スキンケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

アミノ酸シャンプーは女性の薄毛に向いてる?おすすめ8選

更新日:2018/12/25 公開日:2018/07/25

最近は、洗浄力がやさしいといわれるアミノ酸系シャンプーが市場でも多く見られるようになってきました。このアミノ酸系シャンプー、抜け毛や薄毛に効果的ともいわれていますが本当なのでしょうか。

アミノ酸系シャンプーと女性の薄毛の関係や、薄毛を改善するためのアプローチ方法、おすすめシャンプーをご紹介します。

薄毛にはアミノ酸?シャンプーの選び方

フケやかゆみが多く、頭皮環境の調子が悪く、また薄毛が気になる女性は、アミノ酸系のシャンプーを検討してみてもいいかもしれません。

シャンプー剤に配合されている洗浄剤(界面活性剤)は、大まかに3種類に分かれます。そのうち、アミノ酸系のシャンプー剤が頭皮への刺激が弱く、洗浄力も強すぎない傾向があります。女性は男性よりも皮脂が少なく、頭皮が乾燥しやすいため、アミノ酸系シャンプーが適していると言えるのです。

アミノ酸シャンプーは成分表示を見て確認

最近では、ドラッグストアなどでもアミノ酸系シャンプーを打ち出しているシャンプーが増えてきました。しかし、その中には、アミノ酸系の界面活性剤よりもほかの界面活性剤が多く配合されており、アミノ酸系の界面活性剤はわずかしか含まれていないものもあるようです。

アミノ酸系シャンプーという分類には、現状は厳密なルールがありません。そのため、できれば宣伝文句や雰囲気だけで決めずに成分表示をチェックしたいところです。

シャンプー剤の裏側を見ると、小さな字で成分表示が記載されています。これは、その製品に配合されているすべての成分が表記されているもので、配合量の多い順に記載されています。そのため、成分表示の前のほうにアミノ酸系の界面活性剤が多く記されていれば、そのシャンプーはアミノ酸系界面活性剤がメインのシャンプーと考えられます。

では、シャンプーの界面活性剤について、代表的な成分名を含めて1つずつ見ていきましょう。

アミノ酸系

グリシンやアラニン、グルタミン酸といったアミノ酸が界面活性剤として使用されています。頭皮への刺激の強さや洗浄力の強さは、具体的に配合されているアミノ酸界面活性剤の種類や量にもよりますが、全体的な傾向として頭皮への刺激・洗浄力ともにやさしい傾向があります。

頭皮の乾燥が気になる方や肌が敏感な方でも、比較的安心して使いやすいシャンプーの種類と言えるでしょう。

高級アルコール系

高級アルコール系の界面活性剤は、泡立ちがよい一方で、洗浄力が強く肌への刺激も強いものが多い傾向があります。そのため、肌質によっては乾燥したりする場合もあるようです。

高級アルコール系の界面活性剤としてよく見かけるのが、ラウレス硫酸やラウリル硫酸と名前のつくもの。いずれも洗浄力が高いため、頭皮の乾燥が気になる場合にはあまり適さないと考えられています。

石けん系

手や身体を洗うときに使う、固形石けんと同じタイプの界面活性剤です油脂にアルカリを加えて作られるため、洗い上がりはアルカリ性になることがほとんどです。肌への刺激は強くないものの、洗浄力が高く、必要以上に皮脂を取り去ってしまうことも考えられます。

女性の抜け毛の原因は男性と違う

男性の薄毛・抜け毛の場合、頭頂部などの一部分の毛が集中的に脱毛してしまう場合が多く見られます。一方、女性の薄毛・抜け毛は全体的に髪の毛の本数が少なくなり、分け目の地肌が見えたり全体的にボリュームダウンして見えることが多い傾向があります。

このような薄毛の出方ももちろんですが、薄毛の原因自体にも男性と女性で違いが出る場合があります。ここでは、女性が抜け毛・薄毛を感じるときの主な原因を紹介しましょう。

ヘアケアの間違い

髪の洗い方や洗った後のケア、選んでいるシャンプー剤に問題があったりすると、薄毛につながる場合があります。これは、男性も女性も同じことです。

たとえば、1日に何度も洗ったり強いシャンプー剤を使ったりすることで、頭皮の皮脂が必要に奪われ、頭皮環境の悪化につながった結果、抜け毛や薄毛につながる場合があります。また、しっかり頭皮を洗えていないために古い皮脂が残ったり、頭皮にシャンプー剤が残ったりして頭皮トラブルを招く場合も考えられます。

ダイエットなどによる栄養不足

主に食事制限によるダイエットの場合に心配されるのが、栄養不足による抜け毛・薄毛です。栄養バランスが乱れたり、極端に摂取する栄養が少なくなった結果、全身の栄養が不足して、髪の毛を作る毛母細胞まで栄養が行き届かなくなることがあります。すると、髪の毛は細く弱くなり、抜けやすい状態となります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンも髪の毛の成長に影響します。これは、女性に特有の薄毛の原因と言えるかもしれません。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の毛の成長に大きく関わっています。しかし、エストロゲンの分泌量は30代後半から減少します。それが薄毛につながる場合があります。

なお、女性ホルモンのバランスは、更年期に向けて乱れていくほか、妊娠中・出産後でも大きく変動します。出産後に抜け毛が一時的に増えますが、これは女性ホルモンの分泌量が急激に変化することが関係しています。

ストレス

ストレスは、今や万病のもととも言えるかもしれない存在。男女関係なく、ストレスがたまると自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスの乱れを含むさまざまな影響が現れます。

たとえば、血流。自律神経は血液の循環もつかさどっていますが、その自律神経のバランスが乱れることにより、頭皮を含む全身の血流が悪くなり、十分な栄養が行きわたらなくなる場合があります。

加齢

薄毛には年齢も関係しています。たとえば、加齢とともに髪の毛の根元にある毛包という組織の構造が変化し、それが抜け毛につながる場合もあります。

シャンプーを変えるとどのような効果が期待できる?

抜け毛の原因はさまざまで、シャンプーを変えることでアプローチできることは限られています。しかし、頭皮の状態に合ったシャンプーを使うことは、頭皮環境を健全な状態に保つのを助ける役割があり、それによって薄毛や抜け毛の改善に役立つ可能性も考えられます。

健全な髪の毛を育むには、頭皮環境が健全であることが大切です。シャンプーを変えることで期待できるのは、適切な洗浄力で頭皮のうるおいを保ちながら清潔にすることと言えるでしょう。

市販のシャンプーは、高級アルコール系のシャンプーが比較的多くなっています。高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いものも多く、女性の頭皮にとっては強すぎることもあります。

シャンプーをアミノ酸系のものに変えることで、マイルドな洗浄力で頭皮を優しく洗うことができると考えられます。

うるおいを残しながら洗うことができれば、頭皮の環境も改善し、頭皮の乾燥や、乾燥によって皮脂が多く分泌される状態も改善傾向が見られるかもしれません。そうなれば、頭皮環境の改善によって抜け毛や薄毛の進行によい影響を期待できるでしょう。

おすすめアミノ酸シャンプー8選

カウブランド|無添加シャンプー しっとり(牛乳石鹸共進社)

 カウブランド 無添加シャンプー しっとり 牛乳石鹸共進社

販売価格(編集部調べ):1,080円(税込)
内容量:500ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
赤い箱の牛乳石けんでおなじみ、カウブランドのシャンプー。石けんタイプのシャンプー?と思いきや、デリケートな頭皮をやさしく洗うアミノ酸系の無添加シャンプーです。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
手に取った時のシャンプーの濃厚さがしっとり感をさらに感じさせます。少量でしっかりと泡立つのがうれしいです。無香料なので香りの気になる方へはおすすめです。泡のきめも細かいので、頭皮までしっかりと洗えている感覚がいいですね!

BOTANIST|ボタニカルシャンプー モイスト(I-ne アイエヌイー

 BOTANIST ボタニカルシャンプー モイスト I-neアイエヌイー

販売価格(編集部調べ):1,512円(税込)
内容量:490ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ボタニカルブームを巻き起こしたシャンプーといえばこれ。ボタニカルって使いにくいイメージを持つ人もいるみたいですが、意外とそんなことはありません。ボタニカル初心者さんにおすすめです。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
シャンプーのみで十分なしっとり感を感じます。泡立ちの良さ、洗い流した後もするっと髪が通ります。使用後には髪がしっとりとまとまるのがうれしいですね。香りが男性・女性どちらにも好まれるユニセックスなところもおすすめです。

リンレン レメディアル|シャンプー ユズ&ジンジャー(ビーバイ・イー)

 リンレンレメディアル シャンプー ユズ&ジンジャー ビーバイイー

販売価格(編集部調べ):1,998円(税込)
内容量:520ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
低刺激ラウラミドプロピルベタインを使用したシャンプー。15種の配合国産植物に拘ったハリ・コシ・ボュームUPが期待できる優れたシャンプーです。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
アミノ酸系のシャンプー、天然のユズとジンジャーの香りを使用するこだわり感がとても良いです。香りが高く泡立ちもグッド!少量で泡立つので使いやすく、頭皮からケアしたい方にもおすすめですね。

POLA|グローイングショット グラマラスケアシャンプー(ポーラ・オルビスグループ)

 グローイングショット グラマラスケアシャンプー ポーラ・オルビスグループ

販売価格(編集部調べ):3,132円(税込)
内容量:370ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
頭皮環境を整えるパウダルコ樹皮エキスや黒米エキスが配合されているなど、他のシャンプーでは見ない独自のケア成分をふんだんに使用しているのがポイント。傷んだ髪が気になっている人は一度使ってみたい製品ですね。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
泡立ちがよく、すっきりとした洗い心地です。頭皮がさっぱりするけれど、乾燥する感じはなく、乾かした後も潤いが感じられました。香りは柑橘を効かせたスパイシーフローラルですが、きつい感じはなく、すっきりとした香りです。

haru|黒髪スカルプ・プロ(nijito)

 haru 黒髪スカルプ・プロ nijito

販売価格(編集部調べ):3,888円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
雑誌もよく見かける無添加系シャンプーとしては大人気の「haru」。不要なものを使わないという姿勢ながら、使いやすさや悩みへのアプローチを考え抜くなど、あらゆる要素が際立っているシャンプーですね。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
とろーっとした付け心地と柑橘系の香りがさわやかな頭皮と髪へアプローチします。乾燥と脂質でのフケかゆみに悩まれる方にピッタリのシャンプーですね。とにかく洗い上がりが気持ちよく仕上がりに満足いくスカルプシャンプー。キレイな黒髪を目指したい!という女性にも良いと思います。

マイナチュレ|スカルプシャンプー(レッドビジョン)

 マイナチュレ スカルプシャンプー レオビジョン

販売価格(編集部調べ):3,628円(税込)
内容量:200ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ナチュラル系のシャンプーを使いたいけど、使いにくくて続かない…という女性のために、中身も使用感も満足させてくれるのがマイナチュレのスカルプシャンプー。ナチュラル系が好みなら一度は試しておきたいところです。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
香りがとっても心地よく、洗っていると髪の毛全体が柔らかくなったような気分! 泡立ちも良く頭皮と髪をふんわり包み込む様なシャンプー。ボトルもシャンプーには珍しく、酸化防止ボトルでメーカー様のこだわりが詰まった商品ですね!肌が弱く刺激の少ないシャンプーを探されている方にはおすすめです。

NOV|ヘアシャンプー DS(常盤薬品工業)

 NOV ノブ ヘアシャンプー DS 常盤薬品工業

販売価格(編集部調べ):1,728円(税込)
内容量:250ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感肌の方向けの歴史あるスキンケアブランドの「NOV(ノブ)」。頭皮のダメージが気になる人や 敏感な人に向けた低刺激性のシャンプーです。無香料で髪や地肌の健康を追及したい方へもおすすめ。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
無香料・無着色・低刺激性で、作られた香りがしない、とてもナチュラルなシャンプーです。泡立ちがよくしっかりと洗えるのに、頭皮のうるおいは奪われすぎず、洗い上がりもしっとり感が残ります。アレルギーなど皮膚トラブルを起こしやすい方におすすめです。

ZACC|スカルプシャンプー(トゥーズ)

 ZACCスカルプシャンプー 有限会社トゥーズ

販売価格(編集部調べ):3,564円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
美容室発のシャンプーとして歴史のあるZACC。女性に向けたボタニカルシャンプーとして、イメージだけでなく、しっかりと中身にこだわっています。

監修者の写真 毛髪診断士 下島千穂

使ってみた感想
低刺激アミノ酸系シャンプーで、香りもナチュラルで頭皮をやさしく包みこむような感触です。泡立ちはそれほど良くないですが、余分な油分を落とさないコントロールがされているかのようで、仕上がりはサラッとしてスッキリ感があります。

シャンプー選びとあわせておすすめ!薄毛対策

薄毛対策は、シャンプー剤さえ変えればよいというものではありません。頭皮にやさしいシャンプーを使っても、洗い方が間違っていれば、頭皮の状態改善に至るのは難しいでしょう。

また、生活習慣の中に薄毛の原因が潜んでいる場合もあります。ここでは簡単に、自分で心がけることのできる薄毛対策をご紹介します。

ヘアケア方法の改善

シャンプー選びと同時にぜひ行ってほしいのが、ヘアケア方法の見直しです。薄毛対策に見直したいポイントとして、主に以下があげられます。

  • 38℃くらいのぬるま湯ですすぐこと
  • シャンプー前の予洗いをしっかりすること
  • シャンプー剤を泡立ててから頭皮につけること
  • 指の腹で頭皮をマッサージするように洗うこと
  • シャンプー剤が残らないようにすすぐこと
  • 入浴後にできるだけ早く乾かすこと

ポイントが多く見えるかもしれませんが、そのうち3つはすすぎのこと、2つは洗い方のことです。

すすぎのポイント
すすぎで気をつけたいのが、ぬるま湯ですすぐこと、シャンプーをつける前の予洗いをしっかりすること、シャンプー剤が残らないようにしっかりすすぐことです。
熱いお湯は頭皮の乾燥を招くため、体温より少し高い程度の38℃くらいがよいといわれています。また、シャンプー前の予洗いを1分くらいかけてしっかり行うと、汚れがある程度落ちるため、シャンプーの泡立ちがよくなります。

シャンプーで洗ったらすすぎ残しがないように洗い流すのも非常に重要です。できれば2分くらいかけ、お湯を当てる位置を変えたりしながらしっかり洗い流しましょう。
洗うときのポイント
シャンプーで洗うときは、爪を立てず頭皮をやさしくもみ洗いします。爪を立てると頭皮に傷をつけてしまうため、頭皮環境の悪化につながります。かゆい部分があるときも、ポリポリとかいたりせずにやさしく洗いましょう。
髪を洗った後のケア
意外と見落としがちなのが、髪を洗った後のケアです。お風呂から上がったらタオルで髪や頭皮の水分を取りますが、その後は早めにドライヤーで乾かしてください。
ドライヤーの熱による髪の毛へのダメージを心配して自然乾燥に任せる方もいますが、これはおすすめできません。頭皮や髪の毛が湿った時間が長くなるため、雑菌が繁殖してニオイの原因になったり、頭皮に炎症を起こして抜け毛のきっかけを作ったりする可能性があります。

そのため、髪を洗ったら、できるだけ早く乾かすことが大切です。

食生活の改善

食生活は、少しくらい乱れても大丈夫。そう思っていませんか。

その少しが積み重なって、気づくと思った以上に食生活が乱れていたという状況になることもあります。できれば、毎日の食事で以下のような点を意識しつつ、バランスのよい食事を心がけてみてください。

  • タンパク質を適度にとる
  • 亜鉛や鉄分を含む食品を積極的にとる
  • タンパク質や脂質の代謝に関係するビタミンB群を積極的にとる
  • 甘いもの・脂っぽいもの・辛いものは控える

まず、タンパク質は髪の毛を含むあらゆる細胞の材料になる栄養です。肉だけでなく、魚や大豆、乳製品などからもとれるので、工夫してバランスよくとりましょう。

また、亜鉛や鉄分といったミネラルは、細胞の新陳代謝に関わります。特に女性は鉄分が不足しがちなので、しっかりとることを意識しましょう。亜鉛は納豆やアーモンド、ゴマ、イワシなどに多く含まれます。鉄分は、レバーやほうれん草、ピーマン、牛肉などに多く含まれます。いずれもビタミンCと一緒にとると吸収がよくなるといわれています。

これに加え、ビタミンB群です。特にビタミンB2とB6は皮脂のコントロールにも役立つといわれているため、積極的にとりたいところです。ビタミンB2はレバーや卵に、ビタミンB6はカツオやまぐろ、レバーなどに多く含まれます。タンパク質と一緒にとれるので、賢く補給しましょう。

一方、甘いお菓子や脂っぽいファストフード、唐辛子たっぷりの辛い料理などは、皮脂の過剰分泌を招きます。まったくとらないというのは難しいかもしれませんが、できるだけ控えるようにしてください。

ストレスケアも大切

現代人には大切なストレスケア。薄毛や抜け毛の予防にもぜひとり入れたいものです。

できるだけストレスをため込まないようにするには、こまめに発散することが大切です。ストレス発散のポイントは、リラックスして身体の緊張をほぐすこと、そして、ストレスの原因をできるだけ減らすことです。

現代社会においてストレスを完全になくすことは、不可能と言えるでしょう。しかし、大きなストレスになることはできるだけ遠ざけるようにしたいものです。

また、テレビ番組や映画などで思いっきり笑ったり、泣いたりすると、セロトニンという物質が分泌され、不安やイライラをコントロールするのに効果的です。

このほか、呼吸をゆっくり深くしたり、ウォーキングなどの有酸素運動をすることも効果的といわれています。

禁煙

喫煙は、身体にとっては百害あって一利なしと言えるでしょう。

タバコを吸うと、毛細血管が収縮して血流が悪くなります。頭皮でも同じことが起こるため、抜け毛や薄毛の原因になります。

そのほか、タバコを吸うことで歯の黄ばみや虫歯、口臭、歯周病など、口の中の健康状態が悪くなります。それだけではなく、喫煙は肺がんやCOPDという慢性的な呼吸器の病気、咽頭がん、喉頭がん、高血圧などさまざまな病気のリスクを高めることにもつながります。

少しだけ、想像してみてください。

今はよくても、タバコを吸い続けることで、1日に何度も咳が出て息苦しい状態が続くようになったら、どうでしょうか。少し動くだけで息が切れるようになったら、どうでしょうか。

これらは、40歳以上の喫煙者に多く見られる、慢性閉そく性肺疾患(COPD)の代表的な症状の一部です。COPDは悪化すると急性呼吸不全を起こしたり、身体のふるえや激しい息切れなどを起こしたりすることがあります。

喫煙は、やめましょう。ストレス解消に喫煙している方は、他のストレス解消方法を見つけましょう。

まとめ

抜け毛や薄毛は、男性のみならず女性にとっても大きなストレスです。髪の毛のボリュームの減少や分け目から地肌が透けて見えるような状態は、年齢を感じさせる大きな原因にもなります。

年齢を重ね、皮脂の少なくなってくる女性にとっては、洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーが適している場合が多いでしょう。しっかり成分表示を確認し、アミノ酸系シャンプーを選びましょう。

また、今回紹介したように、シャンプー選びだけではなく、髪の洗い方や洗った後のケア、食事や喫煙、ストレスケアなど、日常生活の中で改善できるポイントは改善していきましょう。薄毛は1つの原因で起こっているとは限りません。さまざまな面からアプローチし、頭皮や自分の身体をいたわってあげてください。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む