スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

頭皮のケアにおすすめの化粧品

頭皮ニキビはシャンプーを変えてケア!選び方とおすすめシャンプー6選

更新日:2018/12/25 公開日:2018/07/25

なかなか治りにくい、繰り返しできてしまうこともある頭皮にニキビ。このような状況を改善し、頭皮ニキビができにくい環境を作るための対策として、シャンプー剤の見直しも重要なアプローチになります。

頭皮ニキビを改善するためのシャンプー選びは、意外と簡単。基本的には1つのポイントをおさえればよいのです。そのポイントとは…

頭皮ニキビのシャンプー・たった1つの選び方

頭皮のニキビに悩んでいるとき、意識して見直したいのがシャンプー剤。その理由はシャンプー剤が持つ「洗浄力」です。頭皮を洗う上で、シャンプー剤の洗浄力は強すぎず、弱すぎない製品を使うのが理想ですが、そこで注目したいのが「アミノ酸系」の界面活性剤を使用したシャンプー。アミノ酸系シャンプーともいわれるものです。

頭皮ニキビができにくい環境をつくるには、頭皮を清潔に保つ必要があります。しかし、清潔を意識しすぎるあまりに洗浄力の強いシャンプー剤を使っていると、洗い過ぎによって頭皮に必要な分の皮脂まで落としてしまいがち。これでは洗髪後の頭皮が乾燥し、かえって頭皮環境の悪化を招いてしまいます。もちろん洗い方による部分もありますが、自分の頭皮に合った洗浄力のシャンプーを使うことは、頭皮ニキビのできにくい環境をつくるための第一歩なのです。

市販されているシャンプーの中で、アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーは比較的洗浄力が弱く、必要な分の皮脂を残し、皮膚への刺激を抑えながら洗いあげやすい傾向があります。

そのため、アミノ酸系シャンプーを選ぶことがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーを選ぶポイント

界面活性剤というと、ちょっと難しい話のように聞こえてしまうかもしれません。たしかに、界面活性剤はたくさんの種類があり、ひとつのシャンプー剤にも複数の種類が使用されています。また、シャンプー剤のパッケージに記載されている成分表を見てもよくわかりません。

その中で、アミノ酸系シャンプーを見分けるには、製品に書かれている説明文や訴求ワードに「アミノ酸系の界面活性剤を使用している」等の記載を見つけることです。多くのメーカーは、アミノ酸系シャンプーであればそれを打ち出しています。

アミノ酸系シャンプーの定義はあいまい
シャンプーの分類として、アミノ酸系シャンプーというカテゴリに明確な定義はありません。たとえば、アミノ酸系の界面活性剤を少量でも配合していれば、アミノ酸系界面活性剤を使用しているシャンプーということができるのです。洗浄力を抑えたシャンプー剤を選びたいところですが、例にあげたシャンプーでは洗浄力は高いものになります。ただ、アミノ酸系シャンプーを明確に打ち出している製品であれば、そういったことはほとんどないといえます。

界面活性剤を見分けるポイント

本来なら専門的な知識が必要になりますが、ここでは簡単にアミノ酸系シャンプーを選ぶポイントを紹介します。注目するのはシャンプーボトルの裏面に記載されている成分表示です。成分表示には、そのシャンプーに配合されている成分がすべて記載されています。表示順は、1%以上配合されている成分であれば多い順番です。つまり、成分表示の前のほうにある成分は、そのシャンプーの中でも配合量の多いものと言えます。

アミノ酸の界面活性剤は、「~グルタミン酸」や「~グリシン」、「~アラニン」といった名前のものがほとんどです。そのため、成分表示の前5~6番目くらいまでに上記のような名前の成分が多ければアミノ酸系シャンプーと思って間違いないでしょう。

アミノ酸系シャンプーでも洗浄力はいろいろ

ただし、アミノ酸系シャンプーであれば何でもよいというわけではありません。洗浄成分の配合量によっても洗浄力の強さは変わります。また、中には洗浄成分はアミノ酸を使用し、頭皮の保湿をはじめとした頭皮環境の改善を期待できる成分も配合しているものもあります。アミノ酸系シャンプーと言ってもさまざまなので、実際に使用してみて判断することが重要になります。数あるアミノ酸系シャンプーの中から、おすすめのものを次にご紹介しましょう。

おすすめシャンプー6選

リンレン レメディアル|シャンプー ミント&レモン(ビーバイ・イー)

 リンレン レメディアル シャンプー ミント&レモン ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,998円(税込)
内容量:400ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
従来の薬用ヘアケアの、概念とは異なる「植物のチカラ」を最大限に活かす事で毛髪を本質的に健やかに導く(7つの無添加)薬用シャンプーです。「ドクダミエキス」の優れた抗菌作用が期待でき、さらに有効成分の「甘草」が皮脂分泌を抑え炎症の原因を緩和するため頭皮ニキビでお悩みの方にオススメです。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
天然由来のレモンとミントがフンワリと香って心地良いですね。洗浄成分の「ラウリン酸アミドプロピルベタイン液」は、低刺激ながら帯電防止効果を持った洗浄成分。強すぎない適度な洗浄力ですが泡立ちが良いので洗いやすいです。有効成分を配合した薬用シャンプーなので、頭皮の皮脂過剰やムレ、カユミ、抜け毛が気になる方にオススメします。また、スッキリできるので特に夏場にも愛用したいシャンプーです。

コラージュフルフルスカルプシャンプー(持田ヘルスケア)

 コラージュ フルフルスカルプシャンプー 持田ヘルスケア

販売価格(編集部調べ):2,916円(税込)
内容量:360ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩が皮脂とフケ原因菌を洗浄し、メントールの清涼感で夏場気になる頭皮の蒸れを予防します。ベッタリしたフケでお悩みの方や頭皮皮脂過剰に因る方にもオススメです。 また、アミノ酸系洗浄成分なので、スッキリ洗えるのに低刺激なのもポイント。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
泡立ちが良く、セミロングの私にもシャンプーに毛が絡まることなく、洗った後もきしみませんでした。ドライヤーをかけてるときも、指通りはスムーズでした。配合されている洗浄成分に帯電防止効果があるので、シャンプー後のコンディショニングも不要かもしれません。心地よ良いメントールが頭皮に爽快感を与えてくれるので、1日の疲れをリフレッシュさせてくれるような洗い心地です!

スカルプDボーテ|薬用スカルプシャンプー モイストタイプ(アンファー)

 スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー モイストタイプ アンファー

販売価格(編集部調べ):3,900円(税込)
内容量:350ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
女性の頭皮を専門に扱う医師と共同開発した「スカルプDボーテ」のシャンプー。豆乳由来の成分が頭皮にうるおいを与えながら、頭皮の炎症を緩和する「グリチルリチン酸2K」を配合。頭皮ニキビや炎症で悩む方にも活用できます。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
キメ細で濃密な泡が作れるので、とっても洗いやすくて気持ちいいですね。洗い流したあとも毛髪がきしむようなことは無く、ちゃんと洗えているけど、うるおいまで落とさない感じがします。また、洗った後はほんのりとしたローズの香りで、毛髪のまとまりが良いです。

medel natural メデル ナチュラル |シャンプー ハーバルガーデンアロマ(ビーバイ・イー)

  メデル ナチュラル シャンプー ハーバルガーデンアロマ ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):999円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
良質なアミノ酸系洗浄成分である「ラウロイルメチルアラニンNa」を始めとした、アミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプー。5種の植物由来成分と、3種の植物由来エモリエントオイルにこだわり、頭皮と毛髪を健やかに導きます。天然アロマの香りが心地良いシャンプーで、洗い上がりはまとまりが良く、なめらかな仕上がりへと導きます。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
ミクロな泡立ちで頭皮の余分な皮脂を取り除きつつ、低刺激なので敏感肌の方にも使用できる洗浄成分です。毛髪のきしみなどなく、滑らかな洗い心地で指通りもスムーズでした!万人ウケしやすい天然アロマの香りにも癒されますね。植物由来ローズマリーエキスには抗菌、殺菌、保湿効果が期待できるので、頭皮のベタつきや頭皮ニキビでお悩みの方にもオススメできるシャンプーです。

ZACC|スカルプシャンプー(トゥーズ)

 ZACC ZACCスカルプシャンプー トゥーズ

販売価格(編集部調べ):3,564円(税込)
内容量:400ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ZACCスカルプシャンプーは「アミノ酸」と「石けん」の良い部分を掛け合わせた新しいシャンプー。毛髪は「アミノ酸」の洗浄成分で艶やかに、地肌は「石けん」で頭皮環境を健やかに導いてくれます。「月桃葉エキス」が持つ敏感な頭皮のサポートとうるおいを与え、さらに毛髪のハリ・コシのケアにも期待できそうです。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
「アミノ酸系」シャンプーと比べると少しキシミを感じるかもしれませんが、トリートメント後は指通りスムーズな仕上がりです。泡立ちよく頭皮の汚れ余分な皮脂をシッカリ落としてくれるので夏場、頭皮の皮脂や蒸れが気になる方にオススメなシャンプーです。

NOV|ヘアシャンプー D (常盤薬品工業)

 ノブ ノブヘアシャンプーD  常盤薬品工業

販売価格(編集部調べ):1,728円(税込)
内容量:250ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感な頭皮の為に成分にこだわった、頭皮と毛髪に負担が少ない無香料、無着色、低刺激性シャンプーです。 洗浄成分のバランスにこだわっていて、「ココイル加水分解コラーゲンK」をメイン洗浄成分とし、洗浄力、脱脂力はマイルド、低刺激で頭皮と毛髪へ高い保湿と保護します。「ラウレス硫酸Na」は強い洗浄力、脱脂力ですが「ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース」が「ラウレス硫酸Na」の刺激を和らげ、頭皮のうるおいを取り過ぎす髪をサラッとした感触に仕上げます。

監修者の写真 毛髪診断士 山口史恵

使ってみた感想
手に取った時のテクスチャは化粧水のようにサラッとしていて、頭皮と毛髪全体になじみやすいです。無香料、無着色、低刺激なので頭皮がかゆく炎症を起こしていても使用できるシャンプーです。そのため、頭皮ニキビ・フケ・かゆみが気になる方や敏感肌の方にオススメのシャンプーです。 泡立ちが少し物足りない場合は2度洗いすると良いでしょう。洗い上がりは少しきしみますがトリートメントするとドライヤーで乾かす時には指通りも滑らかで、翌日も頭皮のかゆみが気になりませんでした。

あわせてヘアケア方法も見直して

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が比較的弱い傾向があることを前述しました。そのため、シャンプーを変えたら正しい洗浄方法もあわせて身につけてほしいポイントです。

髪の洗い方が間違っていると、肌にやさしいアミノ酸系シャンプーで十分に汚れを落とせず、その汚れが原因となって頭皮ニキビが発生します。毎日のシャンプーを正しい方法で行うことが、アミノ酸系シャンプーの特性を十分に発揮させるのには重要なポイントと言えるでしょう

正しいシャンプーの仕方

正しい洗い方は、以下のとおりです。

  1. ぬるま湯だけで頭皮を十分に洗う(予洗い)
  2. シャンプーを手に取り、泡立てる
  3. 頭皮にシャンプーをなじませ、頭皮をやさしくもむように全体を洗う
  4. ぬるま湯をたっぷり使ってすすぎ残しのないように洗う

一番のポイントは、シャンプーをつける前の予洗いです。実は、頭皮の汚れはお湯である程度落ちるといわれています。つまり、予洗いをしっかりすることで汚れをある程度落とすことができ、シャンプーの泡立ちもよくなるのです。

また、頭皮を傷つけないよう指の腹を使って洗うこと、すすぎ残しのないようたっぷりのお湯ですすぐことも意識しましょう。すすぎが足りないとシャンプー剤が頭皮に残り、毛穴をつまらせてしまうとニキビを招きやすい状態になります。

シャンプー後のケア方法

シャンプー後のケアで大切なのは、早めに乾かすことです。頭皮や髪の毛が湿った状態が続くと細菌が繁殖しやすく、悪臭や頭皮のかゆみの原因となります。髪の毛も湿ったままだと傷みやすいため、タオルドライをしたら早めにドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーで乾かすときには、髪から20cm程度離して温風を当てます。根元から毛先に向けて温風を当て、ある程度乾いたら冷風に切り替えて整えましょう。

そもそも頭皮ニキビの原因は

なぜシャンプーの選び方や洗い方が頭皮ニキビのケア方法になるかというと、頭皮ニキビの原因が皮脂の過剰分泌や古い角質、汚れの蓄積にあるためです。

ニキビとは、毛穴の出口が皮脂や古い角質でふさがれ、その内側に皮脂が溜まって起こります。毛穴の内側では皮脂をエサにアクネ菌が増殖し、周辺の皮膚に炎症を起こすこともあります。つまり、古い角質が皮膚表面に残っていたり、皮脂の分泌が多くなりすぎたりするとニキビにつながると言えるのです。

シャンプーの洗浄力が強すぎると皮膚が乾燥します。すると、皮膚を乾燥から守ろうとして、皮脂の分泌量が多くなります。皮膚の乾燥とニキビは関係ないように思えますが、皮膚の乾燥が皮脂の過剰分泌につながり、ニキビができやすくなることがあるのです。

また、髪の洗い方が間違っていると汚れが十分に落ちなかったり、シャンプーが頭皮に残ったりしてニキビにつながる場合があります。

シャンプー選びやヘアケアの間違いは、このようにニキビと密接につながりがあります。頭皮環境を健全に保つためにも、シャンプーは洗浄力の強すぎないものを選び、正しい方法で洗うことが大切です。

頭皮ニキビにアミノ酸系シャンプーをおすすめする理由

頭皮ニキビの原因の1つに皮脂の過剰分泌があげられることは前述したとおりです。また、皮脂の過剰分泌の理由の1つとして強すぎるシャンプー剤があげられることも解説しました。

では、なぜアミノ酸系シャンプーがよいのか、という点についても簡単に説明しましょう。

シャンプーに含まれる「界面活性剤」は、頭皮の皮脂をお湯となじませやすくする役割を持っています。水と皮脂などの汚れがシャンプー剤によってなじむことで、落としやすくなるのです。

シャンプーに使用される界面活性剤は、主に以下の3種類に分けられます。

  • 高級アルコール:洗浄力が比較的強く肌に少し刺激がある(ラウレス硫酸~、ラウリル硫酸~ など)
  • 石けん:油脂を原料に作られており、皮脂を落とす力が強い(石けん素地、カリ石けん素地 など)
  • アミノ酸:弱酸性で比較的洗浄力がマイルドなものが多い(グルタミン酸、アラニン、グリシン など)

高級アルコール系は洗浄力が高いものが多く、皮脂を取り去る力が強いのが特徴です。泡立ちがよくすっきり洗い上がるという特徴もあります。また、肌にやさしいイメージのある石けんも、皮膚への刺激は弱いものの脱脂力が強く、弱アルカリ性なので洗い上がりもキシキシになりやすい傾向があります。

一方、アミノ酸の界面活性剤は洗浄力がほかの2つよりは比較的弱い傾向があります。それに加え、人間の肌と同じ弱酸性で刺激も少ないという特徴もあります。

頭皮ニキビができている場合、頭皮を必要以上に刺激しないことと、必要な皮脂まで取りすぎないながらも不要な皮脂をしっかり落とすことが必要です。高級アルコールや石けんでは皮脂を必要以上に落としてしまう心配があります。そのため、頭皮にニキビがあるときには、低刺激でやさしい洗い上がりのアミノ酸系シャンプーがおすすめなのです。

まとめ

頭皮のニキビは、顔などにできるニキビと同じく、毛穴の出口が皮脂や古い角質でつまることが原因で起こります。またシャンプー時のすすぎ残しによって、シャンプー剤が毛穴につまることもあるため、毎日のシャンプーを正しく行い、清潔な状態にすることが大切です。

しかし、市販のシャンプー剤の中には洗浄力が強いものが多く、皮脂の落としすぎで頭皮が乾燥している方が多くいます。そのような場合、洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使い、正しい洗い方で髪を洗うことで頭皮ニキビが改善する可能性があります。

今回は、アミノ酸系シャンプーの中でも特におすすめのものをご紹介しました。ただし、最終的に自分の肌に合うかどうかは使ってみなければわからない部分もあります。同じアミノ酸系シャンプーでも界面活性剤の配合量や種類によって洗浄力が変わるほか、界面活性剤以外の成分の影響も考えられるためです。

今回紹介したものを含め、アミノ酸系シャンプーで気になったものがあれば実際に試してみることをおすすめします。かゆみや頭皮ニキビのない、すこやかな地肌をシャンプーから目指しましょう。

あわせて読みたい

頭皮のケアにおすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

頭皮のケアについての他の記事を読む