スキンケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

女性は市販の育毛剤を使うべき?薄毛対策を解説

更新日:2019/03/19 公開日:2018/05/15

育毛剤というと男性のもの、というのは過去の話。最近では、女性用の育毛剤や発毛剤といったものも発売されています。

薄毛が気になる場合はすぐに育毛剤や発毛剤を頼るべきかというと、そうとは限りません。その前に、薄毛の原因や見直したい生活上のポイントがあります。ここでは、育毛剤や発毛剤について詳しく解説するとともに、そもそも女性の薄毛がなぜ起きるのかといった観点から、薄毛に対するアプローチ方法をご紹介します。

そもそも市販の女性用育毛剤とは

育毛剤のイメージとして、漠然と「髪の毛が生えやすくなる薬」と考えている方が多いかもしれません。しかし、これは正確ではありません。豊かな髪を目指すサポートをする市販のアイテムには、実は「育毛剤」と「発毛剤」があります。それぞれ期待される効果が違うため、まずはこの2つの違いからチェックしましょう。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の違いとして、は、「医薬部外品(薬用)」か「医薬品」という違いです。

  • 育毛剤…医薬部外品(薬用化粧品)
  • 発毛剤…医薬品(第一類医薬品)

医薬部外品とは、厚生労働省によって認可された有効成分が配合されている製品です。医薬部外品は主に「防ぐこと」や衛生面での効果を目的に使われます。

一方、医薬品とは病気の治療が目的となっている、いわゆる「薬」です。医薬成分が使われています。

ミノキシジルは発毛剤にのみ配合

医薬品には医薬品成分を配合できますが、医薬部外品に医薬品成分は配合できません。そのため、壮年性脱毛症で発毛や育毛のほか、抜け毛の進行予防の効果を認められている医薬品成分の「ミノキシジル」は、発毛剤にのみ使われます。

育毛剤に期待される効果・効能の例

医薬部外品になる「育毛剤」の場合、前述したミノキシジルは配合できません。しかし、血行促進や炎症防止などに効果を認められた成分が配合されていることが多いようです。実際に配合されている成分にもよりますが、育毛剤に期待できる主な効果は、頭皮環境を改善し、健全な毛髪が育つ環境を整えることと言えるでしょう。

女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛は大きく3種類に分けられ、それぞれ考えられる原因が異なります。

加齢やホルモンの低下が関係する女性型脱毛症

特に30代後半から40代以降の女性に増える薄毛のタイプです。

男性の場合、中年以降になると生え際の後退や頭頂部の毛髪の減少といった形で薄毛が出やすくなりますが、女性の場合は全体的に髪の毛の密度が減少するのが特徴です。髪の毛が細くなってハリやコシを失ってボリュームが出なくなるほか、髪の毛の本数自体も減少します。

考えられる原因は、主に以下の3つです。

  • 加齢
  • ホルモンバランスの変化
  • 遺伝性

女性は30代後半くらいから女性ホルモンの分泌が減少し始めます。女性ホルモンには2種類ありますが、特に「エストロゲン」は髪の毛の成長に大きく関わっており、そのエストロゲンが減少すると髪の毛の健全な成長に影響を及ぼすと考えられます。

また、40代以降は甲状腺の機能も低下することが多くなります。甲状腺の機能低下によって甲状腺ホルモンの分泌も低下し、抜け毛を含めたさまざまな不調を引き起こします。

生活習慣などによる脱毛

加齢や、それによるホルモンバランスの自然な変化のほかに、生活習慣などによって脱毛が起きている可能性も考えられます。女性の薄毛に関係するといわれる生活習慣には、以下のようなものがあります。

ヘアケアの間違い
洗いすぎや強く洗うことによる頭皮へのダメージ、洗い方の間違いなどで落としきれていない汚れなどによって頭皮環境が悪化し、薄毛につながる
カラーリングなどのしすぎ
ヘアカラー剤やブリーチ剤、パーマ液などは頭皮に大きな負担をかけます。そのため、やりすぎると頭皮の状態を悪化させ、抜け毛の原因になるといわれています。
栄養バランスの乱れ
極端な食事制限をともなうダイエットをはじめ、食事で摂取する栄養のバランスが乱れると全身で栄養が不足して髪に栄養が回らなくなり、薄毛につながる
喫煙
ニコチンには血管を収縮させる作用があり、血流が悪くなるため頭皮まで十分な栄養を届けられず髪の毛がしっかり育たなくなる
ストレス
ストレスがたまるとホルモンバランスの乱れにつながる。また、ストレスは自律神経のバランスの乱れにもつながるため、血行が悪くなるなどの影響で薄毛につながる

全身性の病気など

全身に起こる病気や皮膚の病気が原因で髪の毛が抜けることもあります。その場合は、病気の治療を優先します。また、俗に10円ハゲと呼ばれることもある円形脱毛症の症状が頭の全体に見られ、髪の毛の密度が少なくなる場合もあります。これらの場合は、育毛剤や発毛剤による改善ではなく、医師による治療が必要です。

育毛剤の選び方

このように、さまざまな原因が考えられる女性の薄毛ですが、育毛剤を活用するとした場合、どのように選ぶとよいのでしょうか。

「そもそも市販の女性用育毛剤とは」で紹介したように、一般的に薄毛に効果を期待できる市販薬として、育毛剤と発毛剤があります。

発毛剤はミノキシジルという医薬品成分が配合されているものがありますが、これは医師に相談して「女性男性型脱毛症(FAGA)」が薄毛の原因と特定されてから使用を検討したほうがよいでしょう。ミノキシジルは、女性型脱毛症への有効性が認められている成分です。反対に、女性型脱毛症以外の原因で薄毛が起きている場合、ミノキシジルの効果は期待できないと考えられます。

育毛剤には、主に「血行改善の効果を期待できる成分」「髪の毛の根元の細胞(毛母細胞)に栄養を補給する成分」「炎症をおさえる成分」などの有効成分が配合されています。どのようなタイプの育毛剤を選べばよいのでしょうか。

血行改善をメインに選びたい方のタイプ

血行が悪いと思われる方の場合、血行改善を期待できる成分が配合された育毛剤がおすすめです。血行改善を期待できる成分として、塩化カルプロニウムやセンブリエキスなどがあげられます。

このタイプの育毛剤がおすすめの方の特徴の一例をご紹介します。

  • ストレスをため込みやすい自覚がある
  • 喫煙している
  • 普段あまり運動しない
  • 頭皮が硬く、指で動かしてみてもあまり動かない

このような方は、血行改善をメインに育毛剤を選んでみるとよいでしょう。

栄養補給をメインに選びたい方のタイプ

栄養バランスの乱れや睡眠不足を自覚している方の場合、栄養補給を期待できる成分をメインに育毛剤を選ぶのもよいでしょう。代表的な成分として、ビタミンやアミノ酸、オウゴンエキス、オトギリソウエキスなどがあげられます。

では、実際にどのような育毛剤があるのでしょうか。おすすめの育毛剤をご紹介します。

女性の抜け毛に試してみてほしい育毛剤8選

美容家おすすめの育毛剤&頭皮用ローションを紹介します。

チャップアップ育毛ローション(ソーシャルテック)

チャップアップ育毛ローション ソーシャルテック

販売価格(編集部調べ):7,400円(税込)
内容量:120ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
チャップアップローションには、主成分は海藻エキスで、有効成分としてノコギリヤシエキスが含まれており、こちらの成分は、いま話題の毛髪サポート効果がある成分も多く含まれます。香料を使用していないので、育毛剤独特のツンとした香りもなく、地肌に優しいのもうれしいところです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
無色透明の液体タイプ。無臭でべたつきも特にありません。スプレーミストタイプなので、たれる心配もありません。髪の毛が乾いていても洗髪した後すぐでないと、目に見えない頭皮の汗や皮脂が膜となっているので育毛剤がきちんと頭皮に浸透しません。お風呂上がりにドライヤーで十分に乾かしてから使用しましょう。頭皮全体へ万遍なく浸透するように塗布します。1日2回、朝と夜のお風呂上りに使用するのをおすすめします。

マイナチュレ|無添加育毛剤(レッドビジョン)

マイナチュレ レッドビジョン

販売価格(編集部調べ):5,610円(税込)
内容量:120ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
女性ホルモンによく似たイソフラボンを含むヒオウギエキス、男性向け育毛剤にも使用されているオウゴンエキスをしっかり配合しています。また、副作用の多いミノキシジルは配合していないため、妊娠中や授乳中の方でも使用することができます。さらにきれいな髪を作るためによいとされる三石昆布エキスが配合されており、たくさんのミネラルやフコイダンなど髪の成長に良いとされる成分が大量に含まれています。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
無香料ですが、ほんのりいい香がします。匂いも臭くないし、女性向けだと思います。テクスチャーですが、無色透明で、液がサラサラ過ぎて少したれやすいのが気になりました。ノズルが細いので、頭皮の気になる部分につけやすいです。気になる成分が控えめな無添加育毛剤のため、低刺激な育毛剤なのも魅力です。妊娠中や授乳中でも問題なく使えるといった記載もあるため、安心感があります。

モルティ|薬用 育毛ローション(バスクリン)

薬用 育毛ローション バスクリン

販売価格(編集部調べ):690円(税込)
内容量:180g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
ショウキョウやセンブリなどの生薬を配合しており、保湿成分もホホバオイルなど天然のものです。漢方の処方に長けたバスクリンの製品なので、成分の内容は安心できそうです。発毛促進の薬剤は配合されていませんが、抜け毛予防や美髪にはおすすめです。髪が薄くなってきた気がするという人や、髪が薄くなる前に予防として手入れをしておきたい、髪の量だけでなく質を保ちたい女性におすすめな育毛剤だと思います。頭皮用の化粧水のような感じで、刺激がなく保湿・栄養補給に特化しています。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
バスクリンの育毛剤、モウガシリーズの女性用「モウガL」から発売された、育毛ローションです。モウガLモルティシリーズには数種類ありますが、ピンクの薬育毛ローションは薄毛・抜け毛の予防におすすめのアイテムです。安くて使いやすく、パッケージも可愛らしく、ヘアケア剤のように見えます。スプレー式で、勢いよく噴射されます。特に刺激はなく、ヒリヒリするようなこともありません。すこしひんやりとして気持ちのいい感じです。地肌がスッキリします。育毛剤のスースーする感じが苦手、という人にもおすすめです。

AVEDA アヴェダ |インヴァティ アドバンス ヘア&スカルプ エッセンス(ELGC)

AVEDA インヴァティ アドバンス スカルプ エッセンスELGC

販売価格(編集部調べ):8,856円(税込)
内容量:150ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ターメリック(ウコンエキス)とジンセン(オタネニンジン)の成分が育毛し優れた効果があることを実験を行ったことにより発見し、配合しています。また、クレアチン、アデノシンリン酸、カルニチンという米国特許取得の独自成分を配合しています。そしてストレス因子から髪を保護するタンジェリンピール(マンダリンオレンジ果皮エキス)、イタドリ根エキスも配合されていますので、ストレスによる抜け毛が気になる方や産後の抜け毛にも細気が気になる方にもおすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
猫っ毛な私の髪質ですが、夜に使用すると、翌朝、髪が根元からしっかりふんわりとしていました。頭皮をマッサージをするように使用しましたが、心地よいアロマの感じの香りでリラックス効果も感じられました。

POLA|グローイングショット BK(ポーラ・オルビスグループ)

POLA グローイングショット BK ポーラ

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:170ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
黒米エキス、パウダルコエキス、アサガオカラクサエキスなど、POLA独自の成分が多く使われています。有効成分として血流を促進する成分や炎症を抑える成分、細胞を活性化する成分が含まれます。防腐剤・香料も使われていますが、配合は微量です。頭皮がピンと張るような感覚があり、額のシワが気になる方にもおすすめです。また女性向け商品ですが、男性の方で、男性ホルモンが原因でケアしたい方にもおすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
見た目はワインボトルのような雰囲気で、育毛剤には見えません。意外と握りやすく持ちやすいボトルですが、逆さにして使うので中身が多いとすこし重たく感じます。とろみがあり、液だれしにくいテクスチャーです。香りはローズとフローラルのいい香り。実際につけてみると、頭皮にひんやりとした感覚の後、じわっと浸透する感覚があります。頭皮につけた時にはスーッとしますが、時間が経つとじんじんと温まります。他にはない感覚なので、最初は違和感があるかもしれません。頭皮が柔らかく、ふっくらしてくる気がします。

メソケア+|スカルプリブートローション(メソケアプラス)

メソケアプラス スカルプリブートローション

販売価格(編集部調べ):3,758円(税込)
内容量:370ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
大豆イソフラボン、琥珀ニンニクエキス、ビタミンC・Eを含んだ柚子エキスなどの成分を配合した洗い流さないローションでしっかり頭皮の角質層にまで浸透させ、スカルプケアができます。大豆イソフラボンには、保湿効果や肌のキメを整える効果、琥珀ニンニクエキスには、肌の洗浄効果、柚子エキスには肌のうるおいを保つために必要なビタミンE、ビタミンCが含まれています。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
ローションとは言ってもテクスチャーは少し固めの、ジェルのような感じです。プルプルしているので少しつけづらく一気にべトッと落とさないよう注意が必要です。髪にベタッとついてしまっても、乾かせば固まることはないです。ヘアセットのためのジェルのような感覚で使用するといいと思います。

髪美力|薬用育毛剤 髪美力(佐藤製薬)

薬用育毛剤 髪美力 佐藤製薬

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:500ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
佐藤製薬から発売されている、女性用の育毛剤です。パラベンフリー、鉱物油フリー、合成着色料フリーでアマゾン原産の植物オイルや海藻エキスを高濃度で抽出、浸透させる技術で毛根に届きやすくなっています。3つの有効成分『センブリエキス』、『グリチルリチン酸ジカリウム』、『EPC』に加え、独自の新育毛サポート成分(保湿)『アマゾンハーブオイル』と『完熟メカブエキス』が抜け毛・薄毛の一要因である皮膚の乾燥から頭皮を守ることで太い髪を育てる女性のための薬用育毛剤です。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
スプレータイプのノズルで、頭皮につけた瞬間はひやっとしますが、すぐに何も感じなくなります。いつまでもスースーするといった刺激や強い香りもありませんでした。ヒーリングハーブのやさしい香りです。髪美力は7ヶ所に2プッシュずつつけてくださいと表記があり、頭頂部から耳の上にかけて、放射状につけるようにしました。育毛剤というより頭皮用化粧水みたいな感じかもしれません。つけてすぐにサッパリした感覚があり、続きます。乾燥して突っ張る感がある人には、保湿感がちょっと物足りないかもしれません。頭皮が脂っぽいと感じている人にはサッパリとした使い心地でおすすめです。

HABA|薬用 麗豊 れいほう 女性用育毛剤(ハーバー研究所)

HABA 薬用 麗豊 女性用育毛剤 ハーバー研究所

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:120ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
年齢とともに乱れるヘアサイクルを理想的にもどせるよう独自成分を開発、さらに、デリケートな女性の肌でも安心して毎日使えるよう、無添加処方にもこだわっています。信州産の高麗人参エキス、4つの有効成分、頭皮環境を整える各種ビタミン、地肌にうるおいを与える天然由来成分など、効果が期待できる成分をバランスよく配合しています。

監修者の写真 毛髪診断士 大谷理沙

使ってみた感想
さらっとした化粧水のようなテクスチャーです。無添加なので刺激もなく、香りはラベンダーとカモミールの良い香りです。ジェットノズルで頭皮の狙ったところにスプレーしやすいです。リラックスしながら頭皮マッサージができます髪の毛につやが出るかんじがあります。

育毛剤とあわせて試してほしい!女性の薄毛対策

前述したように、女性の薄毛で考えられる原因はさまざまです。病気ではなく、生活習慣が原因となっている場合、育毛剤を使うだけで解決はできません。そのため、育毛剤の使用とあわせて以下のポイントの見直しをおすすめします。

  • 食事
  • ストレス
  • 睡眠
  • ヘアケア

それぞれ、どのような部分を見直せばよいのでしょうか。詳しく解説します。

食生活の見直し

食事でとる栄養は、身体を作る材料になります。つまり、食事の栄養バランスが乱れた状態が続くと、髪の毛や頭皮を含め、全身に影響が出ると考えられます。

すこやかで豊かな髪を育てるためには、髪の毛の材料となるタンパク質のほか、髪の毛の新陳代謝に関連するビタミンやミネラルなどさまざまな栄養素が必要です。緑黄色野菜や肉、魚などをバランスよく食べ、栄養バランスを整えることを意識しましょう。特に、以下の栄養素と食材を意識するとよいでしょう。

タンパク質
厚生労働省の『国民健康・栄養調査』によると、1995年から2011年にかけて、日本人が摂取するタンパク質の量は大きく減少する傾向があります。
良質なタンパク質源として、鶏肉や魚、大豆製品などの豆類、卵、牛乳やチーズなどの乳製品があげられます。
鉄分
鉄分は、血液の材料となるミネラルの一種で、女性の身体で特に不足しがちな栄養の1つです。鉄分が欠乏すると全身に栄養を運ぶ働きが弱くなり、せっかく摂取した栄養を頭皮までしっかりと届けられなくなります。
鉄分の摂取源として、レバーやほうれん草は有名かもしれません。そのほか、ピーマンや牛肉、まぐろなども鉄分を多く含んでいます。レバーが苦手、という方も多いかもしれませんが、他の食材を賢くとり入れて鉄分を摂取しましょう。

ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が上がるので、効率よく鉄分を摂取できます。また、コーヒーや紅茶などに含まれるタンニンは鉄の吸収率を下げるため、食前・食後は控えるようにしましょう。
亜鉛
亜鉛は、新陳代謝に大きく関わる栄養素です。髪の毛のもととなる毛母細胞で起こる細胞分裂をうながすため、豊かな髪の毛を目指すうえで欠かせません。
亜鉛の摂取源として、納豆やゴマ、アーモンド、ピーナッツのほか、いわし、牛もも肉、豚レバーなどがあげられます。

鉄分と同じくビタミンCと同時に摂取するとよいでしょう。
ビタミンB群
ビタミンB群の中でも、タンパク質の代謝をサポートし、皮膚や粘膜の健康を保つ役割を持っているビタミンB2やB6を積極的に摂取するとよいでしょう。
いずれも、レバーや納豆などに多く含まれています。また、ビタミンB2は卵や乳製品、葉物野菜に多い傾向があります。一方、ビタミンB6はまぐろやかつおといった魚や肉に多いほか、バナナにも多く含まれています。

ストレスの解消

ストレスの蓄積は、自律神経の乱れを引き起こします。自律神経とは、自分の意識とは関係なく、自動的に呼吸や内臓の動き、血管などの働きを調整してくれる神経のことです。興奮時や緊張時に働く交感神経と、リラックスしているときに働く副交感神経の2系統があり、健康なときには微妙なバランスで切り替わって身体を調整しています。

ストレスを感じると、この自律神経のうち交感神経が活発に働きます。ストレスがたまった状態が続くということは、本来は副交感神経が優位になるはずの就寝時なども交感神経が優位に働きます。交感神経が優位なときは血管が収縮するため、ストレスがたまると血行不良や肌の冷えを招くのです。このため、適度にストレスを解消し、自律神経のバランスを整えることが大切になります。

ストレスの原因を解消することがベストですが、簡単にはいかない場合も多いと思います。そういうときは、ストレスを緩和するために趣味や好きなことをしたり、リラックスするための運動や時間を作るのもポイントになります。

睡眠不足の解消

睡眠中に分泌される成長ホルモンには、日中に受けたダメージを修復する働きがあります。そのため、薄毛の対策としてすこやかな頭皮環境を整えるためには、質のよい睡眠をしっかりとることも大切です。

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があります。基本的な睡眠パターンは90分ほどのノンレム睡眠とレム睡眠のくりかえしで、就寝してから目覚めるまでに4回から5回、ノンレム睡眠とレム睡眠をくりかえすといわれています。

この中でも、特に就寝してすぐにおとずれるノンレム睡眠はもっとも深く、しかも成長ホルモンがもっとも多く分泌されます。この最初のノンレム睡眠のときに外からの刺激などで眠りを妨げられると、成長ホルモンが正常に分泌されないといわれています。そのため、特に就寝直後から90分間で深く眠れる環境を整えることで、成長ホルモンをしっかりと分泌させられると考えられます。

深く眠るためには、就寝前の過ごし方が大切です。以下のような過ごし方を心がけてみましょう。

就寝90分前までに入浴を済ませる
通常、人間の身体は就寝前になると身体の中心の温度を下げようとします。身体の内側の体温が下がるのが睡眠の第一歩になるのです。
ゆっくりとお風呂につかると、身体の表面だけではなく内側の温度が一時的に上がります。身体の内側の体温が上がると、身体は体温を下げようとします。この体温の変動が、しっかりと眠るのに効果的です。

入浴直後は体温が高くなっている体温が、90分ほどすると下がります。そのため、就寝の90分前くらいまでにお風呂から上がるのがよいとされているのです。

なお、就寝90分前までにお風呂を済ませるのが難しい場合は、足湯で足の血行を促進し、手足から熱を発散する身体のはたらきを助けてあげるのもよいといわれています。この場合は、就寝直前でも問題ありません。
就寝前は刺激を少なくする
お風呂に入った後や夕食後から就寝までの間は、あまり脳を刺激しないように過ごすと熟睡できるといわれています。脳を刺激するものとして、スマートフォンやパソコン、テレビなどの強い光などがあげられます。また、本などもあまり頭を使わず、リラックスして楽しめるものを読むとよいでしょう。

熟睡できる環境を整え、成長ホルモンをしっかり分泌できるようにしましょう。健全な頭皮と豊かな髪を目指すうえで、成長ホルモンは力になってくれるでしょう。また、肌のダメージも修復されるので、美しい肌も目指せますよ。

ヘアケアの見直し

薄毛を解消するうえで気にしたいヘアケア方法の見直しポイントは、大きく分けて2つあります。

  • 髪の洗い方の見直し
  • シャンプー剤の見直し

それぞれの見直しポイントを解説しましょう。

髪の洗い方
間違った髪の洗い方をしていると、汚れをしっかりと落とせず毛穴に残ってしまったり、頭皮にダメージを与えて薄毛に直接つながることになります。そのため、正しい髪の洗い方を身につけることが第一です。

正しい髪の洗い方は、以下の手順になります。

  1. 髪を濡らす前にブラッシングし、ほこりや汚れを落としてもつれをほどきます
  2. 人肌程度のぬるま湯で1分ほどかけて、しっかりと髪と頭皮を洗います
  3. シャンプー剤を手のひらに取り、手をこすり合わせて泡立てます
  4. 耳の後ろやうなじ、後頭部にシャンプー剤をつけ、下から上へとなじませます。このとき、指の腹を使って優しくマッサージするようになじませます
  5. 人肌程度のぬるま湯で2分ほどかけてしっかりすすぎます。下を向いてうなじや耳の後ろなどもしっかり流すようにしましょう

シャンプー後のコンディショナーやトリートメントは、基本的には頭皮につけません。毛先を中心につけましょう。ただし、製品の使い方で「頭皮にもつける」という記載がある場合はそれに従いましょう。

髪を洗い終わったら、できるだけ早く乾かすことが大切です。タオルドライしたあとは、すみやかにドライヤーで乾かしましょう。生乾きのまま放置すると、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境となるため、頭皮トラブルのもとです。なお、タオルドライの際もゴシゴシこすらず、おさえるように水分を取りましょう。

シャンプー剤の選び方
上記の正しい洗い方をしていても抜け毛が改善しないという場合、シャンプー剤も見直してみるとよいかもしれません。シャンプーには、汚れを落とすための界面活性剤が配合されています。この界面活性剤の力が強すぎると、頭皮の保湿に必要な皮脂まで取り去ってしまい、頭皮の乾燥を招くのです。

シャンプーの種類は、大きく3種類に分けられます。

  • 高級アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸系

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーでもっとも多いのは、一番上の高級アルコール系のシャンプーです。しかし、高級アルコール系のシャンプーの中には洗浄力が強いものが多い傾向があります。また、石けん系のシャンプーは頭皮に優しいイメージがありますが、脱脂力が強いため頭皮が乾燥しているときにはあまり適さないと考えられます。

アミノ酸系のシャンプーは、3つのタイプの中でもっとも洗浄力と刺激が優しい傾向があります。女性はもともと皮脂が男性よりは少なく肌が乾燥しやすいため、アミノ酸系のシャンプーを使ってみるとよいでしょう。

アミノ酸系のシャンプーは、製品の成分表を見ると前の方に「ココイル」や「ベタイン」「グルタミン酸」といった文字が見られます。このような文言のつく成分が配合されたシャンプーを選ぶことをおすすめします。

なお、脱毛とあわせて、病気の症状と思われる痛みや腫れ、皮膚の異変などがある場合は、早めに病院を受診してください。

髪の毛の悩みも我慢せず医師に相談

ここまで、おすすめの育毛剤とあわせて、シャンプーや食事、睡眠といった日ごろの生活の中でできる抜け毛や薄毛の対策方法をご紹介してきました。では、これらを試してみても薄毛や抜け毛が改善しない場合、どうすればよいのでしょうか。

そのような場合は、セルフケアだけで改善しようとせずに専門家である医師を頼るようにしましょう。また、育毛剤を使用していて頭皮がかゆくなったり、フケが出るようになったりといったトラブルが出てきた場合にも、その育毛剤の使用をやめ、皮膚科を受診してください。

「女性なのに薄毛の悩みを相談するのは恥ずかしい」と感じる方も多いかもしれませんが、最近では女性の薄毛専門の外来を設けている病院もあり、女性が薄毛の悩みについて医師に相談するハードルも下がってきています。

まとめ

女性の薄毛の悩みでは、育毛剤や発毛剤の使用とあわせて、以下のポイントをおさえた生活習慣の改善をおすすめします。

  • シャンプーの仕方
  • 使用するシャンプー剤
  • 食生活
  • 禁煙
  • ストレスケア
  • 睡眠

まずはシャンプー剤や髪の洗い方を見直してみましょう。また、髪の毛のみならず、健康な身体を維持するためにも必要な栄養をしっかりとる食生活や良質な睡眠、ストレスの適度な解消を意識してください。

また、喫煙は百害あって一利なしです。タバコを吸っている方は禁煙することを強くおすすめします。

このようなポイントを改善してみても薄毛が改善しない場合、できれば病院を受診して医師に相談しましょう。薄毛の原因に合う育毛剤や発毛剤を使用しなければ、効果は期待できず無駄になってしまいます。

医師の診察を受け、しっかりと薄毛の原因を特定してからその先のケア方法として市販の育毛剤や発毛剤を検討するのが理想的です。しかし、一刻も早く対策をしたいという場合は、まず育毛剤を使ってみて、自分に合うものを探すのもよいでしょう。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む