。そのため、自分の頭皮の状態を知ることがシャンプー選びの第一歩となるのです。

頭皮の肌質は、シャンプーをして髪を乾かした後の状態を見るとわかりやすいでしょう。10分ほど経ったときに皮脂が出ていれば脂性肌、1時間たっても皮脂が分泌されていなければ乾燥肌といわれています。しかし、皮脂が出ているかどうかを判断することは難しいところです。そのため、シャンプー後の頭皮の様子を見てみましょう。

もともと皮脂の分泌が多い人もいますが、中には乾燥した肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されているというケースもあります。たとえば、髪を乾かした直後は頭皮がつっぱる感じがするのに、時間がたつとベタベタが増してくるという場合は、頭皮が乾燥していて皮脂の分泌が過剰になっていると考えられます。

また、もうひとつの目安として、顔の肌の状態をチェックしましょう。顔の皮膚と頭皮はつながっていることから、同じ肌質のことが多いと考えられます。

洗浄力の強さ

自分の頭皮の状態がわかったら、次はシャンプーの洗浄力の強さを見極める方法です。シャンプーの洗浄力の強さは、配合されている界面活性剤の種類や量で決まります。

シャンプーに配合される界面活性剤は、大きく分けると以下の3種類です。

  • アミノ酸系
  • 高級アルコール系
  • 石けん系

もっとも洗浄力が弱く、頭皮が乾燥している方や肌の敏感な方でも使えるのがアミノ酸系のシャンプーです。高級アルコール系のシャンプーは、市販のシャンプーの多くが当てはまるといわれていますが、洗浄力が強く、刺激も強めなものが多くなっています。「高級」とは、高価な成分を使っている等の意味ではありません。

石けん系のシャンプーには地肌にやさしいイメージを持っている方も多いかもしれません。たしかに、刺激は比較的マイルドなのですが、石けん系のシャンプーも脱脂力は強く、皮脂をしっかりと取り去る傾向があります。

このことから、たとえば頭皮が乾燥しがちで高級アルコール系や石けん系のシャンプーを使っている場合などは、一度アミノ酸系のシャンプーに変えて様子を見ることをおすすめします。

どのシャンプーがどのタイプに当てはまるかチェックするには、パッケージの成分表示を見るのが確実です。成分表示には、そのシャンプーに配合されているすべての成分が、多い順に記載されています。しかし、界面活性剤だけでも多くの成分があり、一般的にはわかりにくいので、見分けるにはコツが必要になります。

界面活性剤を見分けるポイント

ほとんどのシャンプーで最初に記載されているのは、水です。そのためその次から5つほどの成分をチェックすると、どのタイプの洗浄成分が多く配合されているかが大体わかります。

アミノ酸系の場合
「ココイル~」「グルタミン酸~」「ベタイン」などの文言が入った成分が多ければアミノ酸系のシャンプーと言えるでしょう。
高級アルコール系の場合
「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」などの文言が入った成分が多ければ、高級アルコール系のシャンプーと言えるでしょう。
石けん系の場合
カリ石けん素地、石けん素地、脂肪酸などの記載があれば石けん系のシャンプーと言えるでしょう。

ただし、同じ系統の成分でも、洗浄力には差が出る場合があります。成分表示をチェックしたら、実際に使ってみて自分の頭皮との相性をチェックしましょう。

おすすめノンシリコンシャンプー7選

チャップアップシャンプー(ソーシャルテック)

チャップアップシャンプー ソーシャルテック

販売価格(編集部調べ):4,180円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
手のひらに取り泡立ててあげるだけでも十分泡立ちがよく、ノンシリコンにありがちな使用後の軋み感が無いです!香りも程よく甘い香りで濃厚さを感じさせます。かゆみやフケに悩む方にはお勧めできます。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
甘みのある香りに癒され、頭皮と髪をしっとりと包み込む泡立ちに満足できるのがうれしいですね。髪のきしみが無く、髪そのものの張り感がしっかりと感じられます。成分も髪と頭皮に働きかける成分がしっかりと入っており、安心感と実力のある商品です。頭皮の荒い上がりのさっぱり感も非常に好印象!油分の気になる方へのおすすめです。

スカルプDボーテ|薬用スカルプシャンプー モイストタイプ(アンファー)

スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー モイストタイプアンファー

販売価格(編集部調べ):3,900円(税込)
内容量:350ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
頭皮の乾燥が気になりだしたら、まずおススメ。信頼の「スカルプD」ブランド。頭皮を包み込むようなしっとり感のある泡立ちで、髪の一本いっぽんまで浸透し、頭皮にも保湿される感覚。ドライ後はしっとりした感触で髪が立ち上がる印象。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
泡立ちがよく、しっとりと包み込まれる感じが好印象。髪の一本いっぽんまで届き、頭皮の保湿感も良い。洗い上がり後のしっとり感がある。季節の変化によるドライ感、フケかゆみには効果的。安心のブランド力と実力ですね。

スカルプDボーテ|薬用スカルプシャンプー ボリュームタイプ(アンファー)

スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリュームタイプ アンファー

販売価格(編集部調べ):3,900円(税込)
内容量:350ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
髪のボリュームが気になりだしたら、まずおススメ。信頼の「スカルプD」ブランドのボリュームタイプは、頭皮を包み込むようなしっかり感のある泡立ちで、髪の一本いっぽんまで浸透し、ドライ後は髪が立ち上がる印象。ぺたっとしがちが梅雨時など特に良いかも。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
泡立ちがよく、しっかり包み込まれる感じが好印象。髪の一本いっぽんまで届くイメージで洗い上がり後のしっとり感がある。ドライヤーでボリュームが増える感じもあり、髪が細くなり始めたかな?っと感じてる人にはお勧め。

カウブランド|無添加シャンプー しっとり(牛乳石鹸共進社)

カウブランド無添加シャンプー しっとり 牛乳石鹸共進社

販売価格(編集部調べ):1,080円(税込)
内容量:500ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
手に取った時のシャンプーの濃厚さがしっとり感を更に感じさせます。少量でしっかりと泡立つのがうれしいです。無香料なので香りの気になる方へはおススメです。泡のきめも細かいので、頭皮までしかりと洗えている感覚がいいですね!

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
デリケートなお肌の方にも安心して使用可能。優しいテクスチャーと使用感。 無香料を好む方へお勧めの1品。泡立ちがよくしっとりとした洗い上がりがお好みの方にはとてもいいですね。冬場のドライシーズンや季節の変化によるフケかゆみに悩む男性にも女性にも好まれる感触です。

カウブランド|無添加シャンプー さらさら(牛乳石鹸共進社)

カウブランド無添加シャンプー さらさら 牛乳石鹸共進社

販売価格(編集部調べ):1,080円(税込)
内容量:500ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
クリーミーな泡が良いです!きめが細かいから洗浄力も抜群!地肌からすっきりする感覚はやみつきに!洗い上がりがとくにすっきりし、さらっとした感触が毛根からリフレッシュ。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
デリケートなお肌の方にも安心して使用可能。優しいテクスチャーと使用感。 無香料を好む方へお勧めの1品。泡立ちがよくさっぱりとした洗い上がりがお好みの方にはとてもいいですね。夏場のオイリーな季節には男性にも女性にも好まれる感触です。

BOTANIST|ボタニカルシャンプー モイスト(I-ne) アイエヌイー  

BOTANIST ボタニカルシャンプー モイスト

販売価格(編集部調べ):1,512円(税込)
内容量:490ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
シャンプーのみで十分なしっとり感を感じます。泡立ちの良さ、洗い流した後もするっと髪が通ります。使用後には髪がしっとりとまとまるのがうれしいですね。ゴアつく髪におすすめ。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
しっとりまとまるのにべたつき感が無く、さらっとしたモイスト感が好きですね。泡立ちも良く香りは男性女性にもこのまれるユニセックスなところもお勧めです。植物性由来成分にこだわっているプロダクトだから安心ですね。

リンレン レメディアル|シャンプー ユズ&ジンジャー(ビーバイ・イー)

リンレン レメディアル ユズ&ジンジャー ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,998円(税込)
内容量:520ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
アミノ酸系のシャンプー、天然の香りを使用するこだわり感がとても良いです。香りが高く泡立ちもグッド!少量で泡立つのがうれしい。頭皮にも気持ちのよい使用感。頭皮の血行促進も実感でき、頭皮からケアしたい方にもおすすめですね。

監修者の写真 beautyコンシェルジュ 下島千穂

使ってみた感想
低刺激ラウラミドプロピルベタインを使用したシャンプー。15種の配合国産植物に拘ったハリ・コシ・ボュームUPを叶える優れたシャンプーです。髪と頭皮に優しく、とくに頭皮にお悩みの方には男女問わずおすすめしたいですね。

まとめ

シリコンに関して、巷でいわれることのある「頭皮の毛穴につまる」「頭皮にくっついてベタつきのもととなる」といった内容は、科学的な根拠はなく真実とは言えません。しかし、ノンシリコンシャンプーには以下の特徴があることを覚えておきましょう。

  • 髪の仕上がりが軽くなる
  • 洗い上がりの指通りが悪くなる
  • 髪がきしみやすい
  • カラーやパーマがかかりやすくなる

髪や頭皮のお悩みに対するシャンプー選びは、シリコンが入っているかどうかだけではなく、洗浄力が自分の頭皮の状態に合っているかどうかが大切です。今回紹介したおすすめノンシリコンシャンプーも参考に、ご自身に合うシャンプーを見つけてくださいね。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む